アラサーにもなってくると、結婚を前提とした交際を望む女性が多いはず。

たとえば「2年付き合って、半年同棲してから籍を入れたい」など、具体的な計画を立てている人もいるでしょう。

しかし彼氏によっては、何年付き合っても結婚話が出ないことも……。むしろ結婚の二文字を出すだけで、彼が不機嫌になってしまう場合もあります。

そこで今回は「何年付き合っても結婚にたどり着けない彼氏の特徴」について3つご紹介します。

何年付き合っても結婚にたどり着けない彼氏の特徴3つ

1.多趣味or1つの趣味にお金がかかる

趣味から彼と知り合って、交際・結婚の流れとなるカップルもいますよね。

しかしあまりにも彼が多趣味だと、それだけで満足してしまい、結婚まで至らないことがあります。

また2人分の生活費から式をあげるならその費用、また家を買うならローンなど……。籍を入れたらいままでとは全く異なるお金がかかってきます。

そんな中、費用がかかる本気の趣味があると、結婚をためらいがちに……。仮に結婚までは辿りつけても、子どもはお金がかかるから当分いいやとも言い出しかねません。

もし彼の趣味が生活の大半を占めているようであれば、結婚のしがらみになるかもしれません。

2.常に刺激が欲しい

いままでモテてきた男性も、ある程度の年齢になると「落ち着きたい」と考えるようになります。

しかし常に刺激が欲しいタイプの男性は、まだまだ結婚は眼中にありません。

筆者の知人のAくんも、3年付き合っている彼女がいるけれど、正直まだ遊んでいたい、刺激が欲しいのが本音なんだとか。

そのため正社員で働いてはいるけれど、業務内容に飽きてしまい、もっと楽しそうなイマドキの仕事を探しているそう。

そしてとにかくオシャレ重視のため、30歳を過ぎても派手なヘアスタイルやファションをしています。

もちろんオシャレするなとは言いませんが、年相応に落ち着けないってことは、それだけ気持ちも幼い証拠なのかも。結婚が遠のくのも無理ないでしょう。

3.女性の気持ちがくみ取れない

出産のタイムリミットがない男性は、正直「別にまだ結婚しなくてもいい」と思っていることが多いもの。

それでもなぜ結婚に踏み切るのか?

理由としては「彼女の気持ちを考えたら、そろそろ責任を取らなきゃ」との思いがあるから。だからいわゆる適齢期に結婚ラッシュが起きるのでしょう。

でもいつまでも結婚が考えられない男性は、その女性の揺れ動く気持ちがくみ取れません。

「焦って結婚しても意味なくない?」「周りが結婚したってよそはよそ、うちはうちじゃん」と思っているのです。

こういう男性ってほかの面では優しい部分があっても、根は優しくありません。

「そろそろ結婚したい」と言っても取り合ってくれないのであれば、ここでサヨナラするべきなのかも。

おわりに

結婚したいのであれば、「結婚できる相手」を恋人に選ぶことも大切です。結婚するとなると、お互いの人生を共有することになります。

ですから、お互いのことを理解しあえる、そして譲り合えることが重要になってきます。

これから婚活を考えている人がいたら、今回ご紹介した内容を参考にしてみてください。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)