かわいい“だけ”の女性にならないために

若い時期に、一時的に自分の生き様に自信を持てないというのは、ある意味では仕方のないことです。

自信って、経験を積まないと持てないからです。

なので、たかだか20数年生きただけで「わたし、自分の生き様に自信を持ってま~す!」と言える女子は、その存在そのものが奇跡といえば奇跡なのです。

がしかし、かわいいだけというのも、男ウケがよろしくないのですよ(男に限らず、世間的なウケが良くないので)。

かわいいだけの女性にならないためにどうすればいいのかについて、今回は一緒に見ていきたいと思います。

かわいい“だけ”の女性にならないために

“読む”ことをする

かわいいだけの人って、感覚的に暮らしているように見受けられます。

具体的にいえば、なにかを読むということをしていない。

すべてを“絵”で捉えて、「なんとなくイヤな感じ?」「なんとなく楽しい感じ?」みたいな感覚論で生きているんですよね。

それで特段、事故にあわなければそれでもいいと思うんですが、あまりに感覚的に暮らしていたら、いつかどこかで事故に遭遇します。

そういう女子と良からぬ遊びをしたいと思っている男がいるからです。

なので、多少はロジカルにものを考える能力もあったほうがいいです。そのためには、なにかを読むことです。

こういうネットのコラムでもいいし、好きな作家の小説でもいいし、なにかを読むことが、「かわいいだけ」を卒業する、じつは近道だったりするのです。

こういう女子向けのコラムって、女子に努力をしいることを書いてはいけないことになっているんですが、でもホントのことを隠して「今の君のままでOK!あるがままにいこうぜ!」なんて言うほうが不誠実だと思うので、正直に書きました。

あなたは少しは努力して、なにかを読むべきです。

自然(nature)と遊ぶ

本を読むと3秒で寝るという特技をお持ちの方は、自然と遊ぶことによって、自分の生き様に自信を持ってみては?

自然と遊ぶことで、人は五感が研ぎ澄まされてきます。

わかりやすくいえば、野性味を取り戻します。そしたら、必然的に、いろんなことに対する興味関心が湧いてきます。

その湧いてきたものに素直に生きていると、それなりに元気な心で生きられます。

その必然の結果として、「かわいい+α」を手にすることができます。

知らない世界に行ってみよう!

かわいい“だけ”の女性にならないために
自然には虫がいてイヤだ――そういう人は知らない世界に行ってみては?

たとえば、行ったことのない国へ行くとか。国内だって行ったことのない場所だらけでしょう?

知らない世界に行くという“まっさらな経験”を積むことによって、人は謙虚になります。

謙虚になると、その必然の結果として、生きること自体が楽しくなってきます。

そしたら、不思議と、イヤだなあと思っていた人ともすっと会話することができるようになるのです。

気がつけばかわいいだけじゃなく、男前で気の利く、素直な性格の女子に生まれ変わっていて、驚くほどモテるようになるのです。

おわりに

かわいさだけを追求する女子って、心に漠然とした淋しさを抱いている女子です。

なぜ漠然とした淋しさを抱いてしまうのかといえば、好奇心が死んでいるからです。

では好奇心を元気にさせようと思えばどうすればいいのかといえば、身体を動かしていろんな経験をすることです。

迷い、挑戦し、失敗する中で、知らず知らずのうちに自分で育てているものを感覚と呼びます。

その感覚とは、つまり自信のことです。

心の中に自信が育てば、かわいいだけの女子を卒業することができます。

がんばって“いい女”を目指してください。応援しています。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)