彼に誤解されやすい言動

最初は両思いだったのに、あなたの言動のせいで徐々に彼の中に「俺って本命?」という疑問がではじめた……では、交際に発展するのは難しくなってきます。

そこで今回は、男子に誤解されやすい言動をご紹介。

好きなら、彼の前でこの言動は控えたほうがいいかもしれません。

彼に誤解されやすい言動

連絡に波がある

女子の中にはLINEで駆け引きをして、相手の気を惹こうとする人もいるはず。

ただ、あまりにも駆け引きしすぎると、男子も「俺、相手にされてないんじゃないか?」「もしかして彼氏できちゃったのかな?」「ん? 俺って浮気相手かキープなのか……?」とあなたの気持ちを疑ってしまいます。

コンスタントにLINEを続けていたと思ったら数日無視したり、ハートの絵文字をたくさん使ってきたと思ったら絵文字なしの素っ気ない文章になったり……では彼も疲れますよ。

誤解されたくないのなら変に波をつけないほうがいいです。

スペックばかり気にする発言

意中のデートしている時、お互いを知るために色々質問したりしますよね。

「性格が合う人と付き合いたい」と思っていても、ついつい相手のスペック(会社の肩書き、年収等)が気になってしまう人もいるのではないでしょうか?

気になるのは普通のことだとは思いますが、、例えば「お家ってどこ? 広さってどれくらい? 家賃は?」「車は何乗っているの?」などそういう類の質問は、交際前のデートでは結構ヘビーです。

“性格が一番だけど、お金のない人は付き合いたくない”という確固たる信念があるのなら聞いてもいいと思いますが……。

たぶん聞かれた男子は「え?お金目当て?」と恋愛温度が下がりますよ。

受け身すぎて脈なしに見える

受け身すぎるのも男子を勘違いさせてしまうかもしれません。恥ずかしくて自分から連絡できない、会っている時も目を合わせられない……では、男子も「好かれてない?」「脈なし?」と不安になります。

交際に発展させたいのなら、脈なしと勘違いされないように気をつけたほうがいいです。まぁ、場数踏んでいる男子なら女子の言動から「あ、恥ずかしがってる!可愛い♡」とわかってくれたりもしますが、そこまで恋愛慣れしてない男子なら、脈なしと勘違いしかねません。

会ってる時は消極的でもLINEでは好意を出すとか、ちょっと意識したほうがいいでしょう。

あまりデートできない

誤解を招く言動

仕事や趣味に忙しくてあまりデートできないのも、男子からしたら「俺って本命?本当は本命彼氏がいるんじゃ?」と勘違いしちゃうポイントかもしれません。

勘違いされないためには、なるべくマメにLINEをしたり電話をしたりして、避けてるわけじゃないこと、他に本命彼氏がいるわけじゃないことを示したほうがいいです。

あまりにもデートの回数が少ないと、どんな男子だって不安になるのでね。

忙しいなら忙しいなりにフォローしてあげたほうが、交際にはつながりやすいし、交際後も続きやすいです。

交際前はデリケート!言動に要注意

交際後ならまだしも、交際前に誤解をされたら、誤解を解くのにエネルギーと時間がかかります。

恋愛温度が下がったり、誤解されちゃうようなことは交際前にはできるだけ控えましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)