恋愛をすると彼に甘えたくなるという女性は多いのではないでしょうか。

甘えたり、甘えられたりすることでカップルならではのコミュニケーションを取ることができます。

しかし、やり過ぎはNG。誰にでも限度というものがあります。そこで実際に、男性が引いた彼女からの甘え方を聞いてみました。

それはキツい…男子が彼女からされて正直引いた甘え方

「アレ買って!」とおねだり系

「『あれ買って!』とかのおねだりは正直げんなりしますね。お財布と思われてるのかなって悲しくなります」(Eさん・27歳男性)

あまり高価なものを「買って!」とおねだりすると男性が引いてしまうようです。

しかし、「『指輪が欲しい』って言われて値段を見たら100円だったんです。『可愛いな』って思いました」といったように、安いもので満足してくれると逆に好感度アップのようです。

「終電無くなったから迎えにきて」と指示系

「『終電無くなったから迎えにきて!』っていうのはきついですね。
夜道は危ないから迎えには行きますけど、『終電で帰ろうよ』とは内心思います」(Oさん・27歳男性)

家が近くて最寄り駅が同じという場合でも、次の日が仕事だと迎えに行くのはしんどいもの。

終電がなくなった場合、彼女を家に届けて自宅に帰ると1時をまわっているということもしばしば。

タクシーを利用した方が無難かも。

人前で「チューして」とアピール系

「人前でイチャイチャするのはきついですね。あまり気にしない人っているじゃないですか。
元カノと付き合っていたときに『チューして』って言われたのは正直引きました」(Eさん・29歳男性)

人前でイチャイチャすることに抵抗のある男性もいます。

2人きりの時ならいいですが、人目がある場所では避けた方が無難かも。

もしイチャイチャしたくなった場合は彼の耳元で「帰ったらチューして」と囁くくらいが丁度いいでしょう。

忙しい時に「構ってよ!」と空気読めない系

「仕事が忙しいときに『構ってよ!』って言われるのはキツいですね。
今は勘弁してって思います。自分のことしか考えてないのかな」(Wさん・28歳男性)

残業続きでヘトヘトに疲れているという場合、彼女からのLINEに返信するのも億劫なんてこともあります。

忙しそうな時間帯や曜日は避け、寝る前などに「落ち着いたらデートいこう」という感じでLINEをする程度に留めておくとよさそうです。

彼の様子に応じた臨機応変な甘え方が◎

彼女から甘えられるというのも男性にとっては嬉しいものですが、余裕がないときはそれが負担になってしまうこともあります。

いつもと変わらない甘え方でも相手の状況次第では「キツい」ということに。

彼の様子を見ながら臨機応変に甘えてみるといいかもしれません。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)