好きだけど別れを選ぶ5つの理由

女性が抱く、好きなのに別れたいという心理は、男性にとっては、なかなか理解できないものです。

しかし、好きなのに別れたいという女性には、そう思うまでの理由やきっかけが必ずあります。

今回は、好きだけど別れたいと感じる理由や、その後にどんな行動を取るべきか、別れたあとは本当に幸せになれるのかなど、解説します。

好きだけど別れを選ぶ5つの理由

好きだけど別れを選ぶ5つの理由

女性はなぜ、好きな人との別れを選ぶのでしょうか。好きなのに別れる必要なんてないと、思いますよね。

多くの女性が、好きだけど別れを選んでしまう背景には、そこまで考え抜いて出した結論であることが多いです。

何も理由がないのに、突然別れたくなってしまったということは少数派といえます。また、好きだけど別れを選ぶ理由もさまざまです。

はじめに、好きだけど別れを選ぶ理由を5つ、ご紹介します。

恋人から連絡が来ないから

恋人からの連絡が来なくなると、女性は別れを選ぶことがあります。

なぜなら、女性は「連絡が来ない=愛情がなくなった」と考えるためです。

恋人からの連絡がないのは、仕事や学業が忙しかったり、そのほかの理由などで連絡ができなかったりと、いろいろな理由があります。

でも、どんなに忙しくても、少しの連絡くらいは恋人にできるはずです。それができないというのは、やはり愛情がないからだと感じてしまってもおかしくありませんよね。

恋人からの愛情がないかもしれないのに、恋人からの連絡をずっと待ち続けるのは、時間が過ぎていくだけです。

それならば、たとえ好きな人であっても、別れたいと思ってしまうのも当然と言えるでしょう。

大切にされている実感がないから

女性なら誰もが、好きな人に愛され、大切にされたいと思っています。

でも、好きな人から愛されて、大切にされているという実感が持てないと、それ以上、お付き合いを継続していくのは難しいと感じてしまうのです。

なかには、男性側の愛情表現がただ不足しているだけかもしれません。それでも、どんなささいなことであっても、愛情を示して大切にして欲しいと思っているのです。

女性は、男性に愛されている実感が持てることを、恋人との付き合いの中で、とても大切にしています。

愛情溢れる言葉をかけてくれたり、気持ちのこもったプレゼントをしてくれたり、それがどんなにささやかなことであっても女性は大切にされている実感が持てるのに、それがないと別れを決意することもあるのです。

人として相手のことを信用できないから

人として、相手の男性を信用できないときも、好きだけど相手と別れたいと思ってしまう原因になります。

そもそも、信用の置けない男性とは、恋愛も結婚においても二人の絆を深めていくことは難しいですよね。

恋人以前に、友人となることさえ、考えてしまうこともあります。

嘘をついたり、浮気をしたり、金銭感覚がルーズだったり、人それぞれに相手が信用できるかどうかの基準があります。

そのどれか一つでも、自分の信用の基準を満たしていないと、それを克服して付き合いを継続するのは、やはり厳しいといえるでしょう。

相手の嫌な部分が受け入れられないから

好きだけど別れたい理由の一つに、相手の嫌な部分を、どうしても受け入れられないということがあります。

ここでいう嫌な部分とは、たとえば喫煙や過度な飲酒、生活上のくせや態度などが一つの例として挙げられます。

もともとタバコを吸わない女性であれば、ヘビースモーカーの恋人と付き合うのは難しいでしょうし、過度な飲酒をいつもしているような男性だと、彼自身の体を大切にできない人と思ってしまいます。

もちろん、なんでも完璧な人はいませんから、人には何かしらの欠点や短所はあります。

それらを考慮しても、どうしても受け入れられない部分が相手にあれば、それも一つの大きな別れる理由になるのです。

恋人との未来が考えられないから

恋人と一緒に過ごす未来や将来を考えられないときも、女性が好きだけど別れを選択する大きな要因になります。

女性は、もしかすると男性以上に、相手を好きになり付き合う時点で、二人の将来についてある程度の予測を立てます。

このまま恋人になって関係を育むことで、自分は成長できるのか、またもし将来結婚することになったらどうなるのかということを、早い段階で女性は考えることができます。

一番のポイントは、将来この人と結婚し生涯共に過ごすことができるのかということです。たとえ付き合い始めたばかりの時でも、実際に女性はシビアに相手男性との将来を考え評価しているのです。

付き合いはじめの段階で、恋人との将来が考えられなくても、相手男性が今後成長していくことで、将来を考えられるようになるかも、しっかりと考えているのも女性側です。

二人の将来を考えたとき、自分が思い描くような未来が見えないときは、今は相手のことを好きだけど、お互いのためにも別れた方がいいという結論に至ります。

好きだけど別れようと思ったときに取るべき行動

好きだけど別れようと思ったときに取るべき行動

さまざまな理由やエピソードがあり、好きだけど恋人と別れようと思ってしまうのは仕方がないことです。

しかし、問題は別れようと思ったあとの行動です。そのときは一体どんな行動をとるのがベストなのでしょうか。

次に、好きだけど別れようと思ったときに取るべき行動について、6つご紹介します。

しばらく距離を置く

相手のことが好きだけど、別れようと思ったら、行動にすぐ移す前に、しばらく相手との距離を置くことをおすすめします。

相手と距離を置くことで、冷静に今の気持ちや状況を整理するのです。

なぜ、好きだけど別れたいと思ったのか、その理由は何か、これからどうしたいと思っているのかを、できれば自分だけでよく考えてみましょう。

相手と距離を置き、冷静の相手との関係性を振り返ることで、相手の大切さに気づいたり、または逆に別れることをより決意することもあるでしょう。

いずれにしても、一人になり、自分はどうしたいのかを冷静になって考えることが大切です。

正直に理由を相手に伝える

相手のことが好きなのに、別れたいと思ったら、なぜそう思ったのかを分析します。

そして、冷静になって出てきた正直な理由を、直接相手に伝えることも良い対処法です。

これまでお互い好き合って恋人関係になったわけですから、別れたいからと思って突然恋人の前から姿を消すことは避けます。

それは、相手を傷つけることになるからです。

そのような形で相手を傷つけるのではなく、まずは、自分の気持ちを相手に正直に話すことが、何より恋人である相手に対しての誠意といえるでしょう。

相手と話し合いの場を持つ

好きな恋人にも関わらず、その恋人と別れたいと思ったら、その理由を正直に相手に伝えます。

そして、理由を伝えたら、なぜこのような結果になってしまったのか、二人の思いをぶつけ合いましょう。

もしかすると、相手男性にもあなたに対する不満などがあるかもしれません。この話し合いの場を持つことを良い機会として、お互いに正直に胸の内を語りあうのです。

すると、これまで見えたなかった相手の別の一面を見えてきたり、自分自身を客観的に見つめ直すこともできたりします。

相手の好きなところと嫌いなところを並べてみる

相手のことが好きなのに、いろいろな理由で別れないと一度でも思ってしまうと、なかなかそこから自分の考えを変えることは難しくなります。

相手と別れたいと思った理由の内容によっては、嫌なところばかりを見てしまいがちです。

しかし、そうすることで相手の良い部分や自分が好きだと思う部分を、見過ごしてしまうことも多くなります。

別れたいと思ったのに、実際には自分の思い込みや勘違いだったというミスマッチを起こしたくありませんよね。

それを避けるためにも、相手の好きなところや悪いところを、一度よく振り返ってリストアップしてみましょう。

すると、今まで見えなかった恋人の意外な一面が垣間見え、関係性を修復できることもあるのです。

付き合い方を考え直す

好きだけど別れたいと思ったら、これまでの二人の付き合い方を考え直してみます。

好きなのに別れたいと思うまでには、必ず何かの原因があります。

その原因として、恋人との付き合い方に不安や不満はありませんでしたか?

相手の愛情が感じられなかったり、意見の違いで我慢をして不満が溜まっていなかったでしょうか。

自分では気づかないうちに、そうした不安や不満が大きくなり、好きなのに別れたいと思うきっかけになっているのです。

そんなときは、これまでの付き合い方の不安や不満を恋人に話し、付き合い方や二人の向き合い方を変えていけるの話し合ってみてください。

相手の立場になって考えてみる

一度、冷静になり、相手の立場になって今の状況をとらえ直してみるのも良いでしょう。

好きなのに別れたいと、自分ばかり思っているかもしれません。実は、恋人はあなたと違う見方をしていることもあります。

相手の立場になって、付き合い方を考え直してみると、また違った見方ができるようになります。

その見方の違いを通して、恋人のことが好きなのに別れてしまっていいのかを、もう一度考え直してみるのです。

自分の考えや立場を、相手と比較しながらとらえたとき、それでもなお、別れたいと思うのなら、その自分の下した判断を信じるしかありません。

ただ、恋人と良い関係を築いてきたなら、一方的に相手との関係を終わらせることは避けたいですよね。

きちんと自分の気持ちを伝えた上で、別れるようにしましょう。

本当に幸せになれる?好きだけど別れを選んだ人のその後

本当に幸せになれる?好きだけど別れを選んだ人のその後

恋人のことが好きなのに、別れを選んだ場合、その後はどうなるのでしょうか。

自分が別れたいと決めたことは、本当に正しかったのか、心配になりますよね。さらに、恋人と別れたあと、自分は新しい恋人を見つけて幸せになれるのかも心配になります。

最後に、好きだけど別れを選んだ人のその後を、2つのパターンとしてご紹介します。

引きずってトラウマになってしまう

恋人が好きなのに別れてしまった人のなかには、別れたことを心に引きずってしまい、トラウマになってしまう人もいます。

なぜトラウマになってしまうのか、それは、好きな恋人と別れたことを後悔しているからです。

自分で別れを決意したはずなのに、やはり心のどこかで「好きだから別れたくない」という思いがあったのでしょう。

また、別れを決意するまでの過程で、自分の気持ちを整理できなったり、恋人と話し合いを持つことができなかったりしたことも、自分の心のなかに消化できない気持ちを残すことにつながってしまったのです。

好きな恋人と別れたことで負った心の傷が、トラウマとして自分に残らないようにしましょう。

そのためには、別れる理由を明確にし、自分も相手も少なくともある程度納得した上で別れること、そして一度別れてしまった間柄は、二度と修復できないことを心得て、過去は振り返らない努力が必要です。

時間を経てさっぱり忘れられる

好きだった恋人と別れたことを引きずるタイプがいる一方で、別れてから時間を経て、きれいさっぱりと、恋人を忘れることができるタイプもいます。

このタイプの女性は、好きだった恋人と別れるときに、きちんとしたプロセスを踏んできたといえます。

どうして、好きなのに別れたいと思ったのかという原因を考え、それを恋人にも伝えることもできています。

そして、二人の話し合いのなかで、これからどうすればお互いが幸せになれるのかを、答えを探してきた結果、好きな恋人と別れるという決断をしてきたのです。

別れに至るまでの一つ一つの過程で、悩みながら最善の方法を探ってきています。

そのため、恋人と別れるときには、自分も恋人も納得して決断を下せているのです。

だからこそ、別れたことに後悔はなく、時間が経っても心の傷になることなく、次のステップに踏み出せているといえるでしょう。

よく考えて、後悔しない選択肢を選ぼう

よく考えて、後悔しない選択肢を選ぼう

どんなに好きな相手であっても、いろいろな理由から、別れたくなってしまうこともあります。

そのときは、よほどのことがない限りは、早急に別れの決断をするのではなく、よく考えて後悔のない選択肢を選ぶことが大切です。

なぜ、好きなのに別れようと思ったのか、まず自分の考えや立場をはっきりさせましょう。

それから、相手の意見や立場を考えながら、お互いにとって最善の道を選ぶのです。

それらのプロセスをきちんと踏むことが、後悔なく次のステップに進めることにつながります。

自分の気持ちや相手と向き合うのが、つらいと感じるときのあります。でも、後悔しないためにも、自分が納得できる形で好きな人と別れられるようにすることをおすすめします。

(【恋愛・婚活】らぶコーチ♡はるか/ライター)

(愛カツ編集部)