結婚してから更に好きになった妻の部分

結婚すると付き合っているときとは関係性が変わってしまうことがあります。

恋人から妻や旦那、父親や母親となり、お互いの役目が変わってくるというわけ。

その結果、お互いが居て当たり前という関係になってしまうことも。

しかし、中には結婚してからもっと妻を好きになったという男性もいます。

そんな人たちの声を今回は集めてみました。

結婚してから更に好きになった妻の部分

失敗を爆笑

「ついこの間、嫁が出かけていたのでカレーを作って待っていようかなって思ったんですよね。

そしたら、圧力鍋が爆発して壁中にカレーが飛び散って「ヤバい」と思って急いで掃除してたんです。

そしたら、その途中で妻が帰宅しまして、『何してんの?』って言ったのち、部屋の大惨事を見て『おい~』っていって腹抱えて笑ってましたね。そういうとこ好きです」(Dさん・29歳男性)

男性の失敗を責めるのではなく笑って許してくれるという部分がとても好きなのだそう。

しかし、圧力鍋の爆発はやり過ぎなのでは?因みに、そのとき「カレーを作ろうとしてくれてありがとう」といったのだとか。

秘密の独り言

結婚してから更に好きになった妻の部分

「この前、仕事が早く終わって予定の時間よりも早く家に帰ったとき、『この時間、嫁は何してんだろ』とか『実は不倫してたりして』とかちょっとドキドキしながら静かに家の中に入っていったんです。

そしたら洗濯物を畳みながら西野カナの『Darling』って歌のダーリンの部分を俺の名前に変えて楽しそうに歌ってました。超可愛かったです」(Oさん・31歳男性)

旦那さんと結婚できたことを喜ぶ奥さんの姿をみると、より奥さんのことが好きになってしまうようです。

思わず吹き出したら「え!ちょっとなんで居るの?もしかして今の聞いてた?」と凄く慌てていたそう。その姿もまた微笑ましいですね。

シャッターチャンス

「残業して家に帰ったらテーブルの上に晩飯がおいてあったんです。『嫁はもう寝ちゃったか』って思って寝室を覗いたら寝顔が可愛かったのでちょっと眺めてたんですよ。

そしたら、『ほらシャッターチャンスだよ~』って小声でいってきたんですよ。

『雰囲気が台無しだよ~』って呆れた感じで返したんですけど、そんなやり取りが実は好きです」(Eさん・33歳男性)

ちょっとふざけたやり取りができるというのも夫婦ならでは。

この奥さんはベッドに入ってはいたものの、旦那さんが帰ってくるまで起きて待ってくれていたのだとか。

そういった部分も男性からすると嬉しいもののようです。

旦那さんと奥さんは相思相愛!

お話を聞いていると、男性ばかりが奥さんのことを好きなのではなく、しっかりと奥さんの愛情も伝わってくるエピソードが多かった印象です。

以心伝心ではないですが、お互いに好きだからこそ、いい関係が築くことができるのかもしれませんね。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)