こわいLINE

いつでもどこでも手軽に連絡がとれるLINEは便利ですよね。

もはや私たちの生活には欠かせないLINEですが、使い方を誤ると破局の原因になるかもしれません。

今回は、離婚経験者から破局しがちなLINEの特徴について聞きました。

どんなLINEが危ないのでしょうか……。見ていきましょう。

こわいLINE

大事なことをあえてLINEで言う

「直接言ったらケンカになりそうなことは、家にいてもLINEで伝えてました。結果、険悪なLINEになってしまったり、顔を合わせてよりなにも言えなくなってしまいました」(Aさん・20代女性/会社員)

すれ違いの生活で仕方ないならともかく、同じ屋根の下にいるのなら直接話した方がいいような気がします……。

これはお互いに「家にいるんだから直接言ってよ」という気持ちになりそうです。それに大事なことなら、やはりきちんと話し合う必要がありますよね。

LINEは気軽に相手にメッセージを送ることができる便利なツールですが、大事な話をするときにはあえて気軽に話題にはせず、あくまでもコミュニケーションを助けるのためのツールとして使うように工夫しましょう。

不満を長文LINEで一気に伝える

「いつも言えない不満をLINEで伝えようとすると、かなりの長文になりました。何度かそれを送っちゃいましたし、相手からもきましたね。

LINEは消せてもなかなか消す行為をしないので、結局後になってもそのときのLINEを見て気分が悪くなることに…」(Bさん・30代女性/パート)

LINEは口で言うのとは違って、いい意味でも悪い意味でも文章として残ってしまいます。

不満をつづったLINEを改めて読み返してしまうと「あのときもそうだった」という気持ちになってしまいますね。

不満は言いにくく、自分の中でためがちになりますが、やはり小出しにして相手に伝えるようにした方がいいかもしれません。

余談ですが、筆者もケンカになったときにたまっていた不満を一気に伝えると、「そのときに言ってよ」と夫に怒られることがあります。

都合が悪い内容のLINEは無視

「答えたくないようなお願いなどには一切返信せず、都合が悪い話は無視していました。結果、こちらのお願いも無視され噛み合わなくなり、連絡手段としてLINEを使わないし”旦那はアテにならないから頼まない”というスタンスになりました。結局頼れない旦那の存在意義がわからなくなり、離婚しました」(Cさん・20代女性/公務員)

自分が送ったLINEが無視されると、悲しいですよね。

相手のお願いをすべて聞く必要はありませんが、無理なら無理、ときちんとその内容に対して返事をした方がいいでしょう。

「LINEしてもムダ」という風になってしまうと、相手に伝えることへの諦めが生まれてしまい、話し合いをするのも難しくなってしまいます。

相手と向き合いコミュニケーションをとるのが大事

破局しがちなLINEはどれも自分本位な内容であったり、コミュニケーションの方法を間違えて知った際に、起きてしまうものだということがわかりました。

LINEはコミュニケーションを助けるためのツールなので、一方的に送ってしまわないよう、思いやりを持つことが大事だと思います。

そして、きちんと相手には向き合ったコミュニケーションをしましょう。

言葉で言えないことをLINEで送ってしまいがちですが、言いにくいことこそ、LINEではなく直接話すようにした方がいいのかもしれませんね。

直接言うとケンカになることもあるかもしれませんが、ケンカができないカップルは問題ありでしょう。

コミュニケーションをとりながら、ケンカをしつつ、仲は深まっていくもの。

LINEをうまく活用しつつ、顔を合わせた直接のコミュニケーションも大切にしてくださいね!

(コンテンツハートKIE)

(愛カツ編集部)