不倫とセフレの違いって何?

これまで不倫をしたことはありますか?

自分は不倫の経験がなくても、友人や知人が不倫をしていたという話も聞くこともありますよね。

不倫をしている当人たちは「好きになった人がたまたま既婚者だった」「好きになってしまったから仕方がない」と言い訳をします。しかし、その2人の犯した過ちがどれだけの人を傷つけているのかは2人には理解できません。

道徳的にみても不倫はいけないことです。また見方を変えれば、不倫はいわば「既婚者のセフレ」であることに変わりはありません。

今回は、既婚男性が不倫をする理由をはじめ、不倫をしない方がいい理由や不倫の体験談についてご紹介します。

不倫とセフレの違いって何?

不倫とセフレの違いって何?

はじめに不倫とセフレ(セックスフレンド)の違いについて確認します。

まず大きな違いは、不倫は男性か女性どちらか一方が既婚者である場合に不倫と呼びます。

一方でセフレとは、(少なくともどちらかには)恋愛感情がなく、肉体関係のみの繋がりがある関係を指します。

感情面からみると、不倫はより本気度が高く、セフレは遊びとして2人の関係をとらえることが多いといえます。

しかし、どちらの見方からみても、どちらかが既婚者の場合「肉体関係を持ってしまった時点」で同じ「不倫」です。感情の重さや真剣さは関係ありません。

既婚者の家族から見れば、肉体関係を持ってしまった時点で、真剣であろうと遊びであろうと「不倫」なのです。

女性の中には、既婚者の男性とに期待関係を持ってしまい、「私って不倫(=既婚者にとって本気の相手)なの?それともセフレ(=遊びの相手)なの?」と悩む方もいますが、

何度も書いているように、「既婚者との肉体関係を持った」その時点で不倫です。そして、不倫はけっして、許されるものではありません。

たとえ既婚者への思いが真剣だとしても、真剣でないとしても、社会的責任を負うことになるのです。

どうかそのことは、しっかりと理解しておいてください。

既婚男性が不倫相手・セフレを作る理由

既婚男性が不倫相手・セフレを作る理由

よくありがちなパターンとして、既婚男性が不倫相手やセフレを作ってしまう理由は何なのでしょうか。

ただ単に男性の性欲が強かったり、家庭の事情があったりいくつか理由が挙げられます。ひとつひとつの理由について解説します。

単純に性欲が強い

既婚男性が不倫相手やセフレを作る大きな理由のひとつに、ただ単純に性欲が強いことが挙げられます。

男性であれば性欲が強いことはもちろん生理的なことです。しかし、なかには人に比べて性欲が強いタイプの人もいます。

そのような人は本来の妻だけでは性欲が満たされず、ほかの女性にも手を出したくなってしまうのです。

もちろん頭でよく考えれば、不倫やセフレを作ることは既婚者としてはあってはならないことなのに、欲望が強すぎて自制がきかなくなっている状態ともいえます。

妻に「男として」必要とされていない

悲しいことですが、結婚している妻に「男として」必要されていないと感じると既婚男性は不倫に走ったり、セフレを作る原因になります。

とくに、妻から「夫は外で働いて会社からの給料だけをもらってきてもらえばいい」と思われていると、なおさらそのような夫婦関係になってしまいます。

そんなときに魅力的な女性が側にいて、「男として」必要とされてしまったら、よっぽどの自制力がない限り、不倫やセフレを作ってしまうことになります。

デートや記念日にお金を使うのが面倒

妻としては結婚しても、普段からデートに誘ってもらいたいし、結婚記念日も2人で祝いたいと思っています。

しかし、既婚男性のなかには、そうした妻に対してのサービスや愛情の表現が面倒になってしまう男性もいます。

そうなると妻ではなく不倫相手やセフレと付き合っていた方が、デートや記念日にお金を使うことなく気軽に付き合っていけると思う男性もいるのです。

仕事や家庭などストレスが多い環境にいる

結婚生活が想像以上に大変なものです。子育てが加わると、なおさら自分の時間も持てなくなり、家庭でのストレスも感じやすくなります。

そんな状況で仕事も多忙になると、仕事や家庭から派生する既婚男性へのストレスは半端ありません。

そこで一番支えにならなければいけないのは妻ですが、妻も日頃から生活に余裕がない状況であれば、夫へのサポートは後回しになりがちです。

既婚男性は、仕事や家庭のストレスから逃れるために不倫やセフレを作るという行動に出ることもあります。

自分に自信がない

結婚もしていて仕事もあるのに、自分に自信がないという既婚男性もよく不倫をしたり、セフレを作ったりします。

自分に自信がない男性は「誰かに認めてもらいたい」「ありのままの自分を受け入れてもらいたい」という欲求があります。

その欲求を満たしてくれるのが、婚姻関係になく、またそれに関する利害関係もない不倫相手やセフレ相手である場合が多くみられます。

結婚前からセフレがいるタイプだった

結婚前からセフレがいるような男性は、結婚後も同じようなことをしがちです。

以前からセフレをつくることが習慣となっており、その関係から得られる甘い蜜も知っているため、そのような相手をつくることがやめられなくなっています。

もはや罪悪感はないことが多く、不倫相手やセフレ相手がいることも当然のように思っているのです。そうなってしまうと、その考え方を修正するのは難しいといえます。

既婚者の不倫相手やセフレにならない方がいい理由

既婚者の不倫相手やセフレにならない方がいい理由

ここまで、なぜ既婚男性が不倫をしたり、セフレを作ったりするのかいくつか理由を挙げました。

その理由に理解はできる部分はあるものの、やはり既婚男性が不貞をするのは世間的には絶対に認められません。

ここからは、不倫相手やセフレ相手になる側の立場から、既婚者相手の不倫相手やセフレ相手にならない方がいい理由を挙げていきます。

バレたときの損害賠償

既婚男性との不倫相手やセフレ相手であった場合、それが相手の妻にバレてしまったときは、どのような場合であっても、妻側から損害賠償を請求される可能性があります。

その損害賠償額をあなたはすぐに支払えますか?もし支払うことができなければ、自分の両親や兄弟にお金を借りる羽目になってしまいます。

すると、家族にも自分がしてきた恥ずかしいことがバレてしまい、あなたは二重に苦しむことになるのです。もし、自分で損害賠償額を支払えたとしても、いずれかは家族に知られるときがきます。

損害賠償を請求されるだけでなく、自分の家族関係をも悪化させてしまう、不倫やセフレ相手であることになんの意味もありません。

自分が結婚するタイミングを見誤る

既婚男性の不倫相手やセフレ相手になっていると、自分が本当に結婚するタイミングを見誤ります。

既婚男性と付き合っている女性は口々に「彼が奥さんと離婚したら結婚したい」と言いますよね。ですが、不倫やセフレから、仮に本当に結婚したとしても、心から幸せと思える結婚になるでしょうか?

いずれか結婚したいと淡い期待を持ちながら既婚男性と付き合っても、そのほとんどが結婚には至りません。気づいたら自分の大切な婚期を逃したということになりかねません。

人生の時間は巻き戻せません。あとで後悔をしないように、既婚男性との将来を考えるのではなく、まずは自分自身の幸せをつかむことが大切です。

貞操観念がなくなる

既婚男性との不倫やセフレ相手になってしまうと、その行動の善悪が分からなくなります。

既婚男性との逢瀬を楽しみ、2人の関係にハマればハマるほど、世間の目や一般的な観念が持ちにくくなります。そして、行動の善悪だけでなく、貞操観念さえも崩れていくのです。

女性としての品位がなくなると言っても言い過ぎではありません。

それほどに既婚男性との不倫やセフレ相手になることは、品位がなく、貞操観念さえもなくならせてしまう行為であるということを、肝に命じておく必要があります。

仲の良かった友達を失う可能性も

既婚男性との関係が続くと、いずれ友人や知人にもその関係性を知られてしまいます。

それを知った友人はどう思うでしょうか。

あなたのことを信頼していた友人ほど、あなたを見る目は変わってしまいます。これまでどれほど仲良く過ごしていた友人でさえも失ってしまうかもしれないのです。

既婚男性でなくても、将来を一緒に過ごすパートナー候補は本気で探せばいくらでもいます。しかし、これまで大切にしてきた友人はもう取り戻すことはできません。

そんなことをしてまで、既婚男性との不倫やセフレ相手であることを続けますか?そのリスクはとても大きいと思ってくださいね。

相手の奥さんとのトラブル

既婚男性との関係を続けると、一番迷惑をかけるのは、相手の奥さんです。

あなたとの夫との関係を知った妻側からすれば、黙ってはいられません。

場合によっては、関係がバレたときにはあなたの会社に乗り込まれたり、今はSNSという手段を使ってあなたがしてきたことをネットを通じて全世界に晒されるということもありうるのです。

それはまさに、社会的な制裁を受けることになります。今まで積み上げてきたあなたの人生が崩れてしまうかもしれないということは、実は一番恐ろしい仕打ちになります。

多大なストレス

既婚男性の不倫やセフレ相手でいることは、楽しいことだけではありません。

これまで述べてきたように関係がバレたときの社会的なストレスがかかるだけではないのです。

2人で会っているときは楽しい時間もありますが、実は自分が気づかないところで精神的にも多くのストレスを感じています。

2人の関係を誰にも知られずにいるためには、嘘や作り話が必要だったり、バレてはいけないプレッシャーをいつも感じなくてはいけません。

それらのストレスが自分で気づかないうちに溜まって、いつかその重さに心が耐えられなくなるときがきます。そのときにあなたは耐えられるでしょうか。

人間不振になる

既婚男性が決まっていうのは「妻とはもう別れるから」という言葉です。

これを何回も聞かされてきたという不倫相手やセフレ相手も多いです。

ですが、それを本当に実行した既婚男性はどれほどいるでしょうか。

ずっと既婚男性の言葉を信じて待ってきたのに、それが叶えられないと知ったとき、女性は既婚男性だけでなく、人が信じられなくなります。

人間不信になると、その感情を今後くつがえすには相当な時間が必要になるということも知っておいてください。

不倫や彼女がいる人のセフレになって悩んだ体験談

不倫や彼女がいる人のセフレになって悩んだ体験談

既婚男性との不倫やセフレ相手でいることには一つもプラスになる要素がありません。

それを知っていてもなお、既婚男性の不倫相手やセフレ相手になってしまう女性もいます。

最後に不倫やセフレになって悩んだ体験をご紹介します。彼女たちの体験談を知り、いかに既婚男性の不倫やセフレ相手になることが、自分の人生にとってマイナスになるのか、理解してもらえれば良いです。

職場の上司との不倫

「相手は職場の上司でした。不倫は絶対イヤだったので、半年くらい断り続けていましたよ。でも、猛プッシュに負けて不倫関係になってしまいました。
相手には子供がいました。私は『家庭を大事にしてください』とか『良いお父さんでいてほしいのでその気持ちは受け取れません』とずっと言い続けていました。が、彼は離婚したいの一点張り。
もともと不倫反対派だったので、私の精神がもたずに破局しました。
終わってみると、愛だの恋だのという感情は一切残っておらず、もう二度と不倫なんて御免だと、改めて思います……。」

この女性のように相手に押されて根負けして不倫をした女性もいます。

ですが、結局は精神的なストレスが蓄積し破局し、結局後には何も残らなかったということですね。

本当に時間を奪われただけという結末に、悲しい気持ちになります。

結婚を機に不倫をやめた

「私は既婚男性と不倫をしてました。でも私も結婚して家族ができて、リスクが大きすぎるので不倫をやめる決心をしました。
正直、彼と一緒になりたい気持ちは少しはあったかもしれません。でも、私たちが一緒になるには問題が山積みで現実的ではありませんでした。
相手はただの遊びでしかないのです。不倫の終わらせ方は色々ありますが、どちらにせよ不倫に明るい未来なんてないですよ。」

この女性は不倫をしているときに、自分にも新たな家族ができたことが不倫をやめるきっかけになったということですね。

結局それぞれの人生をとるわけですが、これほど冷静に物事をみることができているのに、不倫をしてしまうことの怖さが見え隠れしています。

相手の妻に不倫がバレた

「不倫が携帯電話で相手の妻にバレました。ですが別れても『愛してるよ』の呪縛が解けません。
関係は終わらせましたが、彼はいまだに連絡を取ろうとしています。
思い返せば、寂しいときに一緒にいられない付き合いに私は疲れました。まだ思いを断ち切るのに時間はかかると思いますが、次は自分だけのことを考えてくれる人を見つけます。
そう思えるまでに、かなり精神的にもやられたりしましたが……不倫を忘れようとする努力が必要です。」

不倫が相手の妻にバレて、結婚できるかと思っていたのにできずに別れてしまったパターンですね。

そのとき不倫がバレて良かったのかもしれませんが、気持ちを断ち切るのにやはり時間がかかりそうですね。

不倫後に立ち直るまでの自分の時間さえも奪ってしまう、そんな不倫にはもはや良いことは何一つないといえるでしょう。

自分の人生を大切にするなら絶対に不倫はしないこと

自分の人生を大切にするなら絶対に不倫はしないこと

既婚男性の不倫相手やセフレ相手になることは、あなたの人生を壊してしまうくらいに本当に危ないことです。

相手の家族も自分も、誰も幸せにはなりません。そんなリスクを犯してまで、不倫することになんの価値もないのです。

ですので、どんなに既婚男性を好きになってしまったとしても、決して不倫相手やセフレ相手にはなってはいけません。

今回の記事が、不倫に悩む女性やこれから不倫になりそうな状況にある女性の心に届くことを願っています。

(【恋愛・婚活】らぶコーチ♡はるか/ライター)

(愛カツ編集部)