彼にお願いごとをしても「無理かな」とスルーされてしまったこと、ありませんか?

一方で、男性たちが「なんかわがままなんだけど、言うこと聞いちゃうんだよな」という女子もいます。

男性がついついわがままを許してしまう女子たちは、どんなことをするのでしょうか?

欲しいものを見ると目が輝く

欲しいものを見ると目が輝く
「今付き合ってる彼女って、好きなものやほしいものを見ると、顔がパッと明るくなって、目がキラキラするんですよ。

カフェでスイーツのメニューを見ても、気に入った服やアクセサリーを見つけても、目を輝かせてニコニコ顔になってる。

だから「好きなの食べなよ」って言ったり、小さいものだとついつい買ってあげちゃいます。

本人はそういう顔をしている自覚がないところがまたいいんですよ」(26歳・男性)

男性は好きな子の喜ぶ顔が見たくて頑張るもの。ですが、すでにニコニコ顔の女子を見ても『こんなに喜ぶなら全然OK!』と、わがままやおねだりを聞いてしまうこともあるようです。

このケースでは直接わがままを言っているわけではないですが、欲しいものを前にして無邪気にうれしそうな様子が、この彼にはヒットしているよう。

いくら笑顔でも、彼の様子をちらちら見たり、遠回しなおねだりは不評なので要注意です。

「〇〇したい!」要求がはっきり

「どこに行きたいとか何が食べたいとか、はっきり言ってくれる女子っていいですよね。

考えてることが分かりやすいし、何をしたら喜ぶかはっきりわかるから、『そんなことでいいならやってあげたい』って思います。

変な遠慮をしないで「〇〇がいい!」って言われるの、好きな男は結構多いと思いますよ」(32歳・男性)

「私の好きなものを彼が察してくれる」シチュエーションが好きな女子は多いですが、男性は「そんなことで愛情を測られても」と思っている様子。

自分の要求をはっきり口に出せる女子は意外に好評で、何をすればいいかがわかりやすい分「かなえてあげよう」と思う確率も高いよう。

一方、似ているのに不評なのは「〇〇でいい」という言い方。

彼に合わせようとか、負担のないようにしてほしいという気持ちからでも、「本当は嫌なわけ?」「なんかむかつく」と男性をイラつかせます。素直が一番です。

断られても気にしない

「あれやりたい!これ食べたい!って自分のしたいことをガンガン言う子って、一見わがままに見えるんだけど、断っても「ふうん、そっか」で済ませてくれるなら全然気にならないですね。

『なんでダメなの?』『私のこと好きじゃないの?』とか言ってこなければ、わがままでも気にならないし、もしダメなことがあっても『次は喜ばせてあげよう』って思います」(23歳・男性)

女子のわがままの何がイヤって、それができないときに『私のこと好きじゃないんだ』と被害妄想を爆発させること……。こんな風に考えている男性も結構います。

それだけに、してほしいことは言うけど、断られても根に持たず気にしない女子なら「次は頑張るね」と思うよう。「自分の要求が通らないと攻撃的になる」のが嫌われるわがままの特徴。

してほしいことをさらっと伝えるのは、「言いたいことを言い合える雰囲気になれるし、むしろ歓迎」なのだそう。

素直さがポイント

女子から見れば「そんなに自分のことばかり言って平気?」と思うような態度でも、そこに素直さがあれば、男性の目にはむしろかわいく映るよう。

素直さ・無邪気さが「思わず聞いちゃう」わがままのポイントです。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)