好き避けしてしまう女性の心理7つ

「好き避け」という言葉はご存じですか?

聞き慣れない言葉に感じる方も多いのではないのでしょうか。

好き避けとは言葉のままですが、好きな人を思うあまり避けているような態度を取ってしまうことを言います。

女性から避けられていたり、冷たい態度を取られたりしていたら「脈なし」ではなくもしかしたら「好き避け」をされているかもしれません。

この記事では好き避けについて詳しく解説をしていきます。

好き避けしてしまう女性の心理7つ

好き避けしてしまう女性の心理7つ

脈なしと好き避けの判断は男性にとって非常に難しいものかと思います。

「好きだったら避けないでよ!」というのが男性の本音でしょう。

しかし、女性も好きな人相手にどうしたら良いのか分からなくて避けるような態度をとってしまうのです。

また好きな人に良く見られたいという思いから好き避けをしてしまう女性もいる様です。

ここでは好き避けしてしまう女性の心理についてご紹介していきます。

恥ずかしい

好きな人を前にしたとき、恥ずかしいという気持ちから好き避けをしてしまう場合があります。

これは男性にあまり慣れていない方がなりやすいパターンです。

また、なかにはある程度男性に慣れていても好きすぎて恥ずかしくなってしまう女性もいます。

なので、目が合ったのにそらされたりつれない態度をとられたりしたらその女性はもしかしたら「好き避け」をしているかもしれません。

女性も意識的にわざと好き避けをしていないので、男性も脈がなくて避けられてしまっているのではないかと思ってしまうかと思います。

分かりにくいかもしれないですが、女性が恥ずかしがるそぶりをしていないか見てみると良いでしょう。

軽い女だと思われたくない

好きな人だからといって愛想をふりまいてしまうと軽い女と見られてしまうことが嫌で好き避けをしてしまう女性もいます。

これは相手に良く見られたいという思いからくる行動と言えます。

好きな人には身持ちの堅い女性だと思われたいものです。

なので、この場合は故意的に好き避けをしていると言えます。

こういった場合は好きな人だけではなく、好きな人に見られているとき他の男性にも冷たい態度を取ったりすることもあります。

冷たい態度をとられて脈がないのか心配になったら、自分だけではなく周りの男性も同じ様な態度をとられていないかチェックしてみましょう。

どう反応していいのかわからない

どう反応していいのかわからない気持ちから好き避けをしてしまうこともあります。

こういった女性の場合は恋愛経験が少ないだけではなく、対人関係も苦手な場合があります。

友人でも限られた人としか話さない人は、もし好きな人に話しかけられてもどう反応したら良いのか分からないということが多いです。

なので好きな人であってもつれない態度をとってしまいます。

会話をしていて良い反応が返ってこないなと感じたら、周りの人とどのようにコミュニケーションをとっているのかチェックしてみると良いでしょう。

周りとコミュニケーションをとっているときも控えめだとしたら、話しかけて良い反応が返ってこなかったからといって心配する必要はないでしょう。

何を話していいのかわからない

好きすぎて何を話していいのか分らないというパターンもあります。

好きだからこそ、話したいと思っていても緊張して何を話したら良いのか分からなくなることはありますよね。

話すことが分らなくなってしまうと思ってしまうとついつい話す事を避けてしまいます。

また、話しかけられたとしても会話が思い浮かばなくてトークが弾まないので冷たい態度をとっているように感じるいうこともあるでしょう。

こういった場合は、話しかけた時の顔色を伺ってみるとよいです。

もし、好きすぎて何を話していいのかわからない場合は照れている様な表情をしてしまうはずです。

分かりにくい表情ですが、見落さないよう注意しましょう。

気を引きたい

男性の気を引きたいあまり、好き避けをしてしまうという女性もいます。

あからさまに避けられる態度を取られると男性も「なんでだろう?」と気になってしまいますよね。

それが今まで普通によく会話をしていた人ならなおさらだと思います。

気を引きたい場合は男性がそう思ってしまうことを狙い、わざと好き避けをします。

またプライドから、自分が追うのではなく男性に追われたいと考える人もいます。

女性は恋愛をする上で、追う恋愛よりも追われる恋愛の方が幸せだと言われています。

男性に追われたいという願望があると自分ばかりがアピールしているのを避けたいので好き避けと言える行動をしてしまう様です。

気持ちの伝え方がわからない

恋愛経験が少なく、気持ちの伝えか伝え方が分からない方は好き避けをしてしまう傾向があります。

好きなことをどうやって表現すれば良いのか分からなくて、意識せずに避けるような態度をとってしまうような場合です。

もしかしたら、告白をしたいけれどタイミングが上手くつかめなくてつい避けるような態度をとってしまっているのかもしれません。

ただ避けられているだけではなく、挙動不審な態度をとられたとしたら気持ちの伝え方が分からず好き避けをしてしまっているのかもしれません。

好きバレしたくない

周りに好きな人がバレたくないという女性は好き避けをしてしまう可能性があります。

やはり、好きな人だからといって他の人とは違う態度で接してしまうと周りに好きバレしてしまいますよね。

バレたくない気持ちからあえて好きではないような態度をとろうとすると、不器用な人であれば避ける様な態度をとってしまうこともあります。

周りの人だけではなくもちろん好きな人にも好きバレしたくないという気持ちもあります。

こういった場合は、バレないように意識しすぎて好き避けをしてしまっています。

好き避けしやすい女性の特徴5選

女性なら全ての人が好きな人を前にすると「好き避け」をしてしまうのでしょうか?

そういったわけではなく、女性のなかには好きという気持ちを素直にアピール出来る女性もいます。

好き避けをしてしまう女性には特徴があります。

では、どういったタイプの女性が好き避けをしてしまうのでしょうか?

好き避けをしやすい女性の特徴についてご紹介していきます。

プライドが高い

意外ですが、プライドが高い女性は好き避けをしてしまう傾向にあります。

プライドが高い女性は好きなことがバレてしまうのが恥ずかしいと感じてしまいます。

また、自分がその男性のことを好きだけど冷たくされたり振られてしまうのが許せないのであえて自分から好き避けとも言える行動をしてしまうというパターンもあります。

プライドが高い女性は恥をかくということを避けたいと思っています。

なので自分の気持ちを素直に伝えることができず、好き避けをしてしまうようです。

自分に自信がない

自分に自信がないと好きな人と話すことが恥ずかしく思い、好き避けをしてしまいます。

この場合はわざと好き避けをしているのではなく、そのつもりがなかったとしても避けているように見られる可能性があります。

照れているつもりでも、男性にはその姿が話したくなさそうな様にみえてしまうことがあるでしょう。

なので、自分に自信がない女性は男性に嫌われているのかなと思うようにもとれる好き避けを自然としてしまっていることが多いです。

ツンデレな性格

ツンデレな性格な方は周りに人がいるときだと好き避けをしてしまうことが多いです。

周りには甘える姿を見せたくないという気持ちから、ついつい好き避けをしてしまいます。

なので一般的に「クール」と言われる女性は好き避けをしてしまう傾向にあります。

しかし、2人きりになったときは親しみやすい雰囲気になるので男性的には好きなのか嫌いなのか戸惑ってしまうこともあるでしょう。

恋愛経験が少ない

恋愛経験が少ない女性は好き避けをしてしまうことが多いです。

好き避けをしている意識はなくても、男性との関わり方が分からないので好き避けをしてしまうようです。

こういった場合は男性に対して慣れがないので、好き避けをしてしまうことはしょうがないです。

コミュニケーションが苦手

人とコミュニケーションをとることが苦手だと、好き避けと感じられるような行動をとってしまうことが多くあるでしょう。

そもそも、人と関わることが苦手なので好きな人であったとしてもどのように接したら良いのかが分かりません。

こういった女性は心が許せる人も少なく、決まった人としか会話をしないかもしれません。

女性に好き避けされた?ときの対処法

女性に好き避けされた?ときの対処法

好きな女性に好き避けをされてしまったら困ってしまいますよね

好き避けをされているとしても、冷たい態度をとられたら心が折れてしまいそうになるかと思います。

しかし、好きな人にも「好き」という気持ちがあるのであれば両思いになりたいですよね

そんなときの対処法についてご紹介していきます。

好き避けか嫌われているのかをしっかり見極める

好き避けか嫌われているのかを見極めることが出来ずアピールをしてしまうと失敗してしまいます。

好き避けなのに嫌われていると思ってしまい、アピールをすることを諦めてしまうとせっかく両思いだったはずなのに2人は結ばれることはなくなってしまいます。

その逆で嫌われているのに好き避けと思い込み熱心にアピールをしてしまうと相手に引かれてしまうかもしれません。

好き避けか嫌われているのかを見極めることは非常に難しいです。

しかし、冷たい態度をとられていたとしてももしかしたら照れているようなそぶりを見せてくれるかもしれません。

好きな人のことであれば、そういった瞬間を見逃さずに見極めてみましょう。

積極的に誘う

好きな人に好き避けをされているということが分かったら、積極的にデートなどに誘ってみましょう。

周りに人がいる状態では好き避けをしてしまうかもしれませんが、もしかすると2人きりになったらそんなそぶりを見せないかもしれません。

また、今まではつれないと感じていたかもしれませんが2人きりになったら楽しそうにしている可愛い姿が見れるかもしれません。

また積極的に誘うことで好き避けなのか嫌われているのかを判断することも出来ます。

嫌われている場合だと、積極的な誘いにのってくれないかもしれません。

しかし好き避けの場合だと最初は断られるかもしれないですがやはり好きな人とはデートをしたいと思っているはずなので一緒に出掛けてくれるでしょう。

誘うときには具体的に指定する

好き避けをしている女性の誘い方にもコツがあります。

ぼんやりと「○○行こうよ」だけだと照れくさくて「また今度ね」と流されてしまうかもしれません。

誘うときはしっかりと、「この前話していた○○に行きたいけど、来週の〇曜日か〇曜日暇?」などしっかり場所と日付を指定すると良いでしょう。

この場合だと相手もYesかNoで答えやすいです。

もしその日は行けないという答えでも、「いつなら空いてる?」と聞くと相手も答えやすいでしょう。

好き避けをしている女性は誘いたくても誘えない状態なので、出来るだけ女性に断られるようなことがないような誘い方をしてみましょう。

変わらず連絡を続ける

好き避けをされているなということを感じても、連絡は途絶えさせないようにしましょう。

人前だと好き避けをしている女性でもメールや電話だと素直になれるかもしれません。

唯一、好き避けをされないメールや電話でのアピールをやめてしまうのは両想いなのに勿体ないですよね。

会っているときは冷たい態度をとられたとしても、めげずに連絡を取ってみるようにしましょう。

わかりやすいアピールを続ける

アピールを続けることによって好き避けをしていた女性の態度も変わっていくかもしれません。

男性からの好意が分かりやすいのに避けてしまうと、周りからも男性への対応がひどいのではないのかと感じてしまうものです。

好き避けをしてしまう女性は周りの人の目が気になるものです。

周りにも分かりやすいようなアピールを続けると好き避けも自然となくなっていくでしょう。

好き避けかどうかを見極めることが重要!

好き避けかどうかを見極めることが重要!

今まで女性に嫌われているかもと思った態度が実は好き避けだったということがあるかもしれません。

今後は脈なしと思い込んでしまってせっかく両思いになってた女性と結ばれないなんてことは避けたいですよね。

今後好きな女性と結ばれるためには、脈なしと好き避けをしっかりと見分けることが重要になってきます。

好き避けかどうかを見極めて大好きな女性と良い関係になれることを目指しましょう!

(愛カツ編集部)