セフレとの連絡頻度はどれくらい?

一般的に、どれくらいの頻度でセフレと連絡をとっているのか、どんな内容を話しているのか、気になりますよね?

今回はセフレとの連絡の頻度や内容について解説していきます。実際の体験談についても紹介していくので必見ですよ。

セフレとの連絡頻度はどれくらい?

セフレとの連絡頻度はどれくらい?

セフレとの連絡頻度は2人の関係性によって変わってきます。

毎日の様に連絡を取り合うセフレ関係の人たちや、1年に数回しか連絡を取らない人たちなど様々です。

ではどのような関係の人たちがどれくらいの頻度で連絡を取るのでしょうか?

ここではセフレとの連絡頻度についてご紹介していきます。

毎日

意外だと思うでしょうが、毎日セフレと連絡をとる人もいます。

2人の気持ちが盛り上がっている時に、気軽にエッチな話をしたり画像を送り合ったりします。

なので、長年セフレ関係でいる人達で毎日連絡を取り合う事は少ないでしょう。

出会って間もないセフレ関係の人達が多いでしょう。

週1~2回

長く続いているセフレ関係だとすれば、週1〜2回で連絡をとる事は頻度が高い方です。

もし相手に本命がいたとすれば、週に1~2回の連絡はバレてしまう可能性が高いです。

それなのに連絡をしてくるという事は、かなり気になる存在かセックスの相性が良いと思われているかもしれないです。

月に1回

月に1回程度の連絡頻度であれば、割り切ったセフレ関係と言えます。月に1回だけだと、会う約束の連絡程度になるでしょう。

本命がいる場合は、たまに刺激が欲しい時に連絡し合うだけなので本命にはバレにくいです。

お互いにセックス以上の関係を求めていない可能性が高いので、長く続く事ができる関係です。

不定期

遠い所に住んでいたり、忙しい人だと不定期に連絡をとるセフレ関係の人達もいます。

そこまで思い入れはないですが、ふと思い出した時だけ連絡をするパターンが多いです。

しかし、元カレや元カノなど気が知れた関係であるパターンもあります。

どちらにしても、お互いにとって都合が良い関係でしょう。

セフレが連絡してくる理由は?

セフレが連絡してくる理由は?

もしセフレの事が気になっている場合、会う約束以外の連絡がくるとモヤモヤしてしまうのではないのでしょうか?

では一体、どんな時にセフレは連絡をしてくるのかここでは解説をしていきます。

スケジュール調整

セフレとの連絡はスケジュールの調整という事が一番多いでしょう。

基本的に「いつが暇?」や「○日は会える?」といった内容です。

このような連絡のみの場合は、ただの都合の良いセフレと思っている可能性が高いです。

他の内容のLINEやメールなどは既読無視されるなんて事もあるかもしれません。

関係を維持するため

会う以外で連絡をとる場合は、セフレ関係をなんとか維持したいのかもしれません。

相手に気持ちがあると分かっている時に、会う約束以外の内容の連絡をとってくるパターンがあります。

本命には出来ないプレイが出来るとか、体の相性が良いなどの理由があるかもしれません。

定期的に連絡が来て嬉しいかもしれませんが、相手は特に好意があって連絡をしている訳ではないかもしれません。

構ってほしい時の話し相手

本命の相手が忙しい時に暇なので連絡をするというパターンもあります。

基本的に構って欲しいだけなので、本命の相手が構ってくれたり自分自身が忙しくなったら連絡が途絶える可能性もあるでしょう。

しかし、構ってほしい時に連絡をくれるという事はある程度気が許せる関係と思われている事もあります。

ただセックスをする関係だと思われていたら連絡は必要最低限に済ませるはずなので、この場合はセフレ関係の中でも良好な関係が築けているのかもしれません。

ムラムラしている時の欲求解消

エッチな内容の連絡や写メを送り合っているセフレ同士の場合は欲求解消の為に連絡をしてきてる可能性があります。

ムラムラしてきたら、とりあえず連絡をするというパターンでしょう。

この場合は相手は割り切ったセフレ関係と思い、連絡を送ってきているでしょう。

欲求解消の為に連絡をしてくるという事は、魅力的な人だと思われている可能性もあります。

セフレが連絡するときの内容の特徴

セフレが連絡するときの内容の特徴

セフレはどのような内容を送ってくるのでしょうか?

それは、二人の関係性によって変わってきます。

深い関係である場合と、セックスだけの場合では連絡の内容に大きな違いがあります。

その特徴をここでは解説していきます。

「◯◯ホテルに何時」など用件のみ

セックスだけの関係と思っている場合は「○○ホテルに何時」などの用件のみを伝えてくる事が多いです。

それ以上の連絡を取る必要がないからです。

この場合は、セックスしたい時にだけ連絡をしてホテルのみであう関係の場合が多いです。

用件のみを送り合うのであれば、セフレとしては割り切る事が出来た良い関係と言えます。

返事は淡白

セックスだけの関係と思われている場合は返事が淡泊な事が多いです。

例えば、世間話や行きたいお店の話をしたら「そうなんだ」や「うん」だけ返ってきます。

LINEだとスタンプのみの返事という場合もあります。

話を広げたくないので、淡泊な返事になるのでしょう。

本命の目を盗んで短い返事をしているという可能性もあります。

雑談はスルー

セックスだけの関係だと思われている場合、雑談をしようとするとスルーされる場合もあります。

「じゃあお休み」と連絡を終わらせようとしたり、「で、いつ会えるの?」と違う話題に持って行かれるパターンです。

連絡が面倒と感じていると、雑談をスルーする傾向があります。

また、雑談をする様な連絡を控えて欲しい時の意思表示なのかもしれません。

自慢話

連絡をする中で自慢話をする場合は、セックスだけの関係と思われていない可能性が高いです。

きっと相手は、自分に好意があると感じているでしょう。

相手の性格にもよりますが、自慢話をして否定してくる様な相手にはそういった連絡をしません。

自慢をして「凄いね」や「かっこいいね」と言ってくれるような相手にはついつい自慢話をしてしまいます。

自慢話をしてきた場合は自分をこの人であれば認めてくれるという意識があるでしょう。

エッチな話題

ムラムラするとエッチな話題を連絡してくる可能性があります。

この内容は本命の相手にバレてしまうとかなり危険な内容なので、覚悟を持って連絡をしている可能性が高いです。

本命がいても、エッチな話題をしたくなる程の魅力的な相手なのでしょう。

この場合はたまに気が向いた時ではなく、定期的に連絡がある場合が多いです。

突拍子もない「好き」「愛してる」

セフレ関係なのに「好き」や「愛してる」という連絡を送ってくるパターンもあります。

この場合は、本命がいても好意がある可能性があります。

ただのセフレと思っている相手に自分の好意を伝えて勘違いをさせる事は相手にとって避けたい事です。

なので、好きや愛してるという事はセフレ関係であっても好意がないと言えません。

しかし、セフレ関係を維持する為に「好き」と連絡を送るパターンもあるので注意が必要です。

セフレと連絡する時の注意点は?

セフレと連絡する時の注意点は?

セフレと連絡をする時、どんな事を注意すれば良いのでしょうか?

本気になってしまったり、セフレ中心の生活になってしまわない為にも気を付けなければいけない事があります。

ここでは、セフレと連絡をする時の注意点をご紹介していきます。

セフレ以上の関係を求めない

最も大切な事はセフレ以上の関係を求めない事です。

体の関係から始まって、恋人関係になれる事は少ないです。

何度か関係を持っても、相手からの連絡が淡泊な場合はセフレ以上の関係になる可能性はかなり低いでしょう。

そんな中で、セフレ以上の関係を持ちたいと思ってしまうと自分が苦しんでしまうだけです。

セフレ関係である場合、相手にも好意がある場合は例外ですが好意を持たれると大抵は面倒くさいと感じられてしまいます。

セフレ以上の関係は最初から求めない様にしましょう。

相手の行動を制限しない

セフレ関係の人に行動を制限されてしまうと、うっとおしいと思われる可能性が高いので避けた方が良いでしょう。

本命の相手であっても、行動を制限されてしまうのは嫌う人は多いです。

それが、ただのセフレ関係の相手にされるとなったらうんざりしてしまいます。

制限をするような連絡だけではなく、「なにしてるの?」などの相手を監視する様な連絡も避けた方が良いでしょう。

自分自身も自由な関係でいれるセフレ関係を選んだのであれば、相手の行動を制限する様な連絡をしない様注意しましょう。

頻繁な連絡をしない

頻繁にセフレに連絡をしてしまうと、どんどん依存していってしまいます。

セフレは非常に不安定な関係です。

彼女ほどの信頼関係もありませんし、友人ほどの大切さもありません。

なので、すぐに切ろうと思ったら切れる関係です。

頻繁に連絡をしすぎてしまうと、そこが麻痺してしまいます。

いつでも関係が途絶えても良い様に、過度に連絡を取りすぎない様に気をつけましょう。

セフレとの連絡に関する体験談

ここではセフレとの連絡に関する体験談についてご紹介していきます。

実際にセフレがいた経験のある20~30代女性にインタビューをして体験談をまとめました。

好意があった場合や、なかった場合と様々です。

連絡の頻度や内容にもそれぞれ違いがあるので、実際どう連絡を取れば良いのか迷っている方は必見です。

セフレ体験談1

「クラブで知り合ってセフレ関係になった人がいました。しかし、彼からの連絡は『今度はいつ会える?』など必要事項のみ。
あまりしつこくされたくない人なのかと思い、自分からは連絡を取らない様にしていました。
よくよく聞いて見ると彼女がいるとの事。その後、半年ほどセフレ関係を続けたある日彼が彼女と別れたと聞きました!
告白して見事付き合う事が出来ましたが、相変わらず彼は浮気性なので今後どうしようか考え中です。」(30代女性)

セフレ関係になって一定の距離を保って付き合った結果ですね!

しかしセフレを作る人はいつまでも変わらないんですね。

セフレ体験談2

「旅行先で偶然知り合い、住んでいる所も近くセフレ関係になった人がいます。
その時は彼氏がいたのに、優しいセフレ君に夢中になり連絡を頻繁にとり合っていました。
彼氏とは別れる決意を固めて、セフレ君と付き合いたいと話してみると本命の彼女がいるとカミングアウトされました。
自分も彼氏がいたのでなんとも言えませんでしたが、連絡を沢山取り合っていて好意があった分セフレ君からの連絡が途絶えると寂しく後悔しか残りませんでした。」(20代女性)

旅行先で燃え上がってしまう事もあるでしょうね。

しかし、燃え上がりすぎると失敗してしまうなんて話はよく聞くので要注意です!

セフレ体験談3

「高校からの友人関係でしたがある日セフレ関係になってしまった人がいました。
元々友人という事もあり、連絡も思いついたら送り合っていました。
しかし、相手に彼女が出来たと連絡がありました。少し寂しい気持ちもありましたが、元々仲の良い友人だったので祝福出来ました。
セフレ関係はなくなりましたが、今も地元に戻ったら連絡を取り合いますし良好な関係です。」(20代女性)

友人からセフレにという珍しいパターンですね!

相手のに気持ちを持ちすぎない様に気をつける事で、今でも仲が良いという事ですが友人関係であれば大切な事かと思います。

セフレとの連絡について一度冷静になって考えよう!

セフレとの連絡について一度冷静になって考えよう!

いかがでしたでしょうか?

今回はセフレとの連絡についてご紹介していきました。

連絡の頻度や内容についての注意点がお分かり頂けたかと思います。

セフレと連絡を取る事は個人の自由ですが、あまり深入りしてしまうと後悔してしまう事もあるかと思います。

後悔しない為にも、連絡をとる時は一定の距離を保つように注意しましょう。

(愛カツ編集部)