LINEのポイント

連絡先交換で便利なLINE。メッセージのやり取りが気軽にしやすいので、今では必須アイテムですよね。

しかし、送信するメッセージだけに気をとられていてはNG!実は内容以外にも男性がチェックしているポイントがいくつかあるんです。

今回は、メッセージ以外で男性がチェックしているポイントをご紹介します。

LINEのポイント

スタンプを押すタイミング

「返事のほとんどがスタンプの女性ってたまにいますよね。正直、会話が成り立たないし、向こうの気持ちがわからなくて困る」(28歳/SE)

「よろしくお願いします」や「了解!」などスタンプだけで簡単に返信できるものは便利で使ってしまいがち。

しかし、あまりにスタンプをポンポンと連続で送っていると、相手も返信に困ってしまい、結果的に会話が続かなくなってしまいます。

また、送る相手が気になる男性だった場合、彼のメッセージに対してほとんどがスタンプだと、適当だと思われ印象が悪くなる可能性もあります。

スタンプを使うときはきちんとメッセージも前後にいれて送るように心がけてみて。

アイコン画像の写真

「画像を盛りすぎて実際会うと全然印象が違ってがっかりした」(25歳/美容師)

「友達の数が増えると、誰か分かりにくくなってる。本人の写真だったら認識しやすくて助かるし、覚えやすい」(32歳/サービス業)

アイコンも、相手の印象を決める重要な要素のひとつ。

「少しでもきれいに撮って、かわいい自分を載せたい!」という気持ちはよく分かりますが、頑張りすぎると、逆に男性からのイメージを下げてしまうことも……。

とはいえ、アイコンが自分の顔ということ自体は、多くの友達の中から、気になる彼に自分の存在を印象付ける方法として◎のよう。

できるだけ自然体の写真を設定するといいでしょう。親しい友達や家族に選んでもらうのもいいかもしれませんね。

プロフィール・トークルームのBGM設定

LINEのコツ

「BGMが自分の好きなアーティストだったら、趣味が合いそうでいろいろ話したくなる」(23歳/飲食店勤務)

自分のアイコンだけでなく、トークルームにも好きな音楽を設定できるBGM機能。

意外と見落としがちなポイントですが、設定しておけばトークルームで好きな音楽を聴いて相手ともシェアできます。

もし気になる男性がいたら、その人の好きな音楽をトークルームのBGMに設定しておくと話が盛り上がるきっかけになるかも!?

可能なら、事前にこっそりリサーチしておきましょう♡

LINEはメッセージ以外もしっかりチェックしよう!

今回ご紹介したように、LINEを使うとき、メッセージ以外のところを見ている男性も多いみたい。

やり取りを始める前から、印象が悪くなるのは嫌ですよね。

相手に好印象を持ってもらうためにも、アイコンやBGMなどさまざまなポイントに気を付けて、LINEを上手に活用しましょう。

(愛カツ編集部)