デートをパターン化させないためには?

マンネリになると、相手のことが本当に好きなのかも分からなくなる時ってありません?

デートがパターン化してしまうとどうしてもマンネリになりやすいです……。

そこで今回は、デートがパターン化しないために取り入れたいことをご紹介。

鮮度を保つためにも、デートに変化を!

デートをパターン化させないためには?

デート中、テンションが上がることを1つ以上する

映画観て、夕飯食べて、彼の家にお泊まり……という定番のデートもいいですが、これではあまりテンションが一気にグンと上がることないですよね?

穏やかなデートも素敵なのですが、例えば、映画の後にゲーセンに寄ってマリ〇カートで勝負したり、太鼓の〇人で盛り上がるのもアリかと。

なんやかんやゲームってテンションが上がるし、自然に笑顔になっていたりしますからね。

筆者もデート中、ゲーセンを見つけたら必ずと言っていいほど寄って、1つだけ対戦をします。

たまにはサプライズで喜ばせる

たまにはサプライズで喜ばせるのもいいものです。相手の誕生日はもちろん、なんでもない日のデートだって、サプライズは楽しいですよ。

筆者、過去付き合っていた人との会話で「駄菓子が好き」と言ったんです。

そしたら、彼それを覚えていたらしく、その次のデートで横幅30cmくらいの紙袋に駄菓子をいっぱい詰めて持ってきましたよ。笑

相手を喜ばせるために何か計画を立てるのって楽しいし、マンネリ防止にもいいかと。

筆者の女友達は彼氏の家に行った際、彼が吸ってるタバコを1カートン「いつもありがとう♡病気になれという意味ではありません。笑」というメッセージ付きで冷蔵庫にこっそり入れて帰ったことがあるそう。

やっぱり彼氏さん喜んでましたよ。

3回連続で同じようなデートはしない

あとは3回連続で同じようなデートをしないことですかね。

別に「何回連続で同じデートでも満足!」というのならそれでいいのですが、さすがに連続だとどこかで飽きますからね……。

2回似たようなデートをしたのなら、3回目はガラッと違うデートを。

例えば、2回連続で家デートをしたのなら、3回目は水族館やテーマパークに行ってみるとか。

また、ホテルのスイーツビュッフェや商店街の食べ歩き、一緒にジョギングやボルダリングなども楽しいかもしれませんよ?

何回連続同じデートでもドキドキして楽しいのは最初の3ヶ月くらいです。

3ヶ月で別れないためにも、たまには違うデートで鮮度を保ってみてください。

デートをパターン化させないためには?

マンネリにならないように工夫!

マンネリにならないためには、テンションが上がるようなこと、爆笑すること、新しく体験することを積極的に取り入れたほうがいいです。

長く続く関係を目指すなら、マンネリがこないようにデートもちょっと工夫しましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)