デートはたしかに勝負の日ですが、戦いはデートの前から始まっています!

せっかくデートの予定があるのであれば、デート前のLINEで好感度をアップさせていきましょう。

誰でも簡単に送れる、デート前のLINE例文。

必見です!!

楽しみにしていることを具体的に

【例】
・「水族館でしょ? イルカショー絶対見たいー!」
・「あそこのパスタおいしいみたいだし、一緒に食べたいな~」

デートが楽しみであることを伝える基本テク。

これに加え、より具体的に伝えられるよう意識してみましょう。

そうすればお世辞でなく、本当に楽しみにしていることが伝わり、LINEを見た彼氏も、デート当日を具体的に思い浮かべることができます。

以前行ったことがある、もしくは似たようなところに最近行ったなら、それとくらべて今回は~、という話もよさそうです。

プチ妄想入りの「楽しみ~!」

【例】
・「あそこの道を、手を繋いでゆっくりお散歩したいな~…」
・「少し登ったところなら、あんまり人いないし、ふたりきりになれるかな? なんかドキドキしてきちゃったー!」

デート中の妄想をして、LINEで送ってみるのはいかがでしょう?

デートを特別なものとして楽しみにしていることが伝わります。

ただし、まだ彼氏でないのであれば、控えめくらいが◎。

恋人同士になってからするようなことを言われると、相手はプレッシャーを感じてしまいます。

相手に合わせて、相手が「いいね~」と同意できるような内容をチョイスしてみてください。

明日のわたし予告編

【例】
・「明日は新しく買ったワンピースを着ていくね!」
・「久々のデートだから、ぜったいテンションMAXだ! 笑」

明日の自分がどんな感じなのかを予告するLINEを送れば、彼もアレコレ想像してしまうこと間違いなし。

着ていく服、髪型、バックや靴でもOK。

外見に関する予告なら、明日のデートでどんな姿なのかを想像できますし、待ち合わせ場所に行くときの期待も高まります。

どんな気分でデートに行くつもりなのかという、内面の予告でもOK。

楽しい雰囲気になるのか、大人っぽく落ち着いたデートになるのか、いろいろ妄想させてあげましょう。

楽しみな理由を少しシリアスに

【例】
・「最近仕事でいろいろあったから、デートで癒されたい」
・「実は夜になると寂しいって思ってたから、会えるのがすごく嬉しい」

こちらは、少し大人っぽく色っぽく、ロマンチックな雰囲気を漂わせるLINEです。

こんな内容をデート前に送っておけば、デート前から相手をドキドキさせることができるはず。

ただし、相手が彼氏なのか、恋人未満なのかで言葉を選ぶのがポイント。

彼氏でないのであれば、あまり重くならないようにしましょう。

どちらにしても「自分は彼女に必要とされている」と彼に感じさせることができれば、好感度をグッとアップできます。

おわりに

上手にデート前にLINEを送れば、デート本番の期待を高めることができます。

自分のしたいデートの雰囲気へ、導くこともできるでしょう。

とはいえ、好まれるLINEは彼との関係性や彼のタイプにもよるもの。

あなたも、デート前から、自分のことをたくさん考えてもらえるよう、彼の心に刺さるようなLINEを研究してみませんか?

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)