付き合っていれば、ケンカになるのは仕方のないこと。

ケンカをすることで仲が深まる、なんて言われたりもしますが、対応の仕方次第では、2人の関係に亀裂が入ってしまうことも……。

そこで今回は、男性のタイプ別に、ケンカをした時の対処法をご紹介します。彼の性格や行動をチェックして、参考にしてみてくださいね。

彼のタイプ別!ケンカした時の対処法3選

無視する彼なら…自分から謝るor気長に待つ

「ちょっと言い合いになったら急に口数が減る彼。
何を話しかけても返事が『うん』だったら、しばらくそっとしておき、彼から話しかけてくれるまで待つことにしています。
大体翌日にはいつも通りの彼に戻っています(笑)」(32歳/秘書)

怒ると一緒にいても口数が減ったり、無視したりする彼の心理は「プライドが邪魔して謝れない」「頭を冷やしてから話したい」という2つに分かれるようです。

もし引っ込みが付かなくなっている場合は、あなたの方から仲直りを切り出してあげるといいかも。

そうでなく単にクールダウンしたいと思っているようなら、怒っている理由を問いただしたい気持ちはいったんこらえて、しばらく彼の様子を見ましょう。

彼から連絡がくるまで待つなどして、行動パターンを把握できるといいかもしれませんね。

いつも通りのテンションに戻れば、落ち着いて話もできるでしょう。

距離を置く彼なら…心配しているとすぐに伝える

「ケンカすると、何も言わずに家を出て行っちゃう彼。
勝手だなと思いつつも、放っておいたらもっと拗ねるので、LINEで『心配だから早く帰ってきて』などメッセージを送信するようにしています。
そしたら、既読がついた数時間後には、ひょっこり帰ってきてくれますよ」(28歳/販売)

こういったタイプは怒り任せに家を出たものの、結局は心配してほしくてそのまま姿を消すという心理のようです。

子どもみたい……となんだか呆れてしまいそうですが、そこはあなたが大人になってあげましょう。

なるべく間をあけず「心配している・待っている」ということを電話やLINEで伝えてあげると◎

心配している気持ちが伝われば、彼も冷静になり、あなたの元に戻ってきて謝ってくれるはず。

カッとなる彼なら…一緒に感情的にならず一呼吸置く

「私の彼は、怒ると口調が強くなりがち。最初は私も売り言葉に買い言葉、という感じで同じトーンで言い返していたのですが……。
このままだとずっと平行線だなと思い、ケンカになりそうになったら2人ともいったん深呼吸するようにしました。
ほんのちょっとしたことですが、そこからヒートアップすることはなくなりましたよ」(24歳/美容師)

相手がイライラしていると感じたときこそ、自分はなるべく平静を保ち、穏やかに接することが大切です。そのまま彼と同じ態度で向かい合っても、火に油を注ぐだけ。

どうしてもイライラがおさまらないという時は、深呼吸をしたり一度その場を離れたりと、クールダウンできるような工夫をしてみて。

彼も同じように考えているなら、一緒に心がけてみるのもいいですね。

彼の性格を見極めて対処法をマスターして

時間を置いた方がよかったり、逆にすぐにコンタクトを取った方がよかったり……ケンカをした時のベストな対処法は、彼の性格によってこんなにも違いが出るみたい。

何でも自分から謝る必要はないですが、あなたが大人になることで丸く収まるときもあるでしょう。

どのタイプの彼であっても、最終的には穏やかに話し合って仲直りできるといいですね。

(愛カツ編集部)