ヤキモチ焼きな彼氏

彼氏が、他の女の子と親しげにしていた、彼女が元彼の思い出話をぽろっとこぼした……。

恋人が、自分以外の異性のことを考えているときは、つい嫉妬してしまうもの。しかし、これ以外にも思わぬ理由でヤキモチを妬くケースもあるようです。

今回は、「過去にこんな意外なことで嫉妬された!」という話を女性にリサーチしました。

ヤキモチ焼きな彼氏

アニメの推しキャラについて語ったら…

「わたしはアニメオタク。そのことは彼も知っていたし、特にノーコメントでした。ところが、ある日彼の前で推しキャラについて語ったら、急に機嫌が悪くなって……。予想外の嫉妬に、ただただびっくり」(22歳/学生)

「沼」という言葉もあるほど、アニメやアイドルなどにドはまりしている女子は結構いるのではないでしょうか。

実在のイケメン俳優に対して嫉妬するならまだわかりますが、2次元にまで嫉妬されたらもうお手上げ……。

そんな場合は、いっその事、彼の前では完全に封印する!と決めた方が楽かもしれません。

デートではりきっておしゃれをしたら…

「お互い仕事が忙しくて、デートは週末だけ。だから気合を入れておしゃれをしたら、彼が不満げに『そんなおしゃれして誰に見てほしいの?』と。もちろん彼と答えたのですが、『僕に見せたいだけにしてはおしゃれすぎる、みんなに可愛いと思われたいんだ!』と言われた」(27歳/アルバイト)

どうやらこちらの彼、深読みしすぎるタイプの男性だったよう。

素直に「僕のためにこんなにおしゃれしてきてくれたんだ」と喜んでくれればいいのですが……。

このような嫉妬深い彼には、会えない時もしっかり連絡を取るなどして、愛情表現をたっぷりすると安心してくれるはずです。

弟と2人で出かけたら…

彼の嫉妬

「わたしは、月1で必ず2人でお出かけするほど弟と仲良し。でも、彼はそれが嫌だったみたい。弟と出かけると言うと、あからさまに嫉妬されました」(29歳/アイリスト)

家族は切っても切れない仲だけに、仲が良いのは素敵なことですよね。

でも、大人になってから、あまりに異性の兄弟とべったりしていると、彼の嫉妬の対象に入ってしまうこともあるみたい。

機会が作れるなら、自分の家族に早い段階で紹介しておき、家族ぐるみで仲良くしておくとよいでしょう。

人柄や関係性が分かれば、彼もそんなに気にならなくなるかも。また、できるだけ彼との約束を優先することも大切です。

嫉妬の気持ちは“好き”だからこそ♡

「そこで!?』という瞬間に嫉妬するケースがありましたが、ヤキモチをやくのは、あなたへの気持ちが強いからこそ。

どうしても譲れないことでない限りは、彼が気になるポイントを理解して、2人の仲をより深められたらいいですね♡

(愛カツ編集部)