LINEで興奮

彼氏をキュンキュンさせたい! と思ったことはありませんか?

そんなときは、手元のスマホを使って、プチエロLINEを送るといいかもしれません。

もちろん、「プチ」で、エロ全開な内容ではないのでご安心を。それでも、その「プチ」は、彼氏の妄想を引き立てるもの。

今日からさっそく試してみませんか?

LINEで興奮

彼氏目線の写真で「おはよう!」

朝起きたときに、おはようLINEを送ることはありますか? そんなときに使えるのが、彼氏目線で撮った写真。

たとえば、スマホのカメラを、上からのぞき込むように撮ったり、となりで添い寝しているような目線で撮ったり。寝巻のキャミやシャツなど、ゆるい服ならなおよし。

まるで、彼女が隣にいるような感覚に、彼氏は朝からキュンとくるはずです。

ただし、いつもやっていると飽きられてしまうので、月に一度や、週末・休みの日限定などでふいに送るのが◎。

付き合いたてではなく、恋人関係に慣れてきた頃にやってみるのがおすすめです。

「隣にいたら○○してあげるのに」

「いまなにしてるの~?」と、なんとなくLINEで尋ねることってありますよね。そんなときも、プチエロLINEのチャンス!

テレビを見てるなどなら、「隣にいたら、横に座ってギューってしてあげるのに」、ベッドでゴロゴロしてるなら「隣にいたらイタズラしちゃうかも!」など、少しスパイスになるようなコメントを入れてみてください。

ただし、そのままエロトークで盛り上がりすぎないように。「なんちゃって!」と可愛く冗談めかして、後は彼に妄想させるのがベターです。

風呂上がりの自撮り写真

プチエロLINE

ありがちですが、男性は女性の風呂上り姿(濡れた髪や火照った頬)に、いろいろな妄想をしてしまうもの。

「お風呂入ってた~」などのメッセージとともに、写真を送ってみましょう。

ポイントは、「彼氏のために撮った」という感じを出すこと。

「好きだからこんな姿も送るんだよ」といった気持ちが暗に伝わるようにできる、自然で飾らない写真がおすすめです。

「もし○○なら」で妄想し合う

普段はあまり実行できない、実現できないシチュエーションを、LINEで妄想させる話題提供をしてみるのもおすすめ。

たとえば、「私が看護婦さんだったら、どんな看病を期待しちゃう?」など。

彼氏が好みなら、先生と生徒、社長と秘書など、ありがちなシチュエーションを言ってみたり、ファンタジー的要素で妄想し合ったりするのもあり。

とはいえ、ここでも盛り上がりすぎず、「あ、私ってそんなイメージなんだ(笑)」「そういうの好きなんだ~(ニヤニヤ)」などで、会話自体はアッサリ終わらせるのがコツです。

おわりに

狙いは、プチエロLINEの後も、彼氏の脳内に焼き付かせること。

これを少しずつ繰り返していけば、デートで会ったときには、彼の心をグッと引き寄せることができるはずです。

下着がチラリと見えるくらいのイメージで、LINE戦を仕掛けてみましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)