男子は付き合いたいか、そうでないかで物事を考えることが多く、その“真ん中”がなかったりするもの。

もちろん、それまで興味がなかったとしても、何らかのきっかけを元に好きになることはあるものの、好意を持っている相手への態度や言動には、かなり特別な感情がこもりがちだと言えます。

そこで今回は、血液型から「AB型男子が付き合いたい子にしか言わないセリフ」についてご紹介いたします。

1、「最近、どう?」「何か面白いことある?」

AB型男子の彼は、恋すると知的な部分と感情的な部分が交差するような表情を見せるでしょう。

基本的に感情を抑えて、頭の中でシミュレーションを組み立てるタイプです。

そのため、自分のペースで恋愛をしていくまさに“知能派”でしょう。

そのために必要なものとして、相手の近況情報が必要。

そこで「最近、どう?」や「何か面白いことある?」と聞いてくるでしょう。

それを自分のシナリオに盛り込んで、アタックしようという思惑が。

2、「内緒だけど……」「これってヒミツね」

AB型男子の彼は、恋愛面においてはかなり複雑な感性の持ち主。

自立した大人の部分と寂しがり屋の部分が共存しているため、はじめは相手から理解されるのに時間がかかるかもしれません。

でも、基本的にいつもべったりしたいタイプではないので、たとえ女子でも自分の領域に踏み込まれると引いてしまうかも。

そんな彼ですが、好きな相手には「内緒だけど…」「これってヒミツね」と、自分のプライベートを明かしてくれるように。

適度に距離を保ちながらお互いを認め合える関係ならば、長く続くでしょう。

3、イジった後に「さっきはゴメンね」

AB型男子の彼は、見た目はクールなようですが、内面はかなり情熱的なタイプ。

恋愛においてはクールな面と情熱的な面が交互に現れてくる、いわゆる“ツンデレ”だと言えるでしょう。

そのため、みんなと一緒にいる時と二人っきりになった時のギャップがかなり激しいと言えます。

みんなの前ではイジる様な発言をして、二人きりのときに「さっきはゴメンね」と言ってくることも。

ただ、プライドの高い彼なので、真に受けないほうがいいかも。

4、「〇〇さんって、△△な人だよね」

AB型男子の彼は、恋愛においては典型的な一目惚れから恋がスタートするタイプ。

好きになると、理屈を抜きにして一瞬で恋に落ちると言えるでしょう。

雰囲気は少しカタそうな印象ですが内面は“乙女”で、好きだった人をずっと想い続けているような一途な面も持っています。

そのため、相手を想う気持ちが強すぎて、理想化してしまいがち。

「〇〇さんって、△△な人だよね」と言ってきたら、あなたに対して好意や期待を持っていると言えるでしょう。

おわりに

AB型男子は、恋愛において器用な面と不器用な面、両方を持ち合わせていると言えます。

とりあえずどんな相手に対しても、無難に接することができるのが特徴です。

しかし、実は好みがハッキリしていてストライクゾーンはかなり狭いかも。

普段は、友達感覚の異性から誘われたら気軽にのるのに、恋愛モードになると急にシャイになってしまうところが。

仲良くなったとしても、馴れ馴れしい行動は避けたほうが良いかもしれません。(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)