つい男子が聞き入れたくなるお願いの仕方

あなたは、男子に「お願い」をするのは得意な方ですか?それとも苦手?

「男子にお願いって何か媚びててヤダ……」「可愛い子がお願いするから聞いてもらえるのよ」なーんてひねくれてはいませんか?

実は、何でもすぐやってもらっちゃう女子は、男子へ何かを頼むときに、うまくお願いしているだけ。

しかも、簡単な方法なんです。

そこで、「喜んでやってあげるよ!」と男子がつい聞き入れたくなっちゃうお願いの仕方を3つ、ご紹介いたします。

つい男子が聞き入れたくなるお願いの仕方

「忙しいから後回しでいいからね」と気を遣う

男子へお願いするには、付け加える言葉が大事。相手の状況を考えずに、思いついたから「今やって!お願い」と突然言ってしまうと、男子も「え、今は忙しいのにな……」と聞き入れる気にならないかもしれません。

そこで、「お願いしたいことがあるんだけど……」と切り出した後がポイント。

お願いしたいことを言った後に、「忙しいだろうから、後回しでいいからね!」と相手を気遣う一言を付け加えてください。

仕事場で直接言う場合はもちろんのこと、LINEなどでお願いしたいことがあっても、この一言を入れるだけで違います。

相手も「ちゃんと気を遣ってくれているんだな」と分かり、「いいよ、今時間できそうだからやってあげる!」と、むしろ快く引き受けてくれるかも。

ただし、急ぎでやってもらいたいときにはNG。

このお願いの仕方をすると、本当に後回しになることもあるため、後回しでも承知でお願いすることがポイント。

そうすることで、お願いされた方もプレッシャーを感じず「出来る限りやってあげたい」となります。

「○○くんだからお願いしたくて……」と強調

また、男子にお願いしたいときに、「誰でもいいからやって!」という投げやりな感じだと、「別にオレに頼まなくても……」とやる気が起こらないことも。

なので、「○○くんだからお願いしたいの」とか、「○○くんしか頼める人がいなくて」など、特別感を込めて可愛くお願いをすること。

「あなただから」という含みを入れ込むだけで、男子も「オレにできることならもちろんOK!」と喜んでやってあげたくなっちゃうはず。

つい男子が聞き入れたくなるお願いの仕方

「そっちのお願いも何でも言ってね」とドキドキさせる

最後に、お願いすることにプラスして、ドキドキさせちゃうことで、更にやる気を後押し!

まず、「~してほしいな」と言った後に、「もし私にお願いしたいことがあったら何でも言ってね」と付け加えること。

これで、男子は「えっ何でもいいの?」「何をお願いしようかな……」と心の中でドキドキしちゃうはずです。

そんなこと言われたら、はりきっちゃって、「何でもするよ!」と前のめりになってあなたのお願いを叶えてあげようとするかも。

もちろん、逆に男子に無理なお願いを言われたら「そのうちね!」とうまくはぐらかして。

如何でしたか?

男子へのお願いにハードルの高さを感じている人は、一言付け加えるなど、お願いの仕方に工夫をしてみてくださいね。

自分がお願いをして、男子も喜んでやってくれたら、お互いが嬉しいもの。

どちらにもメリットがありますよね。実践してみないのは損!

(麻生アサ/ライター)

(愛カツ編集部)