男性から「愛してる」なんて言葉をかけられた日には、とってもハッピーな気分になる女性も多いはず。

なのに、なかなか面と向かって「愛してる」と言ってくれる男性は少ないもの……。

なぜ「愛してる」と素直に言ってくれないのか、男性の本音を聞いてみました!

わかってほしい!男性が「愛してる」と言わない理由3つ

1.はっきり言うのが照れくさい

「彼女のことが好きすぎて、愛してるって言いたいんだけど、きっかけがなくて……デートのたびにタイミングを逃してます」(27歳/公務員)

「面と向かって言うのが照れくさすぎて言えない」(24歳/インストラクター)

本心では言いたくても、なかなか恥ずかしくて言葉にできない男性もいるようです。

もしかしたら、大半の男性はこの理由から「愛してる」と言えないのかも。

「愛してる」という言葉は、恥ずかしがりやの男性からすると、大胆すぎてハードルが高いワードのよう。裏を返せば、それだけあなたのことを思っている証拠とも言えます。

そんな恥ずかしがり屋の男性には、まずは自分から「愛してる」の言葉を伝えてみるのもひとつの方法。

女性から言うことで、男性側から言いやすくなるかもしれません。

2.言葉にしなくても伝わってると思ってた

「愛してるっていちいち言わなくても、わかってるから別に言わなくていいと思ってた!言ってほしいなら、教えてよ~」(28歳/IT関連会社)

お互い気持ちが通じ合ってお付き合いをいているのだから、わざわざ改めて「愛してる」の言葉は必要ないと思っている男性も。

「愛してる」と言ってほしいあなたの気持ちに気が付いていない男性には、はっきりと伝えるのがおすすめ。

どうしてほしいのか伝えれば、その気持ちにきちんと答えてくれるかもしれません。

いいムードになった際、思い切って「私のことそう思ってる?」なんて、素直に聞いてみてくださいね。

3.そもそも言わなくていい!と思っている

「そもそも、愛してるって言わなきゃいけないのかな~って思ってる」(24歳/アパレル関係)

「愛してるって言う男、なんか気取ってるヤツみたいで、俺は言いたくないですね」(25歳/証券会社)

「愛してる」を口にしたくないという男性の意見もありました。

ロマンチックすぎたり、気取っている感じがしたりと、「愛してる」の言葉に、ちょっぴりマイナスのイメージを抱いているのかもしれません。

そんな男性の気持ちをくんで、他の形で愛を確かめてみるのもひとつの方法。

記念日や誕生日をきちんとお祝いしてくれる、デート中にあなたを気にかけた行動をとってくれるなど、「愛してる」という言葉がなくても、その男性なりのあなたを思う行動を見極めてみてくださいね。

「愛してる」という言葉は深い!

男性のタイプによって、「愛してる」に対する様々な思いがあるようです。

言葉ではっきりと表現できる男性もいれば、行動で示すタイプや心に秘めておくタイプなどさまざま。

あなたが愛している男性のタイプを見極めて、それぞれの愛の形を大切にしてくださいね♡

(愛カツ編集部)