うんざりしている彼女の言動

デートをしているとき、男性の反応がイマイチぱっとしないといったことってありませんか?

実はそれ、女性の言動にうんざりしてしまっているからかもしれません。

自覚がないのだとしたら、次のデートでも同じことを繰り返してしまうかも。

最悪、別れに繋がるということもあります。

そこで、男性が女性のどんな言動にうんざりするのかご紹介します。

うんざりしている彼女の言動

心配性

「あまりに心配性な場合、ちょっと面倒くさいなって思っちゃいますね。

例えば、『スマホ持った?』とか。気を遣ってくれるのはありがたいけど、それが何度もあるとうんざりしますね」(Eさん・28歳男性)

気を遣ってくれるのは男性もありがたいもの。しかし、時には「お母さんかよ」と思ってしまうことも。

悪気があってやっていないだけに注意の仕方も難しく、男性としてはうんざりしてしまうようです。

優柔不断

「優柔不断過ぎるのはちょっと面倒くさいなって思いますね。

レストランで注文を迷うっていうのは分からないでもないですけど、コンビニ行って飲み物を買うだけなのに、決められずに待たされるのはうんざりします」(Sさん・27歳男性)

優柔不断で迷ってしまうという場合、彼を待たせているということも忘れてはいけません。

どうしても決められないという場合、迷ったら彼と一緒のものを注文する。

こんなマイルールを決めておくといいかもしれません。

怒っているのに「怒ってない」

うんざりしている彼女の言動

「デートでちょっとしたことに彼女が怒ることってあるじゃないですか。機嫌が悪くなったことはすぐに分かるんですけど、原因が分からないとき『ごめん、怒ってる?』って聞くんです。

でも、『怒ってない』って答えられるとどうしようもないです」(Rさん・29歳男性)

女性としては「髪切ったことに気づけよ!」という些細なことかもしれません。しかし、変化に疎い男性には原因が分からないことも。

「ごめん」と謝っても機嫌がなおらないということが何度も続くと、うんざりして「もういいや」と思ってしまうのだとか。

気づいて欲しいという気持ちは分かりますが、怒っている原因を伝えた方が無難かも。

デートプランは「任せる」

「デート中、『次どこ行く?』って聞いて『任せる』とか『どこでもいい』って毎回言われるとうんざりします。

で、『じゃあ、あそこ行こうか』っていうと『え~』ってなるんですよ」(Yさん・30歳男性)

これは男女関係なくうんざりしてしまうことでしょう。「何したい?」や「どこ行きたい?」という質問に「どこでもいい」はNG。

誘ってきたのは男性でも、一応の配慮として女性の意見は聞きたいもの。

そこで、例えばデートプランを提案してくれる、サイトやアプリを使ってみるといいかもしれません。

小さなことだから「許してくれるだろう」は危険かも

基本的にやり過ぎはNG。デート中に何度もしてしまう癖があるとそのことで男性をうんざりさせてしまいます。

小さなことだから「許してくれるだろう」と思っても、毎回のデートでとなると精神的に疲れてしまうこともあります。気をつけてみてください。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)