モテ女子のLINEテク

好きな人とLINEをしていてもなかなか続かなかったり、しっかりと相手の気持ちをつかんでいるか、不安になってしまったりといったことありませんか?

モテる女性というのはデートだけではなくLINEなどの連絡の仕方もうまいもの。

そこで、男性がグッとくる女性の返信テクをご紹介します。

モテ女子のLINEテク

基本は短文

「長文でLINEがくるのはちょっと面倒ですね。長々読むのも面倒くさいし、長文で返さないといけないのかなって気を遣うんですよね。軽い感じでテンポ良くやり取りできる方が楽でいい」(Gさん・26歳男性)

付き合う前から重い関係を望んでいる男性は少ないもの。

冗談交じりの軽いノリでテンポのいいやり取りが理想的。相手のテンションに合わせるというのもポイントです。

長文には長文を、短文には短文で返すようにするのがおすすめ。

変わったあだ名で呼び合う

「LINEとかで変わったあだ名で呼び合うのはいいですね。2人にしか通じないあだ名はちょっと意識しちゃいます。その子と遊びに行ったときに、そのあだ名で呼ばれたら惚れちゃいます」(Wさん・28歳男性)

LINEである程度やり取りをするような関係になったなら、変わったあだ名をつけてみるといいかもしれません。

「ハーフでもないのに、ジョンって呼ばれていました」といった人や、「寝落ちが多くて『プーさん』って呼ばれてた」といった人も。

感情表現を使う

感情表現

「『わーい』とか『やったー』とかそういう返信が多いのは可愛いなって思いますよね。『今度デート行こうよ』って送ったときに『ウキウキ』とか返されると萌え~ってなります」(Aさん・29歳男性)

感情表現を使うと可愛さアップを狙うテクです。

「今週末デートしようよ」と誘われて「何時にどこ?」と返信していたのでは、事務的なLINEになってしまいます。

そこで、「わーい」や「やったー。デートだー」といったようなLINEを送るのがおすすめ。スタンプも活用しましょう。

レスポンスの早さは大事

「返信が早い女性とLINEすると長くやり取りが続きますね。寝る前、布団に入ってるときにやり取りが続くのはいいですよね。逆に全然連絡が返ってこないとLINE自体を諦めます」(Nさん・27歳)

LINEにおいて、レスポンスの早さというのは大事な要素。

忙しいときなどは仕方ありませんが、即レスしてくる人に対して不満を持つことは少ないでしょう。

「レスポンスが早いと脈アリなのかなって考えちゃう」という男性もいました。

モテるLINEを意識するよりも適当なくらいが◎

モテるLINEのやりとりを意識して肩に力が入ってしまうと逆に滑ってしまいます。

なので、男性のテンションに合わせつつ、適当に返信するくらいがちょうどいい様子。

冗談を言い合えるようになるとLINEが楽しくなってくるはずです。

そうなれば、恋愛への発展も近いかもしれません。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)