今回は、女性にプレゼントを贈る男性の心理に迫ります。本命の彼女に、彼がプレゼントを贈る意味は……いつもありがとうという感謝の気持ちを伝えるため、とか、わりと爽やかでわかりやすいこと多いですね。

では、本命の彼女以外の女子にプレゼントを贈る男子のホンネやいかに?

不倫や浮気でもいいじゃない!付き合ってよ!

不倫だろうと浮気だろうと、そんなことは関係ない! 俺はとにかく君のことが好きだ! だから付き合ってよ! という気持ちを込めて、本命以外に贈り物をする男子がいます。
昔も今も、こういうことをするのは、天真爛漫にして(?)元気のいい男に限られます。

でも、わかりやすくていいと思いませんか? 彼からプレゼントを受け取った彼女は、付き合うか付き合わないかの二択をすればいいのだから。こんなにシンプルでわかりやすい贈り物もないというものです。

君は本当は俺と付き合いたいと思ってるでしょ?

ネットには「彼がわたしの気持ちに気づいてくれません」という女子の悩み相談が散見されます。でも、実際には、あなたの気持ちに気づかない男しか世の中にいないわけではない、ですよね?

ちゃんとあなたの気持ちに気づいている男もいます。そういう男は「君は俺のことが好きだよね。であれば、俺と付き合おうよ。だって君、俺としたいと思っているでしょ?」というメッセージを込めて、プレゼントを贈る人がいます。

つまり、彼女のホンネを引き出すためのツールとして贈り物を活用するパターンです。

たしかに女子は、なんらか男子からきっかけを与えられないと、どんなに好きな相手であっても好きと言わない、ましてはハダカにならないのだから、こういう男のプレゼントの活用法は、ある意味では正しいと言えます。

どうかハダカを見せてください

男の中には1000円の贈り物と、彼女のハダカを引き換えにしたいと渇望しているヤツがいます。彼は彼女のハダカの価値を1000円と思っているのか?

きっと思っていないと思われます。彼女のハダカは、この世でもっとも価値のあるもの、くらいに思っていると思われます。がしかし、お金がないから1000円の贈り物を贈ってお願いするしかない!

まあ、あれですよ、ちょっとしたお願いごとをしたい相手に、お中元やお歳暮を贈るオトナと似たような気持ちを持っている男子ということですよ。

これ以上俺のことを好きにならないでください

贈り物って、相手のことが好きだから贈るだけではないんですよね。自分と相手との関係や距離を明確にするために贈るものでもあります。

なので、「これ以上俺に近づいてくれるな。俺には本命の彼女がいるのだ。君のことは友達としては好きだけど、付き合う相手としては見れないのだ。だから俺にこれ以上近づくな」という思いを込めて、高価なものをお送りする男もいるのです。

妙に高価なプレゼントを渡されたら、それは「俺にこれ以上近づいてこないでね」のサインである可能性があるということです。オトナでも、「これ以上近づかないでね」の意図を込めて、やたら高価なお中元やお歳暮をする人っているんですよ。

若い人は……女子はわりとこういうことをしますよね。好きじゃない男子にプレゼントを渡されて、断りきれずもらってしまったら、そのプレゼント以上の金額のものをお返しする女子……いますよね。男子の中にもおなじことをしている人がいるということです。

おわりに

なにはともあれ、贈り物上手な男と付き合ってみてはいかがでしょうか。そういう人は、人の心の機微を知っているので、あなたのことを飽きさせません。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)