初対面の女性と会うのは、どうしてもドキドキしてしまうもの。

ドキドキすると、感情の起伏が激しくなります。

そんな場面では、女性のちょっとした発言が男性を傷つけたり、喜ばせたりしてしまうもの。そこで今回は「初めて会った女性に言われて嬉しかったセリフ」というお題で男性陣にインタビューしました。

かっこいい

「かっこいいね、と言われると嬉しい」(20代・看護師)

かっこいいという言葉は、男性にとってシンプルにうれしいもの。この方の場合、女性の仕事という偏見がある職場で働いていて、そこで男性としての評価をされているという点でも、嬉しかったとのこと。どこが、どんなふうにかっこいいか、具体的に指摘できるとよりよさそうです。

その服似合ってるね

「服が似合っていると言われると、自分のセンスに自信が持てるので嬉しい」(30代・編集)

初対面のときには、特に見た目に気を遣うもの。服は全体の印象を決めるときにとても大切なものですし、体全体を見て評価する要素とも言えます。30代であれば、自分の体型にも不安を抱く年齢。

体型にもOKを貰えた気がして、さらに嬉しい傾向にありそうです。この話題に続けて服のブランドなどの話に膨らませることもできるので、会話を続けるための、便利な言葉とも言えそうです。

雰囲気あるよね

雰囲気あるよね
「雰囲気あると言われると嬉しくてニヤリとしてしまう」(20代・営業)

恋愛関係では、雰囲気があるという表現がポジティブな言葉として使われることの方が多いように感じます。「〇〇くんって、なんだか雰囲気あるよね?」と周りに同意を求める形で発言すればもっといいかもしれません。

この言葉のいい点は、さらなる説明を求められて言葉を濁しても、悪い雰囲気にならないところ。雰囲気がいいというのはあくまで言語化しにくい感覚的なものですから、うまく説明できなくても許されるのです。

面白い!

「初対面の女性に面白いと言われるともっとしゃべろうと積極的になれる」(20代・総合職)
これは、しゃべることに対して自信がない人にも◎。発言の後押しをするのに有効です。くすっと笑ったりしてから言えば、説得力が増すもの。ちょっとでも面白いなと思ったら、必ず伝えてあげましょう。

彼女いるの?

「彼女いるの? と聞かれると嬉しい」(30代・医師)

「自分は彼女になれるかな?」と、思っているふうにも映るこの言葉。このセリフは、好意から出てくる言葉として受け取りやすいものです。こんなふうに言われると、女性側に対しても、彼氏の有無や気になる男性のタイプなどをストレートかつ自然に聞きやすくなります。つまり、男性にとっては二重に嬉しい言葉と言えるのです。

おわりに

初対面でどんな言葉をかければいいかというのは、特に異性相手だと難しい問題ですよね。相手の気持ちを傷つけず無難にというのもいいですが、こうした言葉を使って好感度アップを狙ってみてはいかがでしょう? さっそく次の出会いから使ってみれば、思わぬロマンスに発展していくかもしれません!!

(秋佳 珠/ライター)

(愛カツ編集部)