買い物デートのNG

気になる男子や彼とのデートでは、シチュエーション別に気をつけるべきポイントがあります。

今回は、テーマパーク、ショッピング、公園デートのシチュエーションを例に、男子の体験談からそれぞれの注意点を探っていきましょう。

デートを間近に控えている人は注目ですよ!

デートのNG行動

1、【テーマパーク編】沈黙の気まずさを回避しよう

「元カノと付き合ったばかりのときにテーマパークで、並んでる間の会話が浮かばず、気まずい雰囲気に。飲食店も並びたくない俺にとって、テーマパークの行列は難関。話題に困らないような何かを準備してくれる子だったら嬉しい」(23歳/不動産会社)

人気のテーマパークでは行列は当たり前、ということもありますよね。男子の中には「並ぶ間の話題に困るからテーマパークデートを避けたい」という人も。

なるべく沈黙にならないようにするには、女子側から話題を持ち掛けるのがポイント!

「このあとどこでお昼食べる?」「最近おもしろいゲームアプリ見つけたんだ」と切り出せば、会話をはずませながら楽しく待ち時間を過ごせるでしょう。

2、【公園デート編】シーンに合った靴選びを!

「植物公園でデートしたとき、彼女に靴擦れができたので早めに切り上げることに。彼女は“新しいけどフラットな靴だから大丈夫”と思ったみたいだけど、歩くのがわかってる日は履き慣れた靴で来てほしい。新しい靴だと靴擦れは回避できないと思う……。」(24歳/薬剤師)

いっぱい歩く公園デートでは、歩きやすさはもちろん靴擦れのことも考えて靴を選びましょう。

デートだからこそおしゃれしたいという気持ちは素敵ですが、実際に楽しいデートにするためには入念な準備が欠かせません。

新しい靴だけでなく、あまり長距離を歩いたことのない靴も注意が必要です。「今まで靴擦れしたことない靴なのに」とまさかの展開になる可能性もありますよ。

3、【ショッピング編】独りよがりなショッピングに注意

買い物デートのNG

「気になる子とショッピングデートに行ったとき、一緒に買い物してる感がまったくなくて正直楽しくなかった。父親の誕生日プレゼント選びに付き合ったんだけど、俺が提案したものは却下されるし、どっちがいいか聞いてきたのに結局違うのを選ぶし。俺はこの時間が終わるのをひたすら待ってました……。」(24歳/自動車メーカー)

ショッピング中は、男子側に意見を聞いて選ぶときの参考にすることが大切です。

しかし、聞いたはいいけどどれも却下したり、アドバイスを求めても結局自分の好みで選んだり……。そんな場面に出くわすたびに、男子側のテンションは下がっていってしまうでしょう。

ショッピングデートでは、独りよがりにならないように気をつけて。“ふたりで楽しめる時間”を意識して過ごすのを忘れずに!

ちょっとした工夫でデートを楽しく♡

ご紹介したのは、どれも定番と言われるデートのシチュエーションです。

デートの予定があるなら、事前の準備や当日の気遣いを忘れずに!ちょっとした工夫が男子側の印象を変えるきっかけになります。

楽しいデートの思い出を作れるよう、ぜひ参考にしてください。

(愛カツ編集部)