返信したくなるLINE

LINEは今や、最強の恋愛ツールといっても過言ではありません。

気になる男性から確実に返信がほしい!と思ったとき、あなたはどんなLINEを送っていますか?

今回は、男性が「この子はほっとけない」と感じて、すぐに返信したくなるLINEのテクニックをご紹介します。

返信したくなるLINE

普段は多用するスタンプの数を一気に激減させる

「いつもLINEでバカ話ばかりしてる女友達がいます。彼女はふざけたスタンプを使うのがいつものパターンだけど、この前、突然文字だけで『今、何してる?』ってきたんです。妙に心配になっちゃって、すぐに返信しちゃいました」(37歳/航空会社)

スタンプや絵文字を多用してLINEしてるって女性も多いですよね。

でも、気になる男性から確実に返信が欲しいときには、いつもと同じLINEをしていてはダメ。

特に効果的なのは、“文字だけLINE”にすることです。突然、文字だけになると、男性は不安に駆られて返信をくれるはず!

聞きたいことに具体的な回答例を添える

「高校時代からの女友達がいて、いつもはイイ意味で適当にLINEしてるんだけど、この前、『今度、遊びに行かない?』ってLINEが来たんです。自分と遊びたいって思ってくれてることも嬉しかったので、すぐ『行こうぜ!』って返信しちゃいました」(26歳/SE)

LINEの返信が欲しければ、返信をしやすくする工夫が必要です。

そのため、こちらからの質問やリクエストをただ投げかけるだけじゃダメ。

例えば、「いつか、いっしょにランチにでも行きたいな」ではなく、「今度ランチしない?新しくできたフレンチに行ってみたい」などの具体的な提案を添えるのがコツです。

変化球!突然のボイスメッセージ送信

グッとくるLINE

「女友達からのLINEのプッシュが来てたのでチェックしたら、まさかのボイスメッセージ。電車に乗ってたんで、イヤホンでボイスメッセージを聞いたら、『今日、暇してるんだけど』って一言(笑)『なんだよ、これ!マジやられたわ』ってすぐ返しました」(28歳/会社員)

LINEのボイス機能って、普段あまり使わないですよね。

だからこそ、「えっ?どうしたっ?」とびっくりさせ、LINEの返信をせざるを得ない状況に男性を追い込みます(笑)。

このテクは何度も使うと効果が薄れるので、どうしても返信が欲しいときの伝家の宝刀と考えましょう。

気になる男子からの返信をゲットしちゃおう!

ほっとけないと思わせて、男性からLINEの返信をもらうためのテク。成功の秘訣は、相手の感情を揺さぶることです。

ちょっとだけ不安をあおったり、行動欲を刺激したり、意表を突いたりと、いろいろなやり方があるので、オリジナルのテクを見つけてみてくださいね。

(愛カツ編集部)