「結婚向き女子」にシフトする方法

今は一人でいるほうが楽しいし、結婚はまだいいかな。なんて思っている間にどんどん月日は流れて行ってしまうものです。

気付いたときには「あれ?私ずっと一人?」なんて思う日も遠くない将来に訪れるかもしれません。

そこで今回は結婚できない女子が「結婚向き女子」にシフトする方法を紹介していきます!

結婚が現実的になるための要素をチェックしていきましょう!

「結婚向き女子」にシフトする方法

1、週に2日だけでも料理をする

仕事が忙しい女性やプライベートな時間に忙しい女性の多くは、ランチは外食かコンビニで済ませることも多いのではないでしょうか。

そんなあなたも週に2日だけ、自分で作って持って行ってみると、周りの男性陣からの反応も違うことでしょう。

昔から言われているように、男性は無意識ではありますがいつまでも母親を求めております。

そして、少しでも家庭的な雰囲気を感じられる女性の方が魅力的に思います。

「若くてきれいな女性は好きだけど、いざ結婚して料理や家事ができなさそうな人は敬遠してしまうかな。
プロ並みの料理は求めないし毎日すみからすみまで掃除をして欲しいわけではないけど、
簡単な料理でいいから料理が出来る女性の方が結婚相手としては魅力的かな」(営業職/40代男性)

料理だけではなく家に掃除・整理整頓も普段からしていると、ふとした時の仕草で家庭的な雰囲気が感じられるようですね。

2、身の丈に合った生活をする

独身の時のほうが、お給料は生活費を除けば自分の自由に使える方も多いのではないでしょうか。

欲しいブランドのバッグや洋服・靴、はたまた自分の趣味のものの購入を自分の裁量で決められますよね。

毎日違う洋服を着て、毎日違う店での外食などをして、わたしはそのために働いている!という方もいるでしょう。

しかし、男性から見るとそんな女性はお金のかかる人だと思われがちで、結婚相手の候補として考えてもらえない可能性大です。

付き合っているときはおしゃれな彼女が自慢な男性も、いざ結婚を意識し始めると途端にお金に対してシビアになることがあります。

結婚したら金がかかりそうな彼女が結婚を匂わせてきた時点でフェードアウト…なんて事もありえますよね。
何も買うなというわけではなく、背伸びをした生活を一回やめてみる。

自分の身の丈に合った生活をしてみると、自分が何にどれだけお金をかていたのかがわかります。

また、どれだけ不要な買い物をしているのかがわかって、少しずつ計画性をもったお金の使い方が出来るようになります。

3、わかりやすく媚びる女を卒業

「結婚向き女子」にシフトする方法

男性は女性に頼りにされると喜びますが、わかりやすく媚びる女にはあまり興味を持ちません。

わかりやすく媚びる女はある程度経験のある男性からは面倒に思われます。

それよりも素直な姿をそのまま男性にも見せるといいのです。

素直な姿をみて離れていく男性は結婚しても長くは続きませんから、その場合はこちらから遠慮しましょう。

「若い女性に媚びられると男は嬉しいよね。でも、30を過ぎた女にわかりやすく媚びられても僕は面倒かな。結婚相手としては見れないね。

それよりも同じ価値観で、自然体で付き合える女性が魅力的に見えるかな」(金融業/30代男性)

男性の前で猫を被っておしとやかな女性を演じたり、わかりやすく媚びをうってみたりするより、
素直な性格で楽しい時間を共有できる女性の方が男性たちは結婚後の楽しいイメージがわきやすくなります。

そして、結果的に結婚相手として候補に挙がりやすくなります。

4、少しずつ結婚向きな女性へ…!

いかがでしたでしょうか?

男性は女性が思っている以上に日常の様子を見ていたり、会話を聞いています。

普段の生活を少し変えてみると自分の意識も変わってきて自然と自分の理想とする結婚相手が近づいてくるのではないでしょうか。

これまで3つのポイントを紹介してきましたが、一番大切なことは結婚にあせらない事!

堂々として、「結婚向き女子」へシフトさせていきましょう!

(コンテンツハートKIE)

(愛カツ編集部)