「逆プロポーズなんて、絶対できない!」と思っている女性も多いようですが、意外と逆プロポーズで結婚したカップルもいます。

世の女性たちがどんな方法の逆プロポーズで、永遠の愛を手に入れたのか気になるところ。

実際に、男性に聞いた逆プロポーズエピソードをご紹介します。

これなら成功間違いない!女性からの逆プロポーズの方法

冗談交じりの逆プロポーズ

「彼女と普通に食事デートしてて、結婚した友達の話で盛り上がってたんだけど、“私たちも結婚してみる?”って話の流れで言われて、いいねーって言っちゃった」(28歳/福祉士)

他人の結婚エピソードなどで盛り上がっているときは、女性から「結婚しよう」と言いやすいのかもしれません。

自分たちのことを真剣に考えているうちに、結婚に対して迷いが生まれることもあります。

真剣に逆プロポーズするのも、もちろん素敵ですが、冗談交じりな言い方の逆プロポーズもおすすめです。

男性からすると構えることなく、すんなり受け入れられたという意見もありました。

知り合いの前で逆プロポーズ

「お互いの友達をたくさん呼んで、バーベキューしてたときに、逆プロポーズされました。
ビックリしたけど、みんなのまえで愛を誓うって悪くない!」(29歳/弁護士)

「友達みんなで盛り上がってたこともあって、いいよって自然に返事しました。
確かに勢いもあったけど、忘れられない思い出になったし、今では結婚してよかったなって思ってます」(31歳/自動車メーカー)

大勢いるまえでの逆プロポーズは、勇気がいることですが、周囲からの祝福もあって、思い出に残る逆プロポーズなるよう。

大切な人たちのまえで永遠の愛を誓いあうなんて、素敵ですね!

友達たちと盛り上がっている最中であれば、女性自身も勢いで言いやすいというメリットもあります。

慎重に準備することだけでなく、ときには勢いも大切なのかもしれません。

親のまえでの逆プロポーズ

「よく彼女のうちに遊びに行ってたから、お母さんとも仲良くて。
3人でしゃべってたら、彼女が“結婚考えてる?”って聞いてきたから、“考えてるよ”って言ったら、あとはとんとん拍子で進みましたね」(25歳/建築会社)

親のまえでの逆プロポーズは、男性側も強い覚悟を持って返事をしてくれる可能性があります。

さらに、彼女の親のまえで結婚話を持ち掛けられたら、男性は簡単にはノーと言えないのかもしれません。

そんな究極ともいえる場面を作り出した女性は、頭脳派とも言えます。

結婚に対して、迷いや不安を感じている男性には、親の力を借りることもおすすめです。

付き合いが長いのに、なかなか結婚に進展しないカップルも試してみる価値あり!

逆プロポーズで幸せをつかもう!

結婚したいと思える男性に巡りあえたなら、女性から逆プロポーズするのだってあり♡

勇気を出して、男性に思いを伝えてみてください。

逆プロポーズするシチュエーションは様々。

女性自身が言いやすい場面、男性が受け入れやすい場面を上手に作ってみてください。

(愛カツ編集部)