素直に食べたいものを言うのがベター

ある日突然「食べたいものある?」と聞いてくる男性っていますよね。

こういうとき、単純に質問されているだけなのか、それともご飯に誘いたいのかなどなど、受け答えに困るときがあるかと思います。

「パスタが好きだけど、パスタが好きって言ったら『一緒に行こう』って言われちゃうのかな」と悩んだり、かと思えば杞憂に終わったり。この質問の裏にはどんな意図が隠されているのでしょうか。

本記事では、食べたいものを聞いてくる男性の心理とその質問への答え方を解説。いつも受け答えに困ってしまう質問もこれを読めば安心です。

食べたいものを聞いてくる男性の心理って?

食べたいものを聞いてくる男性の心理って?

では早速、食べたいものを聞いてくる男性の心理を解き明かしていきましょう。

好きな人に「何が食べたい?」と聞かれたらちょっぴり期待してしまいますよね。「気になるあの人は何を考えているの!?」とドギマギして上手く答えられない方もいらっしゃるのではないかと思います。

実際、食べたいものを聞いてくる男性はどんなことを考えているのでしょうか。

以下では、そんな恋する乙女たちの疑問や不安に真正面からお答えしていきます!

ご飯に誘いたい

食べたいものを聞いてくる男性の心理の1つ目は、「ご飯に誘いたい」。

これは「いきなりデートに誘う自信はないから、女性の気持ちをどう思っているか知りたい」という探りのようなもの。ご飯に誘うきっかけが欲しいので「何が食べたい?」と聞いてくるわけです。

食べたいものを聞かれたからと言ってすぐに脈アリと判断するのは時期尚早ですが、この質問が出た段階であなたへの興味を抱いている可能性は少なからずあります。

せっかくならば「あなたはどんな食べものが好き?」と聞き返して彼の好みも探っておきましょう。

会話も発展させられますし、何かの機会にご飯に誘う口実に使えるかもしれません。

食べ物の好みを聞きたい

食べたいものを聞いてくる男性の心理の2つ目は、単に「食べ物の好みを聞きたい」ということ。

先ほど「ご飯に誘いたい可能性がある」という選択肢について説明しましたが、単なる雑談としてあなたの食べ物の好みを聞きたかっただけの可能性もあるのです。

ただし、相手がとてもグルメな人だったり、食べ物の好みが合ったりする場合は「じゃあ一緒に行こうよ」と誘われる可能性も。

最初は何の気なしに聞いてきているかもしれませんが、気落ちせずに楽しく会話に花を咲かせましょう。

自分で決めるのが面倒だから決めてほしい

食べたいものを聞いてくる男性の心理の3つ目は、「自分で決めるのが面倒だから決めてほしい」という投げやりなもの。

こちらから好きな食べ物を提示してあげるほうが親切ですが、あまりに絞りすぎても相手を困らせてしまう可能性も。

後ほど詳しくご説明しますが、自分で決めるのが面倒だという男性の場合は食べたいものを2択くらいに絞って提案してあげると、相手が決めやすくなります。

「エスコートしてくれないなんて…」と怒らず、自分の好きな食べ物を食べられるチャンスと前向きに捉えましょう。

「食べたいものある?」と聞かれたときの上手な答え方

「食べたいものある?」と聞かれたときの上手な答え方

「食べたいものある?」と聞いてくる男性の心理はわかったものの、「じゃあどうやって答えればいいの?」というのが皆さんが最も知りたいことのはず。

間違った受け答えをして、気まずい雰囲気になるのは避けたいですよね。

相手に負担をかけない答え方の正解はどんなものなのかと考えていると答えに躊躇してしまいがちですが、「食べたいものある?」と聞いてくる男性はあなたの気持ちが知りたいのです。したがって、基本的には率直な気持ちを伝えてあげることがベストアンサーになります。

以下では「食べたいものある?」と聞かれたときにどう答えれば良いのか、上手な答え方をいくつかお伝えしていきます。

選択肢を用意する「イタリアンか和食がいい」

オールマイティーな正解の答え方としては、選択肢を提示してあげること。たとえば、「イタリアンか和食がいい」など、少なくても2~3種類にまで絞ってあげると相手も考えやすくておすすめです。

私はよく「最近イタリアンを食べたからそれ以外で」「ラーメンと牛丼以外なら何でもいいよ」などと伝えるようにしています。NGな食べ物だけ伝えれば、選択肢を広く提示できるので、相手も決めやすいのではないかなと思うのです。

どうしても食べたいものがあるなら1種類だけ伝えてもいいですが、その場合はお店選びを任せきりにするのではなく率先して探し、相手に負担をかけないようにしましょう。

なんでもいいなら「好き嫌いはないから、なんでもいいよ」

食べたいものを聞かれたとき、特にこだわりがなければ「好き嫌いはないから何でもいいよ」と伝えてあげましょう。

このとき、ただ「何でもいいよ」と言ってしまうと、投げやりに聞こえてしまいかねないので「好き嫌いはないから」と添えるのを忘れないようにしてください。

また、繰り返しになりますが「何でもいいよ」と言われると困ってしまう人もいます。

意見を言うのが苦手な女性も多いかと思いますが、男性にばかりリードを求めては「この子といるといつも準備しなくちゃいけないな」と敬遠されてしまう可能性も。

相手が迷っている場合は「強いて言うならラーメン以外かな」などと選択肢を提示してあげると親切です。相手の性格に合わせて臨機応変に対応しましょう。

かわいく「◯◯君のおすすめが知りたいな」

好感度が高い相手には「〇〇君のおすすめが知りたいな」とかわいらしく聞いてみるのも良いでしょう。

意見を求められた男性は「頼りにしてもらった」という感覚になり、気分良くリードしてくれることが多いのではないかと思います。

私も以前、飲み屋をハシゴするのが好きだという男性に「行きつけのお店に連れていってほしい!」と言ったところ、喜んで色々なお店に連れていってくれました。

私自身はデートをリードするのが苦手なので、「負担になっていないかな?」とちょっぴり不安だったのですが、彼は終始うれしそうにしていました。相手を楽しませるのが好きな男性には、おすすめを聞くのがいいのかもしれませんね。

また、おすすめを教えてもらった後は感謝の気持ちと喜びを伝えるのをお忘れなく。相手にもよりますが、「ちょっとオーバーかな?」というくらいにリアクションしたほうが距離が縮まるのでおすすめですよ。

苦手なものがあるときは

もしも苦手なものがあるときはその旨を伝えましょう。

ただし、「中華がいいけどピーマンが嫌いで」などと注文を多くつけてしまうと相手に負担をかけてしまいます。また、一般的に好き嫌いがある人にはあまり良い印象が持たれません。

無理に繕う必要はありませんが、苦手なものがあるときは苦手なものだけを最低限伝えて、それ以外の好みはあまり伝えないようにするのがベター。

「辛いものだけがどうしても苦手なんだけど、あとは何でもおいしく食べられるよ!」など、ポジティブに伝えると印象を崩すこともないのでおすすめです。

このとき、相手に「〇〇くんは嫌いなものはない?」と相手を気遣うのも忘れないようにしてくださいね。

「食べたいものある?」と聞かれたときのNGな答え方

「食べたいものある?」と聞かれたときのNGな答え方

「食べたいものある?「と聞かれたときの模範解答をお伝えしてきましたが、以下ではNGな答え方をお伝えしていきます。

今後のデートに発展するかもしれない大事な場面で地雷を踏むことだけはどうしても避けたいですよね。

「相手の気分を害さないようにしなくちゃ」と思うと萎縮してしまいますが、そう難しいことでもありません。逆の立場になって考えれば答えは明確なです。

「食べたいものある?」と聞かれたときのNGな答え方、早速ご紹介していきましょう!

店名まで具体的に指定する

NGな答え方の1つ目は、店名まで具体的に指定してしまうこと。

どうしても行きたい店の場合は仕方ありませんが、食べ物が相手の好みでない可能性や予算的に難しい場合などもあります。相手を困らせてしまう可能性が大いにあるので、店名まで具体的に指定するのはやめておきましょう。

ただし「この間、こんな店に行って美味しかったよ」といったような情報提供はOK。相手がグルメな方な場合や、食の好みが合いそうな場合は具体的な店名を挙げることで会話が盛り上がる可能性が高いためです。

店名の「指定」はNGですが、雑談レベルの「情報提供」はOKと覚えておいてください。

「絶対にパスタがいい」等料理の指定

NGな答え方の2つ目は「絶対にパスタがいい」等料理の指定です。これも上記同様、相手の選択肢を奪ってしまうため、あまりよくありません。最低でももう1つくらいは候補を残してあげると決めやすくなります。

どうしても食べたいものがある場合は「今日はどうしてもパスタが食べたい気分なんだけど、どうかな?わがまま言ってごめんね」と控えめな態度で気持ちを伝えるのがポイントです。

また、相手が何を食べるか決めるのを本当に億劫そうにしている場合は、代わりに決めてあげるのもやさしさ。最初は控えめなお返事をしつつ、様子を見ながら提案してあげましょう。

価格帯が高すぎる店の指定

NGな答え方の3つ目は、価格帯が高すぎる店の指定。相手の予算もわかりませんし、あまりに高すぎるお店の指定をすると男性のプライドを傷つけるだけでなく、「この子は付き合ったらお金がかかりそうだな…」と敬遠されてしまいます。

これは私の体験談ですが、食べたいものを聞かれたときに友達がいいと言っていたお店を思い出して名前を挙げて調べてみたところ、かなりの高級店で気まずくなってしまったことがありました。

行ったことのないお店に関しては、雰囲気や価格帯を調べたうえで提案したほうが良いですね。

どうしてもリッチなお店に行きたいときは付き合ってからおねだりするのがベター。「毎回リッチなお店に連れて行ってくれる男の人でなきゃ嫌!」という場合は別ですが、まだ親しくなる前に彼のお財布事情を探るのはやめておいたおうが賢明。

お付き合いする前はグッと堪えて、まずは距離を縮めて相手を知ることに努めましょう。

「なんでもいいよ」だけはNG

NGな答え方の4つ目は「何でもいいよ」です。

先ほど「好き嫌いがないから何でもいいよ」はOKとお伝えしましたが「何でもいいよ」だけだと、投げやりで興味がなさそうに思われてしまうのでやめましょう。

また、何でもいいよと言われて張り切ってくれる男性もいれば、負担に思う男性もいます。

もしも「好き嫌いはないから、何でもいいよ」と促してみて、相手が困っているようなら「〇〇さんは嫌いなものある?」などと話を進めてあげるのが良いでしょう。

相手がお店を選んでくれたらまずは感謝の言葉を!

相手がお店を選んでくれたら、まずは感謝の言葉を述べましょう。

あなたのために時間を使い、知恵を絞ってくれたのですから当然のこと。あまり気に食わないチョイスだったとしても、文句を言ってはいけません。

もしも「どうしても自分の好きなものが食べたい」という気分のときは「どうしてもここに行きたいんだけどどうかな?」などと予め伝えてあげたほうがベター。すでに探してもらった後に覆すのはマナー違反です。

「センスあるね!」「楽しみ」等褒めると好印象

お店を決めてくれたときは「センスあるね!」「楽しみ」等褒めてあげると好印象です。これは媚びを売るというわけでなく、素直な感謝の延長線上にあるもの。

感謝の気持ちをあなたの言葉で伝えれば自然な感じに。恋愛以外のコミュニケーションにも言えることですが、「ありがとう」に言葉を添えるだけで魅力的な女性にまた一歩近づきます。

行きたくない店だったら「実は先週友達と行っちゃって、◯◯はどうかな?」と提案

万が一どうしても行きたくないお店を提案された場合は、「実は先週友達と行っちゃったんだ。〇〇はどうかな?」と提案してみる方法もあります。

このときに「〇〇はどうかな?」という提案がないと、単なるわがままなお嬢様になってしまいます。新たな提案を忘れないようにしましょう。

相手の提案を断るわけですから自分からの提案を忘れず、切り出すときは申し訳なさそうにするのもポイントです。

素直に食べたいものを言うのがベター

素直に食べたいものを言うのがベター

・食べたいものを聞いてくる男性の心理は様々
・選択肢を絞り過ぎずに素直に食べたいものの候補を挙げるのがベター

本記事では「食べたいものを聞いてくる」男性の心理と模範解答をお伝えしてきました。

ただし、食べたいものを聞いてくる男性の心理に何かしらの意図が潜んでいることもあれば、何の気なしに聞いていることもあります。

これらは推測不可能なので、思い切って食べたいものを伝えましょう。選択肢を絞りすぎたり、高級店を候補に出したりしなければ、相手の負担になることもありません。それでも相手が決めかねている場合はアシストしてあげるのもやさしさ。

様子を見ながら柔軟に対応できるとベストですね。

(愛カツ編集部)