デート中の無言

デート中に突然の無言タイム……。彼がなにも話そうとしなくて、微妙な雰囲気になったことってありませんか?

でも、実は不安になっているのは女性側だけで、相手の男性は意外と平気なのだとか!?

無言男性の思考パターンを知って、不安の解消に役立てていただければ嬉しいです。

デート中の無言

いま話す必要がないと思っている

女性にとって、会話は共感するためにあるものですが、男性は情報を交換する手段だと考えている人が多いもの。

そのため、情報を交換する必要がないシーンだと感じれば、会話はしなくてもかまわないと思っている男性も多い傾向にあるようです。

1日平均、女性は男性の3倍おしゃべりをしているなんて聞いたことがあります。

ということは「女性の1/3しかしゃべらない男性もいる」とも考えられます。仮にそうであれば、デート中に無言になる時間があるのも仕方ないことだと思えてきませんか?

デート中に男性が無言になったとしても、話したくないわけではないので、自分の話したいことを話せばそれでOK!

大好きな彼女の話なら、ことのほか聞いているだけでも楽しんでくれているはずです。

単に無言の時間も好き

会話が途切れると不安に感じる人もいますが、平気な人もいるものです。

もしかすると、彼は会話が嫌いなわけではなく、「無言の時間も好き」なのかもしれません。

言葉はなく、ただ静かに一緒にいる。大好きな彼女の存在を、言葉以外で感じているのが好きというタイプも。

一度、会話がない雰囲気が好きかどうか、尋ねてみるのがおすすめです。

無言の時間も好きな彼なら、難しく考えず、一緒にボーとできる時間を楽しみましょう。

自信がない男

自分が出す話題に自信がない

一方で、会話に自信がない男性もいます。

なにを言ったら喜んでもらえるか、あの話題はいいのか悪いのか、ぐるぐる考え込んで、結果黙ってしまうのです。

そうであれば、むしろその沈黙は、あなたが大好きだからこそ。彼から話し出してくれる機会が増えるのは、もう少し後かもしれません。

しばらくは、シンプルな質問をしたり、のんびりした何気ない話が楽しいことを伝えたりしていきましょう。

緊張で無関係なことを考えている

意外と緊張しているのかもしれません。

あなたを意識しすぎて、全然関係のないことを考えた結果、意識をあなたから逸らして、落ち着こうとしているなんて可能性も。

これも最初のうちは仕方ないかもしれませんが、意識してもらえるのは嬉しいことですね。

ぐいぐい押して、自分のペースにするより、ゆっくり会話を続けましょう。

「楽しい」「嬉しい」「幸せ」といった気持ちをハッキリ伝えることを意識して! 彼の緊張を少しずつ溶かしてあげましょう。

おわりに

無言の時間があると、不安になる方も多く、つい否定的な予感をしてしまいがち。

しかし、デートをしていることを考えれば、悪い感情を持っているとは考えにくいもの。

彼の気持ちをたしかめつつ、焦らずのんびり楽しむのが一番です!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)