モテない空回り言動

男性にちやほやされたい!そう考えたこと、ありませんか?

男性にモテるために女子力を磨いたり、“匂わせ発言”をしたりと、日々努力していることもあるかと思います。

しかし、女性が「モテるために」と思ってしている日々の努力が、実は空回りしていたとしたら……。

ここでは、女性と男性の捉え方の違いに注目して、具体的にアドバイスします。

モテない空回り言動

もともと天然ではないのに天然を装う

天然の人は特に狙うことなく、面白いことを言ってしまいます。

これは裏表がないからこそ、隙があってかわいいし、親しみやすいと1男性は思うのです。

ですが、もし無理して天然らしく装っていれば、これは絶対にかわいいとは見られないでしょう。

この時点ですでに裏表があるうえ、装った天然は、一歩間違えれば、ただの頭の悪い人。

まさに絶妙なボケ感だからこそ、天然ボケであり、愛されキャラとなるのです。

偽装天然はかなり難しく、装っているのがばれてしまえば、多くの男性はドン引きしてしまうでしょう。

モテるより引かれる方が優ってしまいますよ……。

ぶりっこな言動

「いやーん」「てへ」など、かわいく装うためにぶりっこな言動をする女性がいます。

ですが、もうぶりっこという言葉も死語に近いように、その言動も男性にはドン引きされてしまうでしょう。

匂わせ程度ならまだしも、このようないかにもな言動は男性にイタく感じられてしまいます。

女性の中には、このようなぶりっこな言動をかわいいと思っている人もいます。

でも、女性的な言葉遣いとぶりっこな言葉遣いはまったく違うものと考えた方がいいですよ。

モデル風に表情を作り込む

モテない空回り言動

自分をかわいく見せるために、写真を撮るときに、顔の前で手を広げたり、目を見開いたり、口を開けたりする人がいます。

しかしこれも、表情を作りすぎると男性は「どれだけナルシストなんだ」と思って呆れてしまうでしょう。

女性の間では普通なことも男性には、違和感があるのです。

多くの男性は、ぶりっ子に対して「かわいい」と感じるよりも、いたたまれない気持ちになります。

結果として、モテるよりも冷ややかに見られてしまうということになりそうです。

まとめ

モテたい女性が空回りするときは、モテたい気持ちが前面に出ている場合です。

いくらモテたくても、あからさまにモテそうな女性を作ってくるのは逆効果。

モテたいオーラが出てしまい、逆に人を寄せ付けません。

一歩引いて見るぐらいの余裕を持っておくといいでしょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)