離れていても私を思い出してほしい……。とはいえ、彼の家に私物をおいてくるようなわざとらしいマーキングはNG。

厚かましいイメージとセットで思い出されるようになってしまいます。

会わない間も、「あのコ今頃なにしてるのかな?」そんな気持ちにさせるような、惚れさせ上手のマーキングはこちら!

香り

「夏は湿気があるせいか、人の香水の匂いがよくわかりますよね。
そんな時、彼女や好きな子の香水の香りがすると、ちょっとキュンとします」(24歳・男性)

香水やシャンプー、柔軟剤は、香った瞬間に「いい香り」と思わせるだけものではありません。

お気に入りのものを使い続けることで、あなたのイメージが無意識にすりこまれます。

関係の浅い彼が相手なら、メジャーな香りを選ぶことで、街で同じ香りの誰かとすれ違ったときにあなたのことを思い出させるきっかけに。

また、あまり会えない彼に自分を印象づけたいなら、人とかぶらない香りを。

一目惚れしたイケメン店員が、2度目にお店に行った時に「この香り……前も来ましたよね?」と思い出してくれたなんてケースも。

自分のイメージに合うものを探してみては?

ドリンクチケット

「デートでご飯を奢ってあげたら、お礼のメッセージと一緒にコーヒーチェーンのドリンクチケットが、LINEで送られてきました。
『今日はごちそうさまでした。いつも外回りで大変だろうから、これを使ってリラックスしてね』って。
そのコーヒーチェーンの前を通るたびに、その子のことを思い出してほっこりするし、実際に使った時も嬉しい気持ちになりました」(28歳・男性)

スタバなどのクーポンをLINEで送ることができます。

金券を手渡すような生々しさがないうえ、メッセージが添えられるので、お金の匂いが弱めで男性にも受け入れられやすいようです。

誰でもしていることではないのも、新鮮だと感じられるポイントのよう。

チケットを使う楽しみが、そのまま送り主の女子へのポジティブな印象につながります。

何度も見かけるチェーン店のものであれば、お店の前を通るたびに、彼はあなたを思い出すはずです。

彼に何かお礼するチャンスがあれば、可愛いメッセージとともに送ってみては?

アクセサリー

「彼女がターコイズのピアスをしていることが多くて、綺麗なブルーを見ると彼女を思い出します。
髪の隙間からチラチラ見えるんだけど、結構印象に残るよね」(32歳・男性)

アクセサリーや時計なども、上手く印象に残せばふとしたときにあなたを思い出させるモチーフになります。

「変わった時計が通勤時によく会う男性の印象に残り、ある日声をかけられた」ケースもあります。

チャームポイントを引き立たせたり、好きなものをいつも身に付けることで、自分の気分が上がる効果がありますが、

それを見るたびあなたを思いだす人も増えていくでしょう。

押し付けなくてもマーキングはできる

押し付けがましい置きみやげ系マーキングは、「うっとうしい」と付き合う前から幻滅されがち。

でも、男性が敏感に反応する、嗅覚や視覚に少しづつイメージをしみ込ませていくようなイメージ戦略は、賢いマーキングと言えるでしょう。(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)