楽しいデート中に、彼氏が急に不機嫌になってしまった…そんな経験がありませんか?

もしかしたらそれは、彼氏が密かに嫉妬をしていたからかもしれません。

今回は、彼が密かに嫉妬していることを12星座別に占ってみました。さっそくチェックしてみてくださいね。

おひつじ座(3/21~4/19)…他の男性を褒める

負けず嫌いなおひつじ座の男性。

そのため、嫉妬していたとしても平気な顔をして見せます。

特に密かに嫉妬してしまうのが、他の男性と比べられた時でしょう。

プライドがとても傷ついたと感じてしまうので、彼の前で他の男性を褒めるのはNGです。

おうし座(4/20~5/20)…先に行かれた

滅多に怒らない温厚なおうし座の男性。

しかし、密かに嫉妬してしまう瞬間があります。

それは「今度一緒に行こうね」と言っていた場所に、彼女と友達が先に行ってしまったと聞いた時。

なぜ自分とじゃなく? ふたりで行きたかったのに…と嫉妬してしまうでしょう。

ふたご座(5/21~6/21)…趣味に嫉妬

嫉妬心も執着心も薄めなふたご座の彼。

基本的に自由でいたいだけに、彼女にも「ひとりの時間を楽しんでいてほしい」と思っていますが、

デートの時に「趣味が楽しい」と言われると、自分はいなくてもいいのかな…と密かにその趣味に嫉妬してしまうのです。

かに座(6/22~7/22)…彼女の友だちに

愛情深いかに座の彼。

彼女のためなら苦労も厭いません。

そんなかに座の彼が密かに嫉妬してしまうのが、デートしている時にばったり会った、彼女の友だちに対して。

「一緒にお茶する?」と言いながらも「せっかくのデートなのに…」と嫉妬してしまうのです。

しし座(7/23~8/22)…他の人へ頼みごと

いつでも自分が一番! のしし座の男性。

嫉妬なんてしないよ、といったポーズを取りますが、ちょっとしたことでも嫉妬します。

特に密かに嫉妬するのが、彼女が他の人へ頼みごとをした時。

自分を頼ってくれない、とがっかりすると同時に、頼んだ相手に嫉妬してしまうのです。

おとめ座(8/23~9/22)…先を越される

冷静で穏やかなおとめ座の男性は、嫉妬していてもそんな素振りを見せることは少ないでしょう。

ただし、完璧主義な一面が嫉妬心に火をつけます。

誰かのアイデアやプランが先を越されて採用され、自分のが二番煎じになってしまった時に、嫉妬してしまうのです。

てんびん座(9/23~10/23)…実はとても嫉妬深い

バランス感覚バッチリなてんびん座。

しかし男性の場合、実はとても嫉妬深い一面を持っています。

彼女の前では嫉妬している素振りを見せないようにしますが、同僚男性や学生時代の男友達の話をするだけで、ニコニコ聞いていても密かに嫉妬心を燃やしているのです。

さそり座(10/24~11/21)…飲み会などの報告の遅れ

心を開いた恋人に誠実でありたいと思い、相手にもそうであることを期待しているさそり座の男性。

実は、嫉妬深いことを自覚しています。

特に嫉妬してしまうのが、飲み会などに参加している彼女からの連絡が遅れがちな時。

信頼していても、もしや…と思うのです。

いて座(11/22~12/21)…自分より優れた男性の話

束縛されるのが苦手ないて座の男性は、嫉妬することは少ないものの、それでも案外そんな瞬間があるのです。

それは、自分が自信を持てない分野に長けている男性の話を彼女がする時。

「へーそうなんだ。すごいね」と言いながら、内心は嫉妬しているのです。

やぎ座(12/22~1/19)…知らない人物のこと

誠実でマジメなやぎ座の男性は、好きな彼女のことをしっかり把握しておきたいと考えています。

そのため密かに嫉妬してしまうのが、自分の知らない人物の名前が出てきた時。

男女問わず「誰それ?」と心の奥で嫉妬し、平静を装いながら彼女の話を聞いているのです。

みずがめ座(1/20~2/18)…他人からのプレゼント

もともと執着心も薄く、嫉妬することが稀なみずがめ座の男性。

とはいえ、嫉妬する瞬間がないわけではありません。

深いこだわりで厳選したプレゼントよりも、他の人(家族や友人など)がプレゼントしたものを彼女が身につけていると、密かに嫉妬するのです。

うお座(2/19~3/20)…女友達との話

愛情深いうお座の彼は、嫉妬心も強い傾向があります。

さらに密かに嫉妬してしまうのが、彼女が「女友達と遊びに行った時の話を、楽しげに報告した時」です。

「自分よりも友達の方が楽しいの?」と、嫉妬心を隠しながらも「良かったね」と話を聞いているでしょう。

さいごに

いかがでしたか?

嫉妬心を見せなくても、密かに嫉妬してしまうことはあるもの。それは男女問わずと言えるでしょう。

また、嫉妬はちょっとしたスパイスになる場合がありますが、彼の嫉妬心を煽りすぎると痛い目に合いますから、気をつけましょう。(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)