男女の価値観の相違

長く付き合ってきた彼なのに、いきなりお別れを告げられた……。

「私のこと嫌いになったの?」と聞いたら、「まだ好きだけど、別れたい」との返事。これって女性には意味がわからないですよね。

しかし、意外にも男性にはこういうことがあるんです。

今回は「まだ好きだけど、別れたい」と思う男性の心理を紐解いていきたいと思います。

男女の価値観の相違

まだ結婚はできない

好きだけど別れたいというときに、結婚が絡んでいることはよくあります。

もし、あなたのほうで結婚をせっついたり、匂わせたりすることがあれば、原因はここにあるでしょう。

男性の中には、彼女のことが好きだから結婚しようというふうにいかない場合も多くあります。

それだけ、男性は結婚に求められているものが多いからなんですね。

夫婦と共働きが増えた今でも、結婚は男性にとってまだまだ家族を養うことを意味します。彼女のことは好きだけど、今の仕事で食べていけるのかを心配する男性は少なくないでしょう。

独身だったら転職も自由にできるし、お金の余裕もできるでしょう。そう思うと、結婚がストレスなので別れようという結論が出るのも納得ですね。

ステージが違う

好きだけど別れてしまう理由に、ステージが違うというものもあります。

例えば、あなたはお金持ちの令嬢、彼は貧乏なサラリーマンとなれば、お互いのステージが違いすぎて、きっとうまくいかないと考えても仕方がないことです。

特に結婚となれば家族の問題も絡んできます。

家を継いでもらわないと困るという家庭や、結婚するならいまの仕事を辞めて実家に戻らないとならないという家庭事情を抱えている人は、好きだけど別れるという選択するほかないことも。

あまりに抱えている問題が違うカップルは、いくら好き同士でも、できないケースも少なくありません。

価値観の相違

例えば、お金の使い方について考え方が違う、仕事に対する考え方が違うなど、価値観が違うと「人としては好きだけど、一緒にやっていくのは無理」と考える人もいるでしょう。

残念ながら、そんな場合も「好きだけど別れたい」ということになります。

もちろん、乗り越えるカップルもいますが、価値観の相違は早い段階ですり合わせておかないと、あとあとになって埋められない溝になる原因でもあります。

価値観の相違を解消

まとめ

色んな障がいがあっても、乗り越えるカップルも、もちろんいます。

だから、彼がもし、好きだけど別れたいと言ってきたらちゃんと理由を聞いてみましょう。

あなたの中で「乗り越えられるかも」と思ったら、別れを選ぶ前に彼に提案してみてもいいでしょうね。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)