年下男子

昔は年下男子との恋愛は考えられなかったけれど、年齢を重ねるごとに、年下も視野に入れはじめる女性は多いはず。

しかし年下男子はある意味未知の世界。接しかたを間違えてしまうと、「やっぱりタメか年下が良いな」と思われてしまう可能性も。

そこで今回は「年下男子と恋愛をする際に、踏んではいけない地雷」についてご紹介します。

年下男子

子ども扱いや上から目線にならない

「年下で女の子と並ぶくらい、かわいい顔をした彼。そのためつい『スッピンでその顔は羨ましい!』など、女子扱いをしてしまった。でも彼からするとそれが面白くなかったみたいで……。結局自分を男として見てくれる人がいいと、フラれてしまいました」(30歳/営業事務)

彼が年下だと、つい弟扱いしがちに。でもそもそも女性から「かわいい」と言われて嬉しい男性ってあまりいないですよね。

しかも、年上彼女に言われたとなると、複雑な気持ちになるでしょう。

また変にお姉さんぶって「頑張っているのはわかっているんだよ?」など、上から目線になるのもNGです。年齢は関係なく、あくまで対等に接するようにしましょう。

過去の恋愛を暴露する

「私は以前同級生と付き合っていて、いまでもたまに同窓会とかで会うんです。それを年下の彼につい言ってしまったことがあって。それから彼の態度がよそよそしくなって、ついに『○○ちゃんには俺なんかより、大人な男性のほうが合うんじゃない?』と言われてしまいました……」(28歳/接客)

女性が年上だと、少なからず恋愛経験はあるんだろうなと思うのが一般的。過去に嫉妬しても意味がないと思いつつ、やはり元カレの影がちらつくと不安になります。

特に元カレが自分より年上で、さらにデキる人だと知ったら……。彼のプライドはズタズタになる可能性が大。

器の小さい男になるのはイヤなので嫉妬を隠していても、いつか爆発する日が来ます。

過去の恋愛は地雷となる可能性が高いので、余計なことは言わないほうが良いでしょう。

必要以上に結婚をほのめかす

「付き合って3ヶ月の年下彼氏に、『私は結婚前提なんだけど、○○くんは?』と言ったら、すごくビックリされた。後日『俺は、そういうつもりじゃなかったから。ゴメン』とフラれました」(29歳/一般事務)

すでに結婚前提で話が進んでいるなら良いのですが、そうじゃない場合、やたら結婚をほのめかされることも重いもの。

「俺のことが好きなの?それともただ結婚したいだけなの?」と思います。

これが年上男性であれば、周囲が結婚していく様子や、結婚に焦る女子の相談なども多少は受けているはず。

そのため結婚願望が強い彼女の気持ちも、理解できる面があるでしょう。

しかし就職してまだ間もない、周囲もまだ独身が多数となると、年下男子はまだ結婚は考えていない可能性が……。

「彼とは絶対に別れたくない」との気持ちが強いのなら、結婚の話は少しずつ話していく必要があるかも。

おわりに

年下男子はまだ恋愛に慣れていなかったり、結婚したい女性の気持ちがイマイチ理解できない場合があります。

だからこそ年下男子には、少しずつ距離を縮めていく方法が合っているのかもしれませんね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)