「この子はないな」と感じるLINE

LINEのメッセージがきっかけで男子の恋の炎が一気に冷めてしまうことがあります。

今回はそんな残念なことにならないように、男子が「この子はないな」と感じてしまうLINEのメッセージを5つお伝えします。

「この子はないな」と感じるLINE

1.相手を心配させるメッセージ

「嫌なことがあった」、「すごい凹んでダウン」といったような相手に心配をあたえるようなLINEのメッセージを、残念女子は男子に気を惹くために送ってしまいがちです。

一方で、すぐに男子としては仕事などの関係で連絡をしてあげることができないことも現実としては多いでしょう。

そのため、こういうメッセージは、結果として男子に“心配”のストレスを長い間かけてしまうことになります。

仮に男子が心配して連絡を後程取ってくれたときに「大丈夫だよ」と伝えたとしても、連絡を取るまでの間中男子は気にかけてしまいます。

何度か続くと男子が精神的に疲れてしまい、「この子との恋愛は無いな」と感じてしまいますので注意しましょう。

2.返事が大変な質問のメッセージ

「週末はどこで何をするのですか?」、「今日はXXXをしてどういうところが楽しかったですか?」といったような、相手がいちいち詳細を書かなくてはならないLINEのメッセージを、残念女子は男子に送ってしまいがちです。

根掘り葉掘り聞かれるということで、監視されているようなストレスを男子は感じてしまうことがあります。

そういう意図が無かったとしても、LINEは文字面だけなので読み手側は思った以上に強い印象を与えがちです。

男子はこういうところから付き合ったら面倒かもしれないと考えはじめるので、恋が進展しにくくなります。

3.気があることを伝えるメッセージ

「XXさんのこともっと知りたい」、「XXさんのことかなり気になっています」といったような、「自分は気があるよ」といったLINEのメッセージを、残念女子は相手に送ってしまいます。

恋人になっていないのにこういうメッセージを送ることは、実は恋の成就には結び付きづらいです。

男子はこういったLINEのメッセージを受け取ると、確実に油断をします。

そうなると、返事が遅くなったり、他の女子を優先したり…結果として残念女子から心は離れていってしまいます。

「自分は気があるよ」と匂わすようなLINEのメッセージは、後一押しで恋人になれる、そんな勝負のタイミングでのみ使うようにしましょう。

でないと、逆効果に働くということを理解しておきましょう。

4.忙しいアピールのメッセージ

「この子はないな」と感じるLINE

「バタバタしています」、「XXさんは忙しいですか?」といったような忙しさアピールや、相手の忙しさを確認するようなLINEのメッセージを、残念女子は男子に送ってしまいがちです。

この忙しさアピールというのは、事前にしておくのであればまだ良いのですが、事後だと“言い訳”として男子の目には留まってしまいます。

「忙しいと連絡が後回しにされる」というストレスを男子は感じてしまいますので、恋愛対象として一気に優先度が低くなります。

5.返事を催促するメッセージ

「LINEのやり取りは嫌いですか?」、「少し期間が開いてしまいましたが、返事お忙しくてできないでしょうか?」といったように、相手に催促するLINEのメッセージを、残念女子は男子に送ってしまいがちです。

男子は催促をされると、それだけでかなりプレッシャーを感じてしまいます。

「LINEのやり取りは嫌いですか?」といったような答えづらいメッセージの場合はなおさらです。

LINEがコミュニケーションの手段のすべてではありませんので、LINEの返事が来なくて不安な場合には、電話などの他の手段も試してみましょう。

おわりに

今回のヒント、いかがでしたでしょうか?

LINEは日々やり取りをすることが多くなりますので、予期せず男子の気持ちを冷めさせてしまわないようにしましょう。

今回のヒントを参考に、ぜひ日々のLINEメッセージを見直してみてくださいね。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)