バツイチ男性と付き合うメリット

出会いは突然!私たちは好きな人とはいつどこで出会えるかわかりません。

たまたま好きになった相手がバツイチ男性だったなんてことも、往々にしてありえる話。

「好きになったらバツイチでも関係ない!」と、彼一直線になる女性もいれば、「付き合って結婚しても、また同じことになりそう」と不安に思う女性もいるはず。

実際のところ、バツイチ男性によってはさまざまな不安要素を抱えている一方で、未婚男性よりも魅力的な面をたくさん持っています。

そこで今回は、バツイチ男性と付き合ったらどんなメリットがあるのか、付き合うなら要チェックするべきことはあるのかについてご紹介していきます。

バツイチ男性と付き合うメリット

バツイチ男性と付き合うメリット

友人数人で集まれば、そのうちの1人や2人はバツイチだったり、職場の上司や友人の彼氏がバツイチだったり。近年では、離婚経験があっても決して珍しいことではなくなっていますよね。

それにバツイチであることが気にならないくらい魅力たっぷりの男性なら、付き合いたいと考える女性は多いでしょう。まずご紹介するのは、バツイチ男性ち付き合った場合どんなメリットがあるのかについてです。

好きになった男性がバツイチだった、バツイチも恋愛対象だと考える女性はお付き合いの参考にしてみて。

結婚できたという人柄がある

バツイチ男性ということは、一度は女性からパートナーとしてふさわしいと選ばれた人。

今まで結婚のチャンスが全くなかった男性よりも、男性として魅力がある証拠だと考える女性もいるのではないでしょうか?

・それなりの経済力がある
・家庭を持つ覚悟と決断力があった
・心から人を愛せる
・女性の気持ちがわかる

たまにいつまでだっても独身の男性に対して、「性格に難があるに違いない」「恋愛が長続きしないタイプなのかも」と思う女性っていますよね。

一方でバツイチであれば「結婚経験がある=人として安心できる部分がある・信用がある」と判断されやすいのです。

ちょっとしたことで怒らない寛容さがある

バツイチ男性は、離婚したことで一度大切なものを失ったツラさを経験しています。

そのため、わざわざ気持ちが離れるようなことや別れる原因なるようなことはできるだけ回避しようと行動する傾向にあります。

例えばケンカ。もし、自分と彼女の間で意見が対立した場合であっても、感情的にならず自分の方が折れて、彼女の意見を受け入れようと努力している人が多いのです。

注意をされたり指摘されたとしても、イライラせず子供の様に駄々をこねたりもしません。

離婚という人生の荒波を経験してきたバツイチ男性は、他の男性よりも細かい事にこだわらず、寛容さを持っている可能性が高いです。

プライドが高すぎない

バツイチ男性は、プライドが高すぎないことも付き合う点ではメリットになります。

「プライドが高すぎないってことは低いってこと?それって優柔不断で頼りなさそう」と思う女性もいるはず。しかし、プライドが低いのはプライドがないとは違います。

プライド高い男性って恋愛で厄介に思うことありませんか?

筆者の知り合いの男性は、仕事に対しても自分に対してもプライドが高い人がいます。

「俺がこう決めたんだからやる!」と凝り固まった思考でブレないところは尊敬できますが、人の意見を聞かないし、仕事でミスをしても素直に反省できないところには、見ていてガッカリします。

どんな時でも「俺の言うことが正しい」「できる男」と考えている男性を見ると、結婚したらきっと亭主関白になるんだろうな…と想像してしまいます。

つまり、プライド高すぎないバツイチ男性は、あらゆることに対して感謝するこ心を持っています。

離婚時には言えなかった感謝も素直に言えるようになるでしょう。奥さんの意見を参考にして「そういう考え方もできるよね」と、発想の転換ができるのはバツイチ男性の魅力なのです。

家事や育児に慣れている

バツイチ男性の中には、元奥さんとの間に子供がいる人もいるでしょう。

もし彼が子持ちだった場合、「一度失敗したから反省を活かして次こそは!」と、子育てや家事に協力してくれるかもしれません!

彼は子育て経験者なので、自分よりは子供の扱いに慣れていたり、子育ての知識もあったりします。結婚しこれから二人の子供を望んでいる女性にとっては、育児に慣れている男性がいると、助かることも多いはず。

また、元奥さんと一緒に生活をしていた期間はともかく、離婚後フリーになった彼は身の回りのことをすべて自分でこなさなければなりません。

炊事や洗濯、掃除を1人でこなしているため、少なくとも最低限の生活能力があることになりますね。

経験豊富なので女性に理解がある

バツイチ男性の男性は、元奥さんを含む過去にお付き合いを通した人生経験から女心に理解があるメリットも。経験の浅い男性は生理痛などの女性特有の体調不良に関して、あまり理解がないことが多いです。

例えば、デート当日に「生理が重くて今日のデートに行けない」といった時、彼女の体調が理解できなくて不満を露骨に出してしまう男性も少なくありません。

しかし、バツイチ男性は

・生理痛の辛さが理解できる
・ホルモンバランスの影響で起こる体や精神的な不調の理解がある
・すっぴんに抵抗がない
・出かける支度に時間がかかる原因が理解できる
・誕生日や記念日を大切にする

上記のように女性への理解度が高いです。経験したことをしっかり学習しているため、女性が喜ぶポイントを熟知しており、女性の気持ちや体調の変化に寄り添ってくれます。

バツイチ男性を彼氏・旦那にするときにチェックしたいポイント

バツイチ男性を彼氏・旦那にするときにチェックしたいポイント

バツイチ男性は、離婚経験を糧にして女性の扱いに慣れているという特徴があります。結婚の経験のない男性にはない魅力がある反面、逆に不安要素もいくつかあります。

付き合ってから「こんなはずじゃなかった…」「聞いてなかった」とならないためにも、これからお伝えするチェック項目を確認して彼に問題がないか判断しましょう。また、問題があってもそこは乗り越えていける内容なのかも、自分に問いかけながらしっかり見極めていきましょう。

彼の過去について聞きづらい内容もあるかと思います。ですが、自分の気持ちが本気なら、後回しにせずきちんと聞いてはっきりさせておきましょう!

養育費・慰謝料を払っているか

まず、バツイチ男性が元奥さんに慰謝料や養育費を払っているかは、誰しもが気になることでしょう。

男性が元奥さんに慰謝料を支払っているということは、元奥さんに「慰謝」しなければいけない何かしらの理由があったということ。

そして、元奥さんとの間に子供があれば養育費を払う方向になります。

もし、あなたがバツイチ男性との結婚を考えているなら、慰謝料や養育費といった金銭面に関して、パートナーであるあなたが理解をしてあげる必要があります。

男性だけの問題でありながらも「困難を乗り越えながら支払いを完了させる」という意識を持って話し合っておかないと、今後の2人の信頼関係に大きく左右するでしょう。

例えば、慰謝料300万円を分割で払っているとか、マイホームは売却したが、まだローンが8000万円残っているとか。

「聞きづらいから…」と思って触れないでいた結果、結婚後に彼には高額な借金が発覚してビックリした!という話も、決して珍しいことではないのです。

また、養育費の相場は「元奥さんの年収・彼の年収・子供の年齢」などにより金額が変動します。

例えば、彼の年収が600万円だった場合、税金など諸々差し引くと毎月の手取り金額は約35万円。

元奥さんの年収が75~400万円の場合の養育費の相場は、4~6万円と言われています。仮に最高額の6万円を養育費をして支払った場合、彼の手取り金額は29万円に。

29万円から家賃や光熱費、通信費や雑費などを引くと、けっして多いとは言えない額になるでしょう。それでも彼と歩んでいけるのかは、しっかりと考える必要があります。

離婚理由が彼の不倫やDVでないか

バツイチ男性との結婚を真剣に考えているのなら、離婚に至った理由は必ず聞いておくべきです。

なぜなら、男性側の原因で離婚をした場合、同じ理由で離婚を繰り返すことが多いからです。

もし、男性の不倫が離婚の原因であった場合は危険。いつかあなたも浮気されて被害者になりかねません。

他にも、離婚の原因がDVだった場合も要注意。一度その彼とのお付き合いや結婚は考え直した方がいいことも。

彼にとっては思い出したくない、話したくもないこと。なかなか腹を割って話してくれないかもしれませんが、二人の将来のためにも大事な話です。

そもそも一人暮らしなのか・子連れか

まず、バツイチ男性が現在一人暮らしなのか、もしくは子供を引き取っているかなど、彼のライフスタイルを知っておく必要があります。

子連れだった場合、自分で産んでいない他人の子をいきなり育てないといけない状況に。子育ては、おままごとやペットを育てるとは次元が違います。

中には、彼の連れ子を自分の子供として、100%愛情を注ぐことができるか不安に思う女性もいるでしょう。逆に、自分から歩み寄ろうと母親らしく演出しようとしても、彼の子供があなたに懐かないケースも考えられます。

あなたとの子供を作る意思があるか

結婚をすれば、「好きな人との子供がほしい」「母親になることが夢だった」と幸せな生活に期待する女性も多いはず。しかし、すでに子供がいる男性は「子供はいらない」と子供を作る意思がないことも。

お互いの気持ちが一致していないまま結婚をしてしまうと、二人の仲に亀裂が走る原因になります。

デリケートな問題ですが、彼にはお付き合いしている段階で、子供についてどう考えているのかはっきり聞いててくださいね。

結婚式を挙げられるか

バツイチ男性と結婚が決まれば、結婚式を挙げられるか挙げられないかで悩む人も多いです。

ただでさえ、結婚式を挙げることへの関心がない男性。そのため、一度結婚式を挙げているバツイチ男性は「結婚式は勘弁してほしい」と思っている節も。

しかし、女性からすれば、好きな人との結婚式は一生に一度のもの。結婚式は、1つの夢でもありますよね。人生の一大イベントとも呼ばれる結婚式への強い憧れがある女性は、その夢が叶うのか彼の意思を確認しましょう。

また前述の通り、バツイチ男性で慰謝料や養育費を取られてしまっているのなら、金銭的な問題も考えると結婚式は難しいかも。

両親に理解してもらえるか

結婚が決まり、いざバツイチ男性を両親に紹介となった時、二人の関係を理解してもらえるでしょうか?

すでに両親には、彼のことを事前に説明していればすんなり結婚を認めてくれるかもしれません。ですが、自分たちが大切にしているかわいい娘。そんな愛する娘を、一度結婚に失敗している男性を嫁に渡すのは反対だ、という両親の気持ちもなんとなくわかりますよね。

とはいえ、バツイチを隠してそのまま結婚をしてしまっては、後々両親の耳に入った時大きな問題になるかもしれません。そうなってしまわないように、夫婦になりたい気持ちと紹介する前に離婚経験のある人だということを伝えるようにしましょう!

こんなバツイチ男性は要注意!

こんなバツイチ男性は要注意!

バツイチ男性には、女性の扱いが上手で精神的にも大人な人が多いです。ですが、バツイチ男性全員がいい人とは限りません!

では、最後に要注意のバツイチ男性についてご紹介します。以下に当てはまるバツイチ男性がいたら恋愛したところで、辛い思いをするだけなので近づかないようにしましょう!

離婚したことを反省していない

「自分の見る目がなかっただけ」「相手が変わればうまくいく」「運が悪かった」などと言い、全く自分に非がないと考えているバツイチ男性は要注意です。

特に、離婚して1年未満にも関わらず女性を物色しているようなバツイチ男性は、必ずと言っていい程、同じ間違いを繰り返す可能性が高いです。

逆に、男性が「こういう部分で前妻と考えが合わなくて反省している……」などと正直に話してくれたら、失敗を繰り返さないように前向きになっている証でしょうね。

向上心がない

彼は、向上心や野心はありますか?

もし、バツイチ男性が平凡を求める現状維持タイプだった場合、結婚生活に刺激や変化がなく物足りなさを感じるでしょう。

結婚して子供が生まれても、向上心がなければ父親らしくなるための行動を起こさない可能性もあります。家庭を持っても「いい環境を作ろう」ということをしないので、明るい未来を描くことも難しい人物だといえるのです。

離婚理由を教えてくれない

近年では、バツイチということを隠さず、オープンにさらけ出す人も多くなってきました。

しかし、そんな風潮の中、離婚をした理由を聞かれて頑なに隠そうとするバツイチ男性は、危険な臭いがすると思いませんか?

・男性側のDV・浮気
・隠れて借金を作った
・犯罪を犯した

など、理由を聞いた人が一歩引いてしまうようなことが原因なんじゃないか、と怪しんでしまいますよね。離婚の理由を聞いたときにはっきり言わない、曖昧にして誤魔化すといった素振りをする男性は警戒しましょう!

元奥さんや子供に未練がある

元嫁の希望で離婚することになったり、子供に愛情が残っている状態で離婚してしまったり。このようなケースの場合、彼に未練があることも。

離婚後は、子供と定期的に会うこともあるので大抵のことは許せますが、普段の何気ない会話の中に元奥さんを褒めたり、子供や元奥さんとの思い出話がちょくちょく出るようであれば、未練がある可能性大です。

バツイチでも好きだったら関係ない!彼のことを信じるのが大切

バツイチでも好きだったら関係ない!彼のことを信じるのが大切

・離婚の荒波を経験したバツイチ男性は、次こそ幸せになることを目指し女性を大切にする
・これまでの恋愛経験や前の結婚生活のノウハウが役に立つこともある
・子育て経験があるバツイチ男性は、積極的に育児に参加してくれる可能性も高い

今回は、バツイチ男性のメリットや重要なチェック項目などをご紹介してきました。

バツイチ男性は、未婚男性に比べて付き合う前に覚悟することが少し多いだけ。

いいなと思う男性がバツイチだったら最初からマイナスな感情は持たず、彼にしかないいいところをたくさん見つけてみてくださいね!

(愛カツ編集部)