彼から「重い」と言われてしまったことってありませんか?

男性からの愛情を求めすぎてしまったり、束縛してしまったりして男性を追い詰めてしまうことってありますよね。

男性が重いと思ってしまうことというのはどういったことなのか。今回はこの「重い」ということをテーマにお送りします。

承認欲求が高い

承認欲求が高い
「承認欲求っていうんですかね、そういうのが強い過ぎる女性は重いですね。例えば、他の女性のことを見ていると“なんであの女のことみてるの?”って言う人」(Hさん・25歳男性)

自分だけを見てほしいといった感情が強いと重い女性となりがち。

とくに男性を責めるような口調で「なんで?」といったり、「何やってるの?」といったりする感じ。

同じ焼き餅を焼くなら「よそ見しちゃダメ!」といって頬を膨らませるようなポップさがあるといいかもしれません。

自分の非は認めない

「自分の非は認めない女性っていません? 自分のことは棚に上げて相手を責める人。そういう人と一緒にいるのは疲れますね」(Eさん・27歳男性)

例えば、「今どこにいるの?」と執拗に連絡を求める感じ。

男性が嫌がっても「心配なの」といったり「好きだから聞いてるの!」と答えたりしていませんか?

男性からすると「コントロールしたいだけ」のように感じてしまうようです。

できれば、「私は今、お家でパスタを食べています。あなたはどこで何を食べていますか?」といったようにちょっと冗談交じりに聞いてみるといいかもしれません。

「会いたい」の連呼

「“会いたい”って言われると確かに嬉しいんですよ。でも、それを連呼されると重いなって思いますね。必ずしも会えるわけじゃないし、会うためには睡眠時間を削ったりして大変なんですよね」(Mさん・28歳男性)

男性からすると、次の日仕事だから早く寝たいけど、「会いたい」と言われたら無視するわけにもいかない。

そういうことが続いて「しんどい」となってしまうわけです。

なので「仕事が落ち着いたら会いたいな」といったように送ると相手の予定を考えている気遣いが見えるのでおすすめです。

距離を置かれると不安

「距離を置かれると不安がる人っていませんか? 例えば“仕事が忙しいからしばらく会えない”みたいなことを言うと“なんでよ!”みたいな。分かってくれよって思う」(Eさん・30歳男性)

仕事が忙しくて会う時間が取れないという仕方のない事情なのにもかかわらず、「なんで? 会おうと思えば会えるでしょ」といった反応を見せると「重い」となってしまうようです。

こういった場合は男性を責めるような口調をやめて、「ヤダもん! 会いたいもん!」と可愛くだだをこねるようにするといいでしょう。「重い」から「可愛い」に印象が変わります。

言い方を少し変えるだけでも印象が変わる!

「重い」と言われてしまうことが多い女性は、自分が他人からどう見えているかを意識するといいかもしれません。伝え方を少し変えるだけでも相手が受け取る印象が違ってきます。冗談交じりに伝えたり、甘えた言い方をするといいかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。
(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)