LINA名前スタンプ

恋人と仲良くLINEのやりとりはできていますか?

何げなく恋人とLINEをしている女性も多いかもしれません。

でも、普段のやりとりの際に意識してLINEができると、二人の仲はもっと深いものになるはず。

今回は、恋人との愛が深まるLINEの仕方を3つご紹介します。

嬉しそうな男性

1、恋人の名前スタンプを送る

LINEのスタンプって、たくさん種類がありますね。

好きなキャラクターのスタンプを使っている女性も多いとおもいますが、せっかくの恋人関係なので、相手の名前が入ったスタンプをお互いにプレゼントし合ってみてはどうでしょうか?

スタンプによっては、ハートマークが入っていたり、「大好きだよ」といったコメントが入っていたりするものもあります。

言葉では恥ずかしくて伝えづらい彼も、スタンプなら想いを伝えやすいかもしれません。相手の名前が入っていることで、そのスタンプは特別なものとなるはず。

相手しか使えないスタンプということで、お互いを意識する気持ちが強まり、二人の関係がより引き立つでしょう。

LINA名前スタンプ

2、ときにストレートに本音を伝える

会っていてもその場で、自分の本音が言いづらいことはありませんか?そのときのお互いの雰囲気もありますし、付き合ったばかりだったら、なおさら面と向かって本音が言いづらいですね。

だからこそ、LINEでは普段言うことができない気持ちを伝えている女性もいるかもしれません。そうした使い方をしていると、二人の関係はLINEでますます深いものになりそうです。

たとえば、「大好きだよ」「会いたい」といったひとこと、「いつもありがとう」という感謝が、まさにそうではないでしょうか。

「急にどうしたの?」と、彼におもわれるかもしれませんが、ひとことでも正直な気持ちを送れると、相手はあなたの気持ちがわかって、うれしいとおもいます。

なんとなくおもいは伝わっていても、そのおもいがLINEのひとことで、確信に変わるかもしれませんね。

3、自分の行動を報告する

デートの当日。待ち合わせ場所まで、行動の行方を報告し合ってみてはどうでしょうか?

たとえば、「いま、〇〇」「もうすぐ〇〇」など。

そうした報告がその都度できる関係って、どうでもいい相手にはしないですし、お互いに相手のことを想い合っている関係とも感じられるのではないでしょうか。

また、相手からそういった些細なことも報告があると、相手を身近に感じて、よりいっそう愛が深まるのだとおもいます。

仕事でも報連相は大切ですが、カップルでも報連相を徹底できると、二人の仲はますます強固なものになりそうです。

おわりに

LINEひとつでも、二人の愛は深めることができます。問題は「どうLINEをするか」です。

恋人同士だからこそ送り合える、ちょっとしたLINEが二人の関係を深めるコツになります。

ぜひ工夫して、意識して、LINEで二人の関係を深めてみてください。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)