愛される彼女

「彼氏からの愛がもっと欲しい!」と思うことはありませんか?

中には、最近彼氏から愛されている実感がなくて、お悩み……。という方もいるかもしれません。

今回はそんな方に向けて、彼氏を夢中にさせるコツをご紹介します。

いつものコミュニケーションを少し工夫して、彼氏の心をグッと引き寄せていきましょう。

愛される彼女

一緒にいることを特別視する

付き合っているんだから、デートやキスは当たり前? たしかに、結果や状況だけを見るならそうかもしれません。

でも、デートやキスをするのは、付き合っているから、ではなく、「相手のことが好きだから」です。あなた自身がまずは、彼との日々を当たり前と思わず特別視してみませんか?

そして「お仕事がんばったら週末にデートしよ!」といってみたり、「今日はいつもよりかっこよくて、ドキドキしちゃった」と言いながらキスをおねだりしたり。

デートやキスをご褒美のように扱えば、それだけ特別感が生まれるもの。当たり前の日々ではなく、スペシャルであること。それを共感してみることから始めてみませんか?

彼氏を撮って自分だけのものに

ときには、好きな気持ちをワガママに表現することが、彼氏の心を惹き付けるケースも。

たとえば、デート中のなにげない横顔をスマホで撮って、自分だけのものにしてみましょう。LINEで送ったりせず、大切に保管してみませんか?

どんなふうに写っているのか気にさせることもできますし、「なんで撮ったの?」「恥ずかしいじゃん」なんて会話にも貢献してくれます。

その後、一緒に撮った写真を並べて、そのひとつが彼の横顔だけなんていうのも◎。

あなたの部屋に自分の写真が飾ってあるのを見ると、「そんなに俺のこと好きなの!?」なんて、嬉しくなるはず。ちょっとお茶目に好きな気持ちを表現してみましょう。

夜のデートを当たり前にしない

変化球デート

夜のデートの扱いも、彼の愛を勝ち得るために工夫していきましょう。

普段は学生並みに夕方までのデートにするとか、ディナーまでで帰るとか。そして、深夜や朝まで一緒にいるのは特別な日だけにするなんて言う方法も。

その特別なデートの日には、雰囲気を大人っぽく色っぽくを意識して。そうすれば、普段とのギャップや、特別感でドキっとさせることができ、その夜のデートを、忘れられないものにできます。

なんとなく深夜まで一緒にいるデートが多いよりも、数少ない特別なデートの思い出を作るほうが、より強く愛されるようになるはずです。

関係性にもよりますが、活用できそうな間柄なら活用してみては!?

彼氏の部屋に私物を置いておく

彼氏の部屋に、自分の部屋着や、マグカップ、毛布などを置いて、マーキングしておくのもひとつ。

それを見るたび、彼はあなたの姿を思い浮かべることになります。

特別感のあるもので目立たせよう、アピールしようするのではなく、生活感のあるものがおすすめ。「〇〇置いといてもいい?」と彼に聞いてみませんか?

おわりに

どれも、特別難しいものではないはずです。ポイントは、彼氏との日常を、どれだけ特別なものに引き立てられるか、ということ。

尽くしたり、お金をかけたりするのではなく、「好き」という原点の気持ちを、上手に盛り上げていきましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)