気遣いができる彼女

女子からアレコレ尽くされると「重い」と感じる男子もいますが、ちょっとした気遣いを「重い」と感じる男子はそういないもの。

むしろ「いい子だな!」と好感を持ち、喜びます。

そこで今回は、重くない気遣いをご紹介します。男子は女子のこれくらいの気遣いが好きみたいですよ。

理想の彼女

奢ってもらったお礼にちょっとしたモノ

「食事デートで奢ったら、『じゃぁタバコをプレゼントします!』って帰り道のコンビニでタバコ2箱買ってくれた。ただ『ごちそうさま』だけじゃなくちょっとしたお礼があると奢った甲斐もあるよね」(30代/IT)

「本気で口説きたくて、食事も映画も全部奢ったら、次のデートで『この前ありがとうね♪』って可愛いクッキーを買って持ってきてくれた」(40代/広告)

ただ奢ってもらうだけなく、ちょっとしたお礼があると男子も奢ってよかった!と思い、また奢りたいと思うもの。

高価なモノでなくていいので、お礼の気持ちを表現してみて。

自分の趣味の話を熱心に聞いてくれる

「自分の好きな漫画の話を楽しそうに聞いてくれただけじゃなく、実際に『Netfl〇xにあったから1話から一気に観てる!』って連絡もらったときは嬉しかった」(20代/金融)

相手が興味持っていることに興味を持つのも、ある意味気遣いなのかもしれません。

つまらなさそうに聞かれるよりも、楽しそうに聞いてくれた方が男子としても嬉しいですからね。

先回りした行動

気遣いができる彼女

「ドライブデートで彼女を待ち合わせ場所に車で拾いに行った時、近くのカフェでコーヒー2つ買っていてくれた。ちょっとした気遣いってすごくキュンとするし、『この子は素で気遣いのできる子なのかもな』って思う」(30代/保険)

彼がいつも何を飲むか知っているのなら、ドライブデートなどの際、先回りでドリンクを買うのも素敵な気遣い。

尽くすのではなく、先回りくらいの行動くらいが重くなく、受け取りやすいでしょう。

ときには放っておいてくれる

「普段はかまってと甘えてくる彼女が、仕事が忙しい時期そっとしておいてくれた。空気が読めるというか、こちらの状況に応じて対応を変えられるんだなと。仕事のジャマをしない彼女って最高だと思う」(30代/IT)

「何かをする」 のではなく、「何もしない」のも気遣いです。

彼が忙しそうな時に、しつこく連絡したりするのではなく、彼が落ち着くまでそっとしておくのも優しい気遣いですから。

普段から彼の観察をすれば気遣いもスムーズに

自己満足な気遣いではなく、彼のことを考えての気遣いが男子としては嬉しいもの。

普段からちょっとしたことを気にかけるだけでも、男性からは気遣いできる子だと感じられ好感度も上がります。

あなたもぜひ、今回ご紹介した気遣いを実践してみてください。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)