片思いを楽しむ

片思いを楽しいと感じたことはありますか?

「辛い」「苦しい」「切ない」「寂しい」など、ネガティブな感情に襲われることのほうが、多いのではないでしょうか?

でも、片思いを楽しむことができれば、恋が実る可能性がグッとアップするもの!

その理由を解明して、次の恋に活用してみませんか?

片思いを楽しむ

彼に好かれようとすると……?

片思い中、最大の悩みは、「相手の気持ちがわからない」ということかもしれません。

この不確定要素が不安を呼び、彼に好かれよう、嫌われないようにしようと、がんばってしまうわけです。

でも、無理をして好かれようとすると、自分の本当の魅力に気づいてもらえなくなったり、疲れたり……。結局は、すぐにむなしくなって続きません。

まずは、自分を無理に飾らない、自分がしたくないことはしないことを「やめる意識」からはじめてみてください。これが、片思いを楽しむ心の準備になります。

片思いを楽しむ=一緒に楽しむ

片思いを楽しむためには、ズバリ、彼と一緒にいる時間を楽しむことが大切です。

好きな彼と一緒にいるときは、「可愛く見られたい」とか「コレを話しても盛り上がらないかな……」と、考えがちですよね。

でも、自分が楽しいと思えないと、彼が楽しいと思ってくれる時間にすること自体難しくなり、結果、恋が実りにくくなります。

彼と一緒にいるときは、まずは自分が楽しむこと。話したいことを話して、面白かったことを笑いながら話し、彼と一緒にしたいことをしてみましょう。

あなたがそうであるように、楽しく過ごすために求められれば、彼自身も嬉しくなり、あなたに惹かれやすくなるはず。

だって媚びてご機嫌を取ってくる人と、純粋に楽しそうな人、どちらがいいかは、歴然ですよね。

楽しむためにできる工夫とは?

片思いを利用する

片思いを楽しむためには、「不安な気持ち」をコントロールできることが大切。

それはちょうど、波と風を利用して進む帆船に似ているかもしれません。

風を思い通りに吹かせることはできませんが、帆を張ったりたたんだり、帆や舵の向きを変えれば、進みたい方向に進んでいくことができます。

恋も同じく、片思いをしている彼の気持ちをコントロールすることはできません。

でも、自分の気持ちは、自身でコントロールできるはず。舵や帆を調整するように、いろんな角度で考えたり、考えすぎないようにしたり。自身を客観視する癖をつけて、どうすべきか考えていきましょう。

不安をなくすことはできなくても、乗り越え方を身に着けて、会話の駆け引きで彼の気持ちを垣間見ることができれば、少しずつ片思いを楽しむ感覚を掴んでいけるはずです。

おわりに

片思いを楽しむとは、当たって砕けろという意味ではありません。自分の心と相手の気持ちの変化を感じて、それを味わい、心模様を知っていくということ。

感情だけで考えず、ときには理屈っぽく考えてみてはいかがでしょう。

いろんな角度で、いまの恋を見て、自分を知って、相手を感じて。こうやって楽しい片思いにしていけば、彼に与える印象もグッと良くなるはずです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)