男の照れ隠し

男性は特に恋愛に関しては、照れや恥ずかしさからうまく行動が取れなくなったりもしやすいです。

なんだか素っ気なく思えてしまう言動でも、実はそれは照れ隠しのひとつであったりもします。

そこで今回は、実は男が「照れ隠し」で見せている行動を紹介します。

男の照れ隠し

視線を合わせようとしない

気になっている女性とは、男性はなかなか目と目を合わせることができません。

でも、気になっているのでチラチラと見たりはしてしまうので、目が合った瞬間に慌ててそらしたりなんてこともよくしがち。

目を見るのが恥ずかしかったり、ドギマギしているのがバレたくないという思いは強いもの。

余計に目を合わせないようにするのでしょう。

自分のことを見てくれないからといって、必ずしもあなたのことが嫌いというわけでもないので、早とちりはしないでくださいね。

みんなの前では冷たくする

ふたりで話しているときなどはそうでもないのに、みんなの前になると急に冷たく突き放すような扱いをする。

それはあなたに好意を持っていることが、みんなにバレないようにするために取っている行動である可能性も大。

恋愛関係のことで、みんなに冷やかされたりイジられたりするのを男性はものすごく嫌がるので、必要以上に冷たく接してくるのかも。

でも、困っているときにはやさしく手を貸してくれたり、頼ったら助けてくれたりするのなら、やはりあなたのことは気になっていると言えるでしょう。

しつこくイジってくる

男の照れ隠し

好きな女性のことをイジったり、からかったりちょっかいを出したりするのは、男性が照れ隠しで取る行動の典型。
あなたの注意は引きたいけれど、素直に好意をぶつけたりはなかなかできないので、ちょっかいを出すという形になってしまうのです。

ちょっと馬鹿にするようなことを言ってきたり、いたずらを仕掛けてきたりするのは、コミュニケーションをはかろうとしている表れでもあります。

ただ、悪ノリをしてくるケースもあるので、嫌なことを言われたり、不快な気持ちにさせられたりするのであれば、はっきりと伝えるようにした方がいいですよ。

「上から目線」で接してくる

好きな女性や気になっている女性には、「カッコイイところを見せたい」という気持ちが強く働きます。

そのため、自分はデキる男であると示すためにも、上から目線で接してくるようにもなりがち。

偉そうでちょっとカチンときたりすることもあるかもしれませんが、別にあなたのことを見下しているわけではないのかも。

上から目線ではありながらも、助けてくれようとしたり心配してくれたりする場合は、「俺がなんとかしてあげたい」という気持ちもあるのでしょう。

おわりに

好きな女性に対しては、男性は変に意識をしすぎておかしな言動を取ったりもしがち。

それは好きの裏返しでもあるので、そこは誤解をしないであげてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)