硬派男子とのデート

真面目で誠実、男らしいところが魅力的な硬派男子。

でも、恋愛においては自分の方から女性にアピールしたり、距離を縮めたりするのが苦手な面も……。

今回は、男女の体験談を元に、硬派男子とうまく距離を縮めるコツを3つご紹介します。

硬派男子とのデート

1、女性の方から腕を組んでいく

「年上の先輩は、真面目だしぶっきらぼうだけど優しい硬派。絶対付き合いたい!と思って私からアプローチ。やっとデートにこぎつけたときは、思い切って自分から腕を組んだら、顔を少し赤くしながらも嫌がらなかったので嬉しかったですね」(20歳/女性/大学生)

真面目なタイプの硬派男子は、恋愛でも自分から手を繋ぎにいくのは苦手な様子。

いつまでも待っていても仕方ないので、思いきって女性の方から近づいていく方がベターです。

硬派男子の中には手を繋いだり、恋人繋ぎをするのは恥ずかしがる人も。腕を組んだり、服の裾をそっと握るくらいがかわいいですよ。

2、2人で写真を撮る

「紹介で出会った年下の男の子、硬派でかわいいなって思ってたんだけど、彼の方からのアプローチは少なくて。自分から『今日の記念!』って、ツーショット写真を撮ってLINEで送りました。むすっとした顔してたけど、後日会ったときに携帯の待ち受けになってたのは胸キュン」(27歳/女性/歯科衛生士)

インスタ映えするような写真をパシャパシャ撮るのは軟弱、なんて思っている硬派男子も。

でも、せっかくならデート中のツーショットを撮りたいですよね。「写真撮らない?」とか「今日カメラ持ってきたんだ」など控えめなアピールではNG。

「写真撮るよ!笑って笑って!」や「デート記念ね!」など女性の方がリードして、急接近しちゃいましょう。

3、彼の話を引き出す

「あまり自分からは話さないタイプだから硬派って言われます。普段は聞き手役に回ることが多いですが、話の流れで質問をしてくれるなど無理なく僕の話を引き出してくれる女性に出会いました。こういう女性とお付き合いしたいです」(30歳/男性/IT)

自分のことを話すことは少ない硬派男子。でも、実は相手の話を聞くだけじゃなくて、自分の話も聞いてほしいと思っている人も実は多いようです。

「〇〇君の話聞きたいな」や「私はこうだけど、〇〇君はどう?」など、彼が自然と自分の話ができるような質問を投げかけて、彼の話を引き出してあげたいですね。

硬派な彼をおとす技

硬派男子とは直接会ったときに距離を縮めて♡

正義感が強く真面目で恋愛下手だけど、一度恋人同士になったら浮気などの心配が少ない硬派男子。

電話やLINEでのやり取りも苦手な人が多いので、デートで直接会ったときがチャンスです。

女性の方から腕を組んだり、一緒に写真を撮ったりと、さりげなくリードして彼との距離を縮めてくださいね。

(愛カツ編集部)