ラブラブカップル

恋人同士のはずなのに、いまいち距離感のあるカップルっていますよね。

奥手だったり、気遣い屋さんだったりすると、どうしても遠慮して熱烈になりきれない傾向にあります。

最初は初々しくて良いけれど、ずっと距離が縮まらないでいると、別れの危機が訪れるかも!?

そんな悩める恋人たちのために、試してほしいデートテクを伝授します!

ラブラブカップル

ドキドキしたり興奮できるデート場所をセレクト

デートをする時に一番のポイントとなるのが行き先選び。

彼との距離を縮めたり、好意を持ってもらえたりできるおすすめのデートスポットは、実はいっしょにドキドキできる場所だったりします。

例えば、テーマパークのアトラクション。恐怖体感を共有することで、そのドキドキが恋愛におけるドキドキと錯覚を起こす、心理学で言う「吊り橋効果」が得られます。

また、長距離ドライブも良いでしょう。運転席と助手席なら物理的にもかなり接近できます。

車内という密室でこの近だと「何か起きるのかも?」とお互いにドキドキも高まります。手を伸ばせばすぐ届いちゃいますからね。

完璧なデートにしようとしない!

デートを成功させたいという思いが強いほど気合いを入れるもの。

しかし、彼に気に入られようとするあまり、ぎこちないファッションや、考えすぎた会話で、空回りしてしまうことも少なくありません。

距離が縮まるデートには気合いは不要!多少のドジや失敗上等です。

気を抜いた方がお互いリラックスできて素を見せられるし、お茶目な部分を見せた方が親近感を抱いてもらえるものですよ。

呼び方や言葉を変えてみる

距離感の縮まらないカップルの中には、きちんとしようとするあまりお互いの呼び方が堅苦しいままのケースも。

例えば、苗字で「○○さん」と呼び合う状態では、距離感を縮めるどころか、進展とは程遠いもの。

苗字ではなく、下の名前や愛称で呼び合ってみましょう。それだけでグッと打ち解けられます。

また、今まで敬語を使うことが多かったなら、少しずつタメ口も入れていきましょう。

友達以外でタメ口が許されるのは相手を信頼しているからこそ。自分の家族や友人のことを話題にすると、より近い関係になれるでしょう。

カップルの距離を縮める

おわりに

会う時間を増やし、デートを重ねることで恋人間の距離を縮めることができます。

濃密な時間を過ごせるなら会う回数は少なくても大丈夫ですが、今回の悩みケースではそもそもそれが難しい方も多いかもしれません。

上記のようなテクを気にかけるだけでデートのよそよそしさが減り、2人の距離は近づいていくでしょう。

できることから少しずつ見直してみてくださいね。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)