かわいいと思わせられる甘え方6つ

大好きな彼氏にもっと甘えたい、甘えさせて欲しいと、多くの女性は思っているのではないでしょうか。

でも、彼氏に甘えることがうまくできずに、悩むこともありますよね。

本当はもっと甘えたいのに、どうやったらうまく甘えられるのかを知り、それを実践できれば、二人の関係ももっと親密になると感じている人もいるでしょう。

今回は、そんな女性のために、男性からみて甘えさせたくなるような女性はどんな特徴があるのか、また女性が甘えたいと感じるときの心理、最後に、かわいいと思わせる甘え方6つなどをご紹介します。

甘えさせたくなるような女性の特徴

甘えさせたくなるような女性の特徴

男性からみて、甘えさせたくなるような女性には、どんな特徴があるのでしょうか。

甘えさせたくなるような女性には、かわいい仕草やかよわさなどを兼ね備わり、男性から見れば、思わず守りたくなるような特徴があります。

それぞれの特徴について、説明しましょう。

かわいい仕草が身についている

男性からみて、甘えさせたくなるような女性の特徴の一つに、「かわいい仕草が身についている」ことが挙げられます。

かわいい仕草を男性が見せられてしまうと、ついもっと甘えて欲しいと思ってしまうのです。

では、どんな仕草がかわいいのかといえば、たとえば、女性らしい話し方や身振り・手振り、普段の立ち居振る舞いなどがあります。

柔らかな髪を搔き上げる仕草や、さりげなくボディタッチしてくるなど、男心をくすぐる仕草が自然と身についている女性もいますよね。

そんな、ふとしたかわいい仕草を見せられてしまうと、男性は思わず心が動かされてしまうのも分かります。

かよわい

「かよわい」女性も、男性にしてみれば、もっと甘えて欲しいと思わせる対象となります。

ただし、「かよわい」といっても、その言葉に対する女性のイメージはさまざまです。

多くの男性が、かよわい女性を、軽く押したら倒れてしまいそうな華奢な体型で、長い黒髪やか細い手指などが備わった女性をイメージするに違いありません。

もちろん、男性と女性は、体型や体力も違うため、男性に比べると、どうしてもかよわく見えてしまうのでしょう。

ですが、そんな「かよわさ」こそが、男性にとって守るべき存在として捉えられ、甘えさせたくなる感情を湧き上がらせるのです。

そんな男性の感情をちょっと利用しない手はないですよね。

甘えたい!と感じるときの心理

甘えたい!と感じるときの心理

それでは、「甘え」について女性の方から考えてみると、どんなときに彼氏に「甘えたい!」と感じるのでしょうか。

基本的には、彼氏に甘えて、甘えたときの彼氏の反応をみることで、自分が彼氏から愛されているという実感を得たいという気持ちがあります。

ほかにも、彼氏に癒されたかったり、安心したいなど、いろいろな心理があるといえます。

甘えたいと感じるそれぞれの心理について、説明しましょう。

愛されていることを実感したい

彼氏に甘えたいと感じるときの心理として、もっとも大きいのが「愛されていることを実感したい」ということが挙げられます。

普段から、仲の良いカップルでも、女性はいつも彼氏の愛情をそばで感じていたいと思っています。

そんな女性には、あまり愛情表現をしない彼氏だと、「本当に愛されているのだろうか」と不安に感じやすくなります。

そのため、彼氏の愛情を試す意味でも、彼氏に甘えてみます。

その甘えたことに対する彼氏の仕草や態度に、自分のことをどのくらい愛しているのかの判断をするのです。

自分の甘えを無条件に受け入れてくれたのなら、「ありのままの私を愛してくれている」と感じ、幸せな気持ちになる女性も多いでしょう。

癒やされたい

彼氏に甘えることで、心も体も癒されたいという女性もいます。

その癒しを得るために、彼氏に甘えているともいえます。

普段の生活では、仕事や学校でも、素直に人に甘えられる場面はそれほど多くはありませんよね。周囲に甘え過ぎていると、逆に迷惑に思われてしまうことも多々あるはずです。

たとえば、仕事ができる女性ほど、仕事中は誰かに甘えることなど許されません。ですが、いつも一人で物事に対処し、誰にも甘えることなく過ごすのは、ストレスが溜まるものです。

ときには、誰かに甘えて、優しく癒してほしいと思うのも当然です。

それが、身近でできるのが、唯一彼氏ともいえるでしょう。

その癒しを求めて、彼氏に甘えてしまうのも、分かりますよね。

包容力を感じたい

彼氏に甘えることで、彼氏の男性としての包容力を感じたいという気持ちもあります。

包容力とは、ありのままの自分を包み、愛してくれる力のことといえるでしょう。

女性は、彼氏にこの包容力を伴っていて欲しいという希望をつねに持っています。

そんな大きな包容力ある男性と付き合い、その魅力に包まれたら女性としての幸せを感じずにはいられません。

そのため、そんな包容力を持っている男性に、女性は強く惹きつけられるのです。

男性も、女性から甘えられることで、「この女性を自分が守らなければ」「自分が受け止めなくては」と責任感のようなものを抱きます。それが、男性として成長させる助けになることもあるといえるでしょう。

安心したい

彼氏に甘えることで、安心感を得たいという女性も、彼氏に甘えたくなります。

仲の良い彼氏でも、ときにふと、「本当に私のことが好きなのか」と不安になることってありますよね。

なぜ、自分が愛されているのか不安になるのかというと、もとは、自分に自信がないことからくる不安ともいえます。

その不安を少しでも軽くするために、彼氏に甘えて、その甘えを受け止めてくれたかどうかで、彼氏の愛情を試しているのです。

この場合、ただ自分の欲求だけを満たすために、甘えてばかりではいけません。付き合って間もない最初の頃は、彼氏も甘えを受け止めてくれていたとしても、その甘えが過度に継続すると、甘えを受ける方も疲れてしまいます。

あくまでも、時と場合を使い分けて、彼氏に負担のならないような甘えをすることが大切です。

また、彼氏に甘えるという行為以外にも、彼氏の愛情を感じ安心できる場面はほかにもたくさんあるはずです。

大好きな気持ちが抑えきれない

彼氏のことが好き過ぎて、気持ちが抑えられず、ただ単に甘えたいという気持ちになる女性も多いですよね。

とくに、付き合いはじめのカップルなら、なおさら、女性は彼氏ができたことが嬉しく思い、彼氏のことを好きな気持ちで胸がいっぱいになります。

その気持ちを言葉で表すだけでは足りずに、「甘え」という態度で相手に示すのです。

あなたのことが大好きな彼氏も、その気持ちを嬉しく思って、十分に甘えさせてくれるときもあります。

彼氏が甘えさえてくれるときは、存分に甘えましょう。ただし、大きすぎる気持ちは、ときに相手の負担になることもあります。

あくまでも、彼氏のことが大好きであるという気持ちを、感謝の意味を含めて、相手の負担にならない加減で伝えていくのがベストです。

かわいいと思わせられる甘え方6つ

かわいいと思わせられる甘え方6つ

それでは、具体的にどんな甘え方が効果的なのでしょうか。

彼氏に、かわいいと思わせるような甘え方を6つ、ご紹介します。

甘え方が分からないという女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

寂しいと伝える

彼氏に甘えたいときは、実は彼氏の愛情をもっと感じたいという寂しさがあるときでもあります。

そのようなときは、寂しさを我慢するのではなく、彼氏に直接「寂しい」と伝えてみましょう。

もしかしたら、彼氏が仕事や学業で忙しく、十分に二人の時間が取れていないのかもしれません。

そんなときは、彼氏もダイレクトに気持ちを伝えてくれたことに、嬉しく思い、そして「かわいい子」だと思ってくれるはずです。

さらに、大好きな彼女に寂しい思いをさせてしまったことを反省して、より愛情を注いでくれるに違いありません。

寂しい気持ちは我慢しないで、甘えるようにかわいく伝えてみること、これがポイントです。

ちょっとしたお願いごとをする

彼氏に甘えたいときは、ちょっとしたお願いごとを彼氏にするのも、かわいいと思ってくれるため、効果的です。

ここでのポイントは、「ちょっとした」お願いごとをするということです。

たとえば、「次のデートはここに行きたい」「あのレストランで一緒にご飯が食べたい」など、わりと簡単に実現できるようなお願いごとをしてみましょう。

男性は、彼女に頼られたり、お願いごとをされたりするのは、頼られていると感じて、むしろ喜びます。

そして、お願いごとなど自分に頼ってくれる彼女を、より愛おしく思うのです。

ただし、お願いごとも「ちょっとした」ものに留めておきましょう。計画が必要な旅行に行きたいとか、高価なプレゼントが欲しいなどは、逆に彼氏の負担になりかねません。

特別な記念日でなければ、彼氏の負担にならないような、お願いごとに留めておくのが理想です。

さりげないスキンシップをする

彼氏にかわいく思ってもらいたいなら、普段からさりげないスキンシップをするように心がけましょう。

一緒に歩いているときに、腕をそっとつかんだり、手をにぎったりするのも良いですね。

とくに人前で、あまりベタベタとした、過剰なスキンシップは苦手な男性もいますから、もちろんTPOをわきまえてスキンシップをしてみてください。

彼を驚かせない程度に、さりげないスキンシップをすることで、あなたの愛情を彼も感じ、「甘えたいんだな」と思ってもくれます。

そんなスキンシップをするあなたを、彼氏もかわいらしく感じてくれるに違いありません。

笑顔×上目遣いで話しかける

笑顔で、しかも上目遣いで話しかけられるのも、彼氏があなたをかわいく思う甘え方の一つです。

ここでの笑顔や上目遣いも、さりげなく自然に行うのがポイントです。

あからさまに、かわいく思って欲しいオーラを出して、上目遣いの笑顔で話しかけても、それは逆効果です。その場合は、「何か別のお願いごとや依頼があるのでは」「何か隠しごとがあるのではないか」と彼氏もいぶかしがることもあります。

また、彼氏がとても疲れているときや体調の悪いときにも、上目遣いで甘えるような態度は控えた方が良いときもあります。

あくまでも、デート中に二人の雰囲気が良いときに、さらりと笑顔と上目遣いで話しかけると、より効果的でしょう。そんなあなたをみて彼氏も、素直にかわいいと思ってくれるに違いありません。

くっつく

たとえば、二人で並んで歩いているときに、腕を組んで二人の体を密着させるのも、彼氏がかわいいと思ってくれる甘え方です。

自分がもし男性であれば、大好きな彼女と一緒に歩いていて、彼女が腕にしがみついてきたり、体を密着させてきたら、素直に嬉しいと思いませんか?

自分のことが好きで、信頼してくれているのだなと改めて感じることもできますよね。なぜなら、信頼の置けない人に、体を密着させて甘えることはできないからです。

そんな信頼の気持ちを、体を「くっつける」ことで表してくれたことに、男性として嬉しいと思うのです。

そのうちに、彼氏もあなたのその甘え方が、かわいくて仕方がなくなり、抱き寄せてくれるかもしれません。

素直に頼る

どうやって甘えたらいいのか、わからないときは、何も余計なことは考えずに、素直に彼氏に頼ってしまいましょう。

どのようなことでも良いのです。次のデートプランのこと、仕事や学業の悩みごと、物事で分からないことなど、彼氏の意見が聞きたいなと思ったことであれば、なんでも良いのです。

もちろん、彼氏もそのすべてに応えることはできないかもしれませんが、それよりも、自分を頼りにしてくれたあなたに、より好感を持ちます。

やはり、男性として彼女に頼られる、そのこと自体が嬉しいのです。

そして、素直に自分を頼ってくれて、甘えてくれるあなたをみて、かわいいと心底思うことになるのでしょう。

かわいく甘えてふたりの関係をもっと親密に!

かわいく甘えてふたりの関係をもっと親密に!

かわいく甘えてふたりの関係をもっと親密に!

彼氏に甘えたいと思ったら、「かわいく」甘えてしまいましょう。

彼氏がどんな甘え方が好きなのか、いろいろ試してみて、甘えたときに彼氏が一番嬉しそうな反応を見せてくれた甘え方をみつけるのです。

ここぞというときに、彼氏が好きな甘え方が、うまいタイミングでできれば、二人の関係もより親密になるに違いありません。

ただし、彼氏に甘え過ぎて、負担になるようではいけません。

あくまでも、甘えることでお互いが良い気持ちでいられる加減を見極めながら、彼氏に甘えてくださいね!

(【恋愛・婚活】らぶコーチ♡はるか/ライター)

(愛カツ編集部)