手抜き下着のラインは?

デートの時の下着、悩みますよね。

段々彼との関係に慣れてくると、普段つけているブラトップのようなリラックスした下着でデートに行っても「まあ別にいっか。」と女子は考えるでしょう。

とはいっても、彼に「手抜き下着だ」と思われてないのかも気になっているはず。

彼の年齢と彼女の年齢でも、男性の思う彼女の手抜き下着の線引きは変わってくるようなので、年代別にリサーチしてみました!

手抜き下着のラインは?

アラサー同士が思う下着は?

この年代は下着に対して手抜きかどうかというよりも、逆に彼女が気合を入れすぎた下着にドン引きすることが多いようです。

彼が喜びそうな下着というと、派手な下着であったり生地が少なかったりする下着をイメージしてしまうかもしれません。

でも、この年代の男子が求めているものは“清楚そうな下着”であり、男子のイメージするシンプルな“女子っぽい下着”のようです。

つまりは、ベージュなどの肌に近い色でもなく派手な色でもなく、薄いパステルカラー系の上下おそろいの下着がベスト。

彼女は清楚であるという路線を崩さない方が良さそうです。

また、ワイヤーの入った下着よりも、ブラトップなどの柔らかな素材がgood。

女性っぽい柔らかさを感じられそうなものがいいようです。

アラサー彼×年上彼女の下着

年上の彼女に対しては、少し感情の変化がでてきて「大人の色気を感じさせて欲しい」と希望が出てくるようです。

同世代の女子が下着をひた隠しするのに比べて、服の隙間からブラの肩ひもが見えたり、服の下から透ける濃い色の下着というちょっとした色気にドキッとするよう。

ただし、肩紐は見せるためのものと明らかにわかるような豪華なものだと、逆にオバサン臭く見られてしまいます。

あくまでもシンプルなものがベスト。

年上の彼女という立場に加えて、大人のお姉さんのような色気を見せられたら、彼もますます夢中になってしまうかも。

大人の色気を求める年下の彼が居る人は、色気を感じられるような特別感のある下着をつけた方が彼の希望に答えれるのではないでしょうか?

また年上彼女には色気を求めてしまうので、スポーツブラやブラトップなどの素材は“手抜き下着”と思われてしまう傾向にあるようなので気を付けましょう。

アラフォー彼×年下彼女の下着

手抜き下着のラインは?

基本的に年下彼女の場合は、彼女に背伸びして欲しくないと思っていて、むしろ自分のために下着に変に気を使われるのが嫌と思っている人が多いようです。

年上の彼には、等身大の彼女を受け入れる気持ちの余裕があります。

ただしいくら何でもいいといっても、へその上まであるパンツや使い古したパンツは当然テンションが下がるのでNGですよ!

おうちデートでは手抜き下着もアリ

おうちデートではむしろブラトップだけというのもアリで、触ってすぐにやわらかさを感じるブラトップのみで過ごしてもらいたい!というのは年齢を問わず賛成の意見が多数。

リラックスの中で、さらなるリラックスを求められる感じがとても心地のいい時間を生み、二人の距離を近づけていくようです。

女性の年齢が上がるほど、手抜き下着はNGに

女性の年齢が上がるほど男性から“手抜き下着はNG”という意見が多くなりました。

「バストが垂れてもいいのかこっちが心配になる。」「下着に頼ってでもきれいでいたいという意識が大事。」「年上の女性がブラトップだとだらしない印象になる。」などの手厳しい意見が並びました。

反対に年下彼女については、リラックス用の下着かどうかよりも、気を張ったものをつけているほうがかえって気になってしまうようです。

年代問わず、手抜き下着と思われるのは“くたびれた下着”。半年に一度など期間を決めて、買い替えて常に新しめの下着でデートに行くことを心がけた方がいいでしょう。

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)