付き合いが深くなると、彼も彼女に対して「これをしてほしい」と思うことも多くなるもの。

でも、現実にはなかなか言いづらい……。

ここでは、そんな男性が密かに抱く女性のお願いをアドバイスします。男心を知ってこっそりやってあげるときっと彼は喜びますよ。

彼氏が口にしない、「彼女ならやってほしい」こと3つ

モーニングコール

朝が弱い人は、好きなアイドルの声の入った目覚まし時計を使ったり、強烈な音の鳴る目覚まし時計を用意したり、あの手この手で朝遅刻しないように頑張っているものです。

そんな朝が大変な人にとって、モーニングコールしてくれる相手は貴重です。それが彼女ならなおさら。

朝が弱い人は大抵、寝起きは機嫌が悪いもの。ですが、彼女が優しく起こしてくれたら、きっとすっきりと目覚められるはずですよ。

また、彼女の声を聞けば、朝から元気が出るはず。朝から好きな人に起こしてもらうのは、自分のパーソナルスペースに好きな人が入ってきているようで、なんだかドキドキしてしまいます。

彼女の夢を見ていたら、そのまま実際の声になって起こしてもらった、なんて、まるで新婚気分のように感じるでしょう。

今日も一日頑張ろう!という気持ちになるはずですよ。

膝枕してほしい

女性が男性に腕枕してもらいたいというように、男性は膝枕をしてほしいと思っています。公園などでちょっと横になっているときに膝枕されたらドキドキしてしまうでしょう。

見上げるとおたがいの顔が目の前にあるなんて……!なんだかそれだけで照れてしまいますよね。

彼が横になったら、すかさず「膝枕してあげる」といってみましょう。

男性はなかなかこんな事恥ずかしくて言えませんが、彼女から気づいてくれたら大喜びしてくれるはずですよ。

彼の良いところを他人に伝える

彼氏たるもの、自分の彼女には、「わたしの彼は世界一」とはいかなくても、周りにある程度は良い人として紹介してほしいと思っているもの。

よくドラマでも、女性は影の参謀役として男性を立てて、内助の功として活躍するものがありますが、賢い女性は自分の好きな男性を出世させるものです。

「〇〇君ってこんな資格もあるし、こんなこともできる」、「彼はとてもすごい人で、この前も〇〇の賞をもらったんです」など、自分でいうのにははばかれるようなことも、他人の彼女ならいくらでも言えてしまいますよね。

もしも、同じことを彼が自分で言ったとしても「だからなに?」くらいのことでも、あなたを通すことで「すごいね!」と受け取ってもらえる機会も増えるのです。

それくらい、第三者の意見は大きなもの。

彼のいるところで彼のことを褒めれば、「そんなふうに思ってくれていたんだ」と彼は喜ぶでしょうし、また、彼がいないところでもそんな話をすれば、めぐりめぐって彼の耳に入るはず。

やっぱり同じように喜んでくれるはずです。

まとめ

彼の中でも口に出して言えないけれど、彼女にやってもらいたいことがいくつもあります。

そんな思いを先回りしてやってくれたら、「僕の彼女、わかってくれてるなあ」と感じてくること間違いなしですよ。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)