同棲や結婚をしたいなら知っておくべきこと

彼と交際が順調に進めばカップルによっては同棲(or結婚)と話が進むこともありますよね。

ただ一緒に暮らす前には知っておいたほうがいいこともあります。

そこで今回は、同棲や結婚前に知っておいたほうがいいことをご紹介。

一緒に生活をするのなら彼のコレは知っておいたほうが円満な生活にしやすいかも。

同棲や結婚をしたいなら知っておくべきこと

「食の好み」もそうだけど「腹八分目の量」 を知る

交際が始まればデートで一緒に食事をしたりするので、相手の食の好き嫌い、アレルギーを知ったりしますよね。

一緒に暮らすことになり、料理をする際には大事な情報になります。ただ、好き嫌いやアレルギーだけではなく、彼の食べる量も知っておいたほうがいいかもしれません。

例えば、彼に料理を振る舞ったところ、彼的に量が多かったらしく、でも「残すと作ってくれた彼女に申し訳ない」と無理に全部食べる……では彼的に食事がちょっと苦痛ですよね?

普段から彼がどれくらい食べているかを観察するのも大事です。

まぁ、わからなくても、盛り付ける時に何度かどれくらい食べるか聞くようにすれば、感覚はつかめるかと。

どうしても譲れないこと

どうしても譲れないことは、お互い知っておいたほうがいいかもしれません。例えば、電気の付けっぱなしは嫌だとか、トイレのドアはちゃんと閉めてほしいとか、

シャワーだけじゃなく毎日湯船に浸かりたいとか、土日のどちらかは自分の時間にしたいとか、朝ごはんはパンじゃなくお米派とか。

何か個人的なこだわりというか、「コレをしないと落ち着かない!」という癖、誰にだって一つや二つあったりしますよね?

譲れないことでぶつからないように、お互いどうしても譲れない部分は一緒に暮らす前に把握しておいたほうがいいです。

とはいっても、自分の中で当たり前になっていることって「譲れないこと」と自覚してなかったりしますからね。

彼と一緒に暮らしてみて『あ、彼と違う』と気づくことも多いでしょう。

まぁ、お泊まりデートの時に彼の行動を観察してみるのもいいと思います。

やっぱり経済状況は大事

彼のお金事情

正直、「愛」だけでは食べていけないです。やっぱり、生活となるとお金も必要になります。

同棲、結婚を考えるのなら、「ただ一緒にいたいから!」という気持ちだけではなく、お互いの経済状況は確認しあったほうがいいです。

だいたいの年収、現在の貯金くらいは将来を考えている相手になら教えてもいいんじゃないでしょうか?

むしろ、そこが謎だと生活しにくいですよ。教えあったら逆に一緒に貯金もしやすくなりません?

将来のためにふたりでコツコツ貯金して、結婚資金にするのもいいでしょう。

一緒に暮らす前に彼のコトを知るのも大事

何も知らずに一緒に暮らして「え、一緒の生活無理なんだけど……」にならないためにも、一緒に暮らす前に知っておいた方がいいこともあります。

一緒に暮らして破局にならないためにも、彼の情報収集をしておきましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)