彼に愛される彼女

彼氏がいる、というだけでは幸せは掴めません。

むしろ、付き合ってからが大切で、どんな彼女になるかがその後の幸せを左右するもの。

そこで今回は、愛される彼女になるために心がけることをまとめてみました。

彼に愛される彼女

女として人として成長する

恋をするたびに成長してきた人も多いでしょう。

終わった恋から学ぶこともありますが、付き合ってからも、自身の成長は欠かせません。

女として成長するとは、相手を立てるべき時に立てられる、相手のプライドを傷つけずに育てられる、自分の要求を上手く通すなどが挙げられます。

いままでの経験を振り返り、彼の反応をよく観察しながらアプローチを変えてみることができるとよいでしょう。

経験を積み、反省生かすことで、少しずつ成長していけるはずです。

愛情表現のバリエーションが豊か

嬉しい! 楽しい! 愛してる! こういったプラスのものだけでなく、寂しいときや嫉妬心などでも愛情表現することができます。

笑顔+言葉ではなく、表現や伝え方のバリエーションを豊かにすれば、きっと、いまよりももっと、彼氏の心を惹き付けられるはず。

たとえば、ギュッと腕を抱きしめて嬉しい気持ちを伝えたり、くすぐったいところを指でつついて嫉妬していることを伝えたり、両手を広げてハグを求めて寂しさを伝えたり……。

いろんな技の組み合わせで、表現の幅を広げる工夫をしてみてはいかがでしょうか。

変わらない個性をもっている

愛され女子の特徴

成長すれば変わるところもあるかもしませんが、あなたの根本である、他人とは違う部分はありのままで大丈夫。

むしろ、それを魅力に感じてもらえることも多いはずです。

彼の好意を得ようと、合わせすぎたり、尽くしすぎたりしないことがコツ。

「彼を好きな自分」を大切にすることで、変わらない個性を持ち続けることができます。

ときたま、自分のどんなところが好きなのか、彼に確認してみるのもいいかもしれません。

一緒にいる時間を大切にする

付き合いに慣れてくると、ふたりで一緒にいる時間が当たり前のものになりがち。

でも、愛される彼女は、どれだけときが経っても、ふたりで一緒の時間を大切にして、それを上手に伝えることができます。

たとえば、お決まりのデートコースであったとしても、今日この日のデートは、これっきりだと意識すれば、彼とのコミュニケーションが愛しく思えるはず。

「今日は、○○の話が面白かった!」と、デートごとに感想を伝えたり、「せっかくだから一緒に行こうよ」「そしたら○時まで一緒にいられるね」と、その日そのときを大事にしたり。

こんなセリフが言える彼女であれば、きっと愛されるはずです。

おわりに

彼氏ができたら、ほっと一安心……。でも、そこから自動的に幸せになれるわけではありません。

お互い「あなたがいて幸せ」と感じられる恋にするためにも、「もっと愛されたい」という願いを持って、心を伝え合っていきましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)